【書評】使える行動分析学(島宗 理)

「習慣化」に興味がある人なら、ぜひとも手にとっていただきたい。

使える行動分析学: じぶん実験のすすめ (ちくま新書)
使える行動分析学: じぶん実験のすすめ (ちくま新書) 島宗 理

筑摩書房 2014-04-07
売り上げランキング : 1170

Amazonで詳しく見る by G-Tools

行動分析学の知見を用いて、自分の行動を変えるための方法が提示されている。

それだけではない。

本書を読み進めれば、「自分とは何か?」「自分は自分のことをどれだけ知っているか?」を考えざるを得ないだろう。

「じぶん実験」とライフハック

著者は法政大学文学部心理学科の教授さんで、専門は行動分析学。ライフハック界隈では、『パフォーマンス・マネジメント』がよく知られているかもしれないし、 『人は、なぜ約束の時間に遅れるのか』という新書をご存じの方もいるだろう。
※ちなみに、どちらも面白い本である。

本書は「使える行動分析学」と銘打っている通り、行動分析学の話ではあるが、細かい理論には立ち入っていない。使える、つまり実用性に重きが置かれている。副題にある「じぶん実験」がメインテーマだ。そして、それが面白い。

おそらくライフハックの最先端を走っている人は、微妙に形は違えど、皆この「じぶん実験」を行っているだろう。実際、私は思うのだ。個々の__そして具体的な__ライフハック・テクニックよりも、この「じぶん実験」の考え方を手に入れることの方が大切なのではないか、と。

「じぶん実験」は、たいていのライフハックがそうであるように、大仰なものではない。グラフを作成するための紙とペン(と物差し)に、何かしらの「記録」をとれるツールがあればいい。スマートフォンは多いに助けになってくれるだろう。

「じぶん」について考える

「じぶん実験」の具体的な手順は本書で詳しく解説されているので、大ざっぱに紹介すると、

  • 変化を与えたい行動を定める
  • まずは、普段通りの生活での対象行動を記録する
  • その後、「介入」を加えて、対象行動を記録する
  • 行動が変化すればOK。変化しなければ「介入」を変えてみる

という感じになる。
※本当に大ざっぱなので、ぜひ本書をあたってもらいたい。

実に簡単そうだ。でも、実際はそうではない。随所で頭を使わなければならない。機械的に記録を取っていればそれでOKというわけにはいかないのだ。

  • 自分はどういう行動を取っているのか。
  • その行動を助長しているものは何か。
  • 取りたい行動(でも取れていない行動)を妨げているものは何か。
  • 自分はどういう要素によって行動が強化されるのか。
  • あるいは、どういう要素によって行動が弱化されるのか。

そういうことを根気よく考えていかなければいけない。しかも、そこで考えたことはいわゆる「仮説」でしかない。本当かどうかはわからないのだ。それを、「じぶん実験」で確かめていくことになる。

見方が変わる

こうした過程は、もしかしたら面倒に感じられるかもしれない。しかし、得られるものは多く、ときにクリティカルだ。

決定的なのは、自分が頭の中に描いている「自分はこういう人間だ」という考えが、所詮「仮説」の一つに過ぎないという思想的転換である。

物理学者のファインマンは以下のように述べた。

一番のルールは自分自身を欺かないことだ。
そして、一番欺きやすい人間はあなたである。

私なら、こう言ってみる。

人生とは、「自分」という思い込みを修正していく過程のことである。

世の中で、「自分」のことを一番よく知っているのは自分である。でも、それはどんぐりの背比べでしかない。他の人が2%ぐらいしか知らないのに対し、自分は5%ぐらい知っているだけだ。結局、ほとんど何も知らないのに等しい。

そんな「思い込み」に過ぎないもので、私たちは人生のいろいろなものを判断していく。危なっかしいこと極まりない。

何かにチャレンジして失敗したとき、「あぁ、やっぱり俺はダメな奴だ」と考えたり、あるいはそもそも「ダメな奴だから」とチャレンジそのものを諦めてしまったり。でも、基本的にそれは思い込みである。変数が変われば、アウトプットは変わりうる。

プログラマがコードを書き、テストを重ねて、適切なアウトプットに近づけていくように、自分自身の行動も変えていけるのだ。プログラマが「心機一転頑張ります」と宣言したところでコードが変わっていなければ、出力も変わらない。当たり前のことだ。でも、人は自分自身に関して、それと同じようなことをして「やっぱり自分はダメな奴だ」なんて思ってしまう。実に不思議だ。

さいごに

「じぶん実験」を進めていけば、自分の行動を変えることができるだろう。

そして、ほとんど必ずそこには自己理解がついてくる。自分がどういうものかだけではなく、「自分」がソリッドではないことも知ることができる。

「自分」という思い込みがやっかいなのは、すぐさま自分に対する人格攻撃が始まってしまうことだ。そして、それは他人にも波及する。

「あの人は、この環境下ならAという行動を取る」
「あいつはAな人間だ」

この二つがまったく違うのは説明するまでもないだろう。そして、どちらが他者に対する人格攻撃を引き起こしやすいのかも明白だ。

もちろん、これもメタ的に見れば、「あの人は、この環境下なら『あいつはAな人間だ』と思い込んでしまう」、という風に捉えられるわけだが。

ともあれ、「じぶん実験」というアプローチは、実用的な面から考えても__思想的な面を抜きにしても__有用だ。

少なくとも、「意志の弱さ」や「性格」を理由にしている限りは何も変えられないことは確かである。

▼こんな一冊も:

パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学
パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学 島宗 理

米田出版 2000-03
売り上げランキング : 7976

Amazonで詳しく見る by G-Tools

人は、なぜ約束の時間に遅れるのか 素朴な疑問から考える「行動の原因」 (光文社新書)
人は、なぜ約束の時間に遅れるのか 素朴な疑問から考える「行動の原因」 (光文社新書) 島宗 理

光文社 2010-08-17
売り上げランキング : 21487

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Send to Kindle

【アンケート】R-style10周年「印象に残っている記事は?」

以前、10周年の記事(※)を書いたとき、ちょっとしたアイデアを思いつきました。
R-style10周年

「R-style 厳選記事10選」

というのをやったら面白いではないか、と。

どの記事も気合いを入れて書いているわけですが、出来不出来もありますし、もちろん自分の好みもあります。じゃあ、10年間の記事でトップ10のランキングを作ったらどうなるだろう、と。

でもまあ、数が多いわけですよ、これが。

単純にはてブ数とかPV数でランキング作るのは簡単ですが、自分の好みで選ぶとなると少々時間がかかります。それに、ちょっと思ったのです。

読者さんはどうなのだろうか、と。

というわけで、本記事を__ひいては当ブログを__お読み頂いている方に質問です。

R-styleの記事で印象に残っている記事は何かありますか?

「印象に残っている」をどのように解釈していただいても構いません。爆笑でも感動でも激痛でも気づきでも、なんでも結構です。

なんであれ印象に残っている記事があるなら、それを教えていただけないでしょうか。

記事のURLかタイトルを教えていただけるのが一番ありがたいのですが、漠然とした内容でも大丈夫です(たぶん私なら思いだせます)。

必要なら、以下からサイト内検索してみてください。







※Googleのsitesearchです。

ご回答は、一個でも複数個でもヘッチャラです。

以下のフォームに入力していただくか、

R-style10周年アンケート

当記事のコメント欄、@rashita2へのリプライでも構いません。私が読めれば、何でもOKです。

ご協力頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

※有意な数のご回答が集まれば、また別記事にてまとめてみます。

Send to Kindle

こざね法にギリギリまで近づける「Taskboard」

以前、こざねとアウトライナーについて書きました。

「こざね法」に適したアウトライナーの提唱(R-style)

そうしたら、以下のようなエントリーをいただきました。

「Taskboard」でこざね法的な(iPhoneと本と数学となんやかんやと)

「横にも並べられるアウトライナー」についてかかれている部分を読んでいるときに、「Taskboard」そのものじゃないか?と思ったんです。すでに一度Taskboardは使ったことがあったので。

そこで実際に試してみることにしました。「Taskboard」を、文章作成のための、横並びアウトライナーとして。

ほほぅ。こういうやりとりがあるのもブログの面白いところですね。

さっそく「Taskboard」を試してみようじゃありませんか。

Taskboard – リストとタスク (Simple Lists and Visual Workflow)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

Let’s Try!

IMG_0651

こちらがベーシックな画面。何も貼り付けていない状態です。画面右上の「+」マークを押すと、台紙が作成できます。

IMG_0652

台紙のタイトルを入力します。

IMG_0653

台紙ができました。台紙の右上にも「+」があって、これを押すと台紙に貼り付ける付箋的なものが作成できます。ぽちっと。

IMG_0654

適当に入力します。付箋に書くような感じですね。

IMG_0655

画面の「Done」ではなく、キーボードの「完了」を押すと、複数入力できます。いくつか入力して「Done」。

IMG_0656

台紙の上にいくつかの付箋というかカードというかが貼り付けられました。いかにもこざねっぽい雰囲気です。

IMG_0657

当然、複数の台紙を並べることができます。

IMG_0658

もちろん、台紙を台紙ごと移動させることも可能。

IMG_0659

さらにさらに、付箋というかカードというかを台紙から台紙に移動させることも可能。

完璧です。

アプリ本体は無料で、追加機能にお金を払うスタイルのようですね。付箋というかカードの色を変えたり、全体のバックアップを残したい場合は、数百円支払えばOKです。

さいごに

ぎりぎりまで「こざね法」に近接できているアプリと言えるでしょう。実際の「こざね」は横にも縦にも斜めにも並べられるので、自由度は遙か上ですが、このアプリでもここまでできれば十分というラインは満たしています。

本当に残念なのは、これがタスク管理アプリとして作られているということです。発想系アプリの開発者さんって少ないのでしょうか。こういう系統のアプリは、絶対有用なんですが……。

まあ、タスクの情報をオーガナイズするのと、アイデアをオーガナイズすることには何かしらの共通点があるので、機能的に問題は少ないわけですが。

個人的には、章立て作りに使えそうな気がするアプリです。あと、大きめのディスプレイでこれと同じことをやってみたいですね。

▼こんな一冊も:

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術) 倉下 忠憲

技術評論社 2012-06-30
売り上げランキング : 110729

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Send to Kindle

『梅棹忠夫と21世紀の「知的生産の技術」シンポジウム』に参加します

5月6日にイベントに参加します。

大阪です。

梅棹忠夫と21世紀の「知的生産の技術」シンポジウム(Facebook)

screenshot

JR大阪駅すぐそばにあるグランフロント大阪にて行われます。チケット入手は以下から。ちなみに参加は無料です。

梅棹忠夫と21世紀の「知的生産の技術」シンポジウム(Peatix)

このイベントの「Session.4 ライフハック‐IT時代の知的生産の技術」にパネラーとして登壇させていただくんですが、「ここは、いったいどこだ…」と思わずつぶやいてしまう突然異世界に引きずり込まれたライトノベルの主人公みたいな気分がしますね。僕だけすごく場違い感があるんですが、大丈夫でしょうか。

と、細かいことを気にしてもしかたがないので、堀正岳さんとまつもとあつしさんのお話を「ふんふん」と聞く係に専心しようと思います。

えっと、冗談ですよ、冗談。

僕はアカデミックな話はできないので、自分の「現場」の話をしたいと思います。やっぱり「現場」って大切です。

とりあえず、僕の話は置いておくとして、イベント全体はとても面白そうな雰囲気に満ち溢れています。以下は、イベント趣旨より。

梅棹忠夫の『知的生産の技術』が刊行されたのは1969年。その先見性を検証しながら、グローバル・ネットワーク時代の「知的生産の技術」を考えます。暦本純一氏や堀正岳氏といった、個人やチームで活躍しているIT時代の知的生産者の声をきき、彼らから見た梅棹忠夫の現代的価値を確認します。

会場ではマイクロ・ウメサオタダオ展を開催します。2011年に国立民族学博物館で開催されたウメサオタダオ展のエッセンスを感じていただけます。

ご興味ある方はぜひ。

Send to Kindle

4/14 〜 4/19 今週のまとめ

今週のまとめエントリーです。

  1. 『熟慮』するということ
  2. Evernote×「知的生産」の記事11選
  3. 書かないと上手くならないけど、
  4. >100円>
  5. のっぴきならない
  6. ニッチなものが息できる場所

ようやく一段落、という感じ。来週からボチボチ平常営業に戻りそうです。

今日の一言

今日の一言はこちらでつぶやいております。

4月14日

ある程度は余裕が必要です。生物的にも。

4月16日

ごっつシンプルですが、まあ、これしかないですね。

4月17日

最終的にどうしたって、それは叶わない願いです。極限までいっても、接することはできません。でも、ギリギリまでは近づけるかもしれません。

4月19日

断言したいところですが、それはできません。まあ、そういうこともあるかな、ぐらいで一つ。

明日のメルマガ告知

毎週月曜日に配信しているメルマガ。来週号の目次はこんな感じです。

○BlogArts vol.24 書評記事の書き方 (4)
○「アリスの物語」リライティングの現場(3)
○僕らの生存戦略 vol.42 「与える戦略」
○今週の一冊 『「うつ」とよりそう仕事術』(酒井一太)
○知的生産エッセイ 「読本術」

→メルマガの過去分エッセイは「Facebookページ」にて読めます。

頂いた感想など:

Weekly R-style Magazineは、毎週月曜日の朝7時に配信されているメルマガです。

Weeky R-style Magazine
Weekly R-style Magazine ~プロトタイプ・シンキング~(まぐまぐ)

ブログに書けないテーマ、長期的な連載、日々考えていることなどをお送りしています。

Send to Kindle

ニッチなものが息できる場所

以前紹介した(※)館神龍彦さんの『ポメラ×クラウド活用術』が、売れているとのこと。喜ばしい限りです。
【レビュー】ポメラ×クラウド活用術(館神龍彦)

もちろん、目を見張るような販売数ではないでしょうが、著者には何かしらの「実感」があるかと思います。まずはそれが大切ですね。

隙間から生まれるもの

「ポメラ×クラウド」なんてテーマは、あきらかにニッチです。

ポメラのユーザー数が上限で、そこにクラウドに興味を持っている人の割合が掛かります。紙の本で企画案を通すのは難しいでしょう。でも、電子書籍__特に経費があまりかからないセルフ・パブリッシングであれば、ペイラインに乗せることは可能です。

『KDPではじめるセルフ・パブリッシング』でも触れたことですが、KDPやその他のサービスによって、低コストでの「出版」が実現されたことにより、これまで「出版」にのせられなかったコンテンツが人の目に触れる可能性が生まれています。ニッチなものが、表舞台に出てこられるようになってきているのです。

もちろんあらゆることには裏表があるので、良いことばかりではありません。玉石混淆感を加速させる事態も起こるでしょう(というか起こっている)。しかし、生まれ得なかったものが生まれた、という点はぜひとも尊重しなければなりません。

ニッチでもいいよね

人間というのは、生物学的に共通している部分もあれば、内側に抱えている個別な部分もあります。マスなメディアは、共通の部分に注目し、個別な部分を切り落とそうとします。でないと、マスにならないですからね。ニッチなコンテンツが生まれえる場というのは、「ニッチでもいいよね」というメッセージを私たちに発信しています__というのは、少々大げさかもしれませんが。

もともと日本って、多様性・細分化の文化な気がします。一億層中流なんて、本当に最近生まれた単なる幻想です。それは、もはや「ブログ」なんて一つの言葉では括りきれない日本のブログ文化を眺めていても感じるところです。

そういえばブログだって、ニッチなものが生息できる場所です。

株主からの外圧がないので、一日のPVが5のブログを運営していたって、誰に怒られるわけでもありません。それで、いいのです。もちろん、それでご飯を食べることは不可能でしょう。でも、それが唯一の目的でしょうか。人それぞれに、個人的な目的を有しているものです。多様性を排除した先に、豊かな世界は待っていません。

さいごに

マスが作り出す文化様式は、人々を鋳型にはめてしまう。というのは、さすがに大仰すぎる気もしますが、ある種の息苦しさを発生させてしまうことはあるように思います。多くのメッセージが「こうしなさい」「みんなこうしてしますよ」だったら、やっぱりしんどいですよね。でも、そうしたメッセージが生み出せる何かもあります。話は単純ではありません。

マスかニッチか、というような対立軸で考えるのではなく、「じゃあ、自分にできることって何だろう」「自分がしたいことって何だろう」「自分が求めていることって何だろう」という視点から、適切な機能とツールとその運用法を考えていくのがよろしいのでしょう。

とりあえず、少しずつではありますが、ニッチなものが息をしやすい雰囲気は生まれつつあるように感じます。感じるだけかもしれませんが。

▼こんな一冊も:

ポメラ×クラウド活用術: ポメラをクラウドエディターにする方法
ポメラ×クラウド活用術: ポメラをクラウドエディターにする方法 舘神龍彦

舘神龍彦 2014-03-24
売り上げランキング : 561

Amazonで詳しく見る by G-Tools

KDPではじめる セルフパブリッシング
KDPではじめる セルフパブリッシング 倉下 忠憲

シーアンドアール研究所 2013-12-21
売り上げランキング : 143874

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Send to Kindle

のっぴきならない

人生は何のために存在するのか。

その問いに答えることは簡単ではありません。

しかし、2014年4月18日は、私にとって本を読むために存在しています。

20140418111119

というわけで本日は閉店ガラガラ。

みなさま、よい一日を。

やむにやまれぬ

Send to Kindle

>100円>

以前「note」というサービスを紹介しました。
「note」を触ってみた雑感など

あれを使っていると、とても奇妙な気分になってきます。値段に関する感覚が揺れてくるのです。

たとえば100円あれば、小さいアプリが買えます。200円あれば、iTunesで音楽を買うこともできます。単発の情報を買う、という意味では100円のnoteは、際だって高いということはないでしょう。でも、何かのテキストに100円払うのが勿体ないような気がしてくるのです。

不思議とイラストや写真のセットなら、その感覚__つまり勿体ないような気持ち__は少し薄れます。不思議なものです。

だいたいテキストを売って生活している物書きが、テキスト買うのにもったいなさを感じるなんて妙なねじれを感じます。あるいは、逆なのかもしれません。その辺りはわかりませんが。

情報ではなく物に視線を向ければ、100円で買える物はたかがしれています。最近は消費税が上がったので、それに拍車がかかりました。駄菓子や、怪しいブランドの缶ジュースぐらいでしょうか。

で、たとえば、私とあなたが一緒に作業していて、「ちょっと、自動販売機行ってくるよ」「おっ、じゃあ、俺のコーヒーお願い」「了解」ってなったときに、コーヒー代を執拗に請求するかというと、まあしないわけです。その時は、100円ぐらいいいじゃないか、という気分になります。

方や100円が勿体なく感じられ、方や別にどうでもいいかと思う。そういう感覚が、一人の人間の中に共存しているのです。

テキストで比較すれば、cakesは一週間150円です。でnoteは単発のノートの最低価格が100円。こうして比較してしまうと、noteってすごく高く感じられます。まあ、経済学的にみれば、cakesはたくさんの人間が買い支えるから値段を抑えられるし、noteは少人数にしか届かないから値段が上がらざるを得ない、なんて考え方ができるでしょう。

でもまあ、そういう話はまるっと横に置いといて、「100円ってなんだろうな」ってことを一度考えてみるのは面白いかもしれません。それは二、三歩引いてみれば「お金を払うってなんだろうな」を考えることにもつながりそうです。

何かを買うときの100円と、何かを売るときの100円。
何を売るか、どう売るか。
売るということはどういうことか、買うということはどういうことか。

noteでもセルフパブリッシングでも、その他のサービスでもいいんですが、一度値段をつける側に回ってみると、両方の視点からいろいろ考えられるようになるのではないかと思います。

値付けって難しいですし、何かを買ってもらうのはとても嬉しくて、とても怖い気分がするものです。

なんにもまとまらないですが、今日はこの辺で一つ。

Send to Kindle

書かないと上手くならないけど、

結構、微妙な話だとは思うんですよ。

それでも、

書かないと上手くならないけど、書いてもうまくなるとは限らない

ってことは、結構言えるのかなって気がします。

因果が非対称なんですよね。まあ、これを因果と呼んでいいのかすらわかりませんが。

これって、絶対に100%失敗したくない人にとったら、ツラい話だと思うんですよ。なにせ、自分がやっていることが、まるっと無駄になっちゃうかもしれないわけですから。ある意味では、博打みたいなものですよね。それにうまくなるにしても、どこまでうまくなるのか測りようもありません。10年続ければ、一人前にはなれるんでしょうが、それは一流になれることを意味してはいません。

もし才能という言葉が意味を持つとしたら、その10年選手同士の違い、ということになるんでしょう。

まあ、書くのが楽しければ、あるいは書く技術が向上していく感覚が楽しければ、なんとでもなるのでしょう。なんともならなくても、失敗した気分にはならないわけですので。

Send to Kindle

Evernote×「知的生産」の記事11選

Evernote「知的生産」アンバサダーに就任して、それ以来まったくEvernoteについて書いておりませんでした。

これはいかん、と思ったものの、他に原稿やら原稿やらnoteやら原稿やらが山積みなので、早急に取りかかることはできそうもありません。

というわけで、過去記事の紹介です。

当ブログで書いてきた、Evernoteと知的生産に関係するエントリーを11個セレクトしてみました。何かしらヒントになるようなものがあるかと存じます。

Evernoteと知的生産

Evernote企画:第一回:Evernoteとは何なのか?
トータルアーカイブについて
梅棹忠夫、Evernote、Siri

メモとアイデア

Evernote企画:第三回:知的生産におけるメモの重要性
脳と「つなげる」とためのルール
Evernoteに舞い込んだ、アイデアメモの行方
アイデアのカタリストとしてのEvernote

Evernoteならではの機能

Evernoteの共有ノート、あるいはナレッジマネジメントについて
EvernoteへのWebクリップと将来の自分
Evernoteの「関連するノート」が最近面白い
Evernoteの「関連するノート」が繋げるもの

さいごに

その他のEvernote関連記事については、

Evernoteリンク集

にて確認できます。さすがに全て目を通すのは不可能でしょうが、気になる記事でもあればご覧ください。

もうちょっと落ち着いてきたら、またがっつりとEvernoteについて書いてみます。乞うご期待、ということで。

あと、(私のブログではありませんが)choiyaki出版というブログにて、「0-0 はじめに ー『Evernote × 情報カード知的生産』はじめにー」という連載が始まっております。これは楽しみですね。

Send to Kindle

WordPress Themes