Category: 告知

『いつでもどこでも書きたい人のためのScrivener for iPad&iPhone入門』にユーザインタビューでご協力させていただきました

パソコン用のScrivener入門書については以前紹介しました。

考えながら書く人のためのScrivener入門 小説・論文・レポート、長文を書きたい人へ
ビー・エヌ・エヌ新社 (2016-03-18)
売り上げランキング: 15,077

今回発売されるのは、そのiOS版です。

でもって、その中にあるユーザインタビューにご協力させていただきました。ラインナップは以下。

  • ユーザインタビュー:小説家・藤井太洋氏に聞く、Scrivener for iOS & Mac版の使い方
  • ユーザインタビュー:物書き・倉下忠憲氏に聞く、Scrivener for iOS & Mac版の使い方
  • ユーザアンケート:うさぼうさんの場合
  • ユーザアンケート:早川純一さんの場合
  • ユーザアンケート:とし(Toshiaki Nakamura)さんの場合

ご存じの名前もちらほらあるかもしれません。私としては、「おぉ、藤井先生とご一緒させていただけるとは……」と三点リーダ付きで感動しております。

ちなみに本書はScrivener for iPad&iPhoneの入門書ですが、私はあまりiOS版を使っていません。メインはMac版で、その補佐としてiOS版を位置づけています。

でもまあ、ツールなんてそんなものです。「こう使わなければならない」というのはなく、自分の環境に合わせて最適なツールをセッティングしていくものです。その意味で、Scrivenerは、MacでやりたければMacで、iOS端末でやりたければそれで、という使い分けというか、多様な運用モデルを構築できるのが魅力かと思います。

ともあれ、ScrivenerのiOS版をがっつり使い込んでみよう、という方は本書が役に立つでしょう。なにせ高機能・多機能なツールなのでガイドブックは有用です。

それと、本書刊行記念のトークイベントが書泉ブックタワー(秋葉原)で行われる模様です。開催は3月13日。詳細は以下のページからどうぞ。

『いつでもどこでも書きたい人のためのScrivener for iPad & iPhone入門 記事・小説・レポート、文章を外出先で書く人へ』刊行記念トークイベント -藤井太洋先生×向井領治先生に聞く、Scrivener iOS版入門- – 書泉/東京・秋葉原

Send to Kindle

ほぼ半額! 『EVERNOTE「超」知的生産術』がKindleの月替わりセール対象です

最近セールをチェックしていなかったので、半月ほど気がつかなかったのですが、2月のKindleの月替わりセールに拙著が選ばれております。

EVERNOTE「超」知的生産術
EVERNOTE「超」知的生産術

posted with amazlet at 17.02.15
C&R研究所 (2016-04-21)
売り上げランキング: 2,074

46%オフで745円引き。875円となっております。

すでに懐かしくなってしまったツールの紹介等もありますが、それでもEvernoteを中心とした知的生産活動をいかに行うのかに役立つ知見が盛り込まれておりますので、ご興味あればこの機会にぜひどうぞ。

Send to Kindle

シミルボンにて「僕らの生存戦略ブックガイド」連載を始めます

シミルボンというブックレビューサイトで、連載を書くことにしました。「僕らの生存戦略ブックガイド」という連載です。

ライフスタイル・働き方・時事問題・仕事術・情報整理術・デザイン・文芸・哲学・批評・経済・法律などなど、これからの厳しい社会でなんとか生き延びていくために有用そうな書籍を広くピックアップしていきます。

もともとシミルボンのコンセプトが、「自分が興味を持ったジャンルに詳しい人=”水先案内人”を見つけたら、読書ってもっと面白くなるよ」ということなので、若い人向けに読書の案内をしていければと考えています。

よって、こちらの連載では文体はぐっと軽めでいきます。でも、内容は軽くしません。その辺のバランスは、なかなか難しいところですが、『バーナード嬢曰く。』の町田+神林を一人二役するのが目標です。まあ、新しいチャレンジですね。

どこまで続けられるかはわかりませんが、ご興味持って頂ければ幸いです。

ちなみに、記念すべき第一回は以下。

大きな声では言えない「読まない読書術」

もちろん、若くない人でも面白く読めると思いますので、ぜひご覧ください。

Send to Kindle

『ズボラな僕がEvernoteで情報の片付け達人になった理由』に大活字版が登場しました

タイトル通りです。

Evernoteの使い方を、ストーリーを読みながら理解しちゃえるという、意欲的な『ズボラな僕がEvernoteで情報の片付け達人になった理由』に文字サイズの大きいバージョンが登場しました。

目にやさしい大活字 ズボラな僕がEvernoteで情報の片付け達人になった理由(エクセレントブックス版)
倉下 忠憲
シーアンドアール研究所 (2017-01-18)
売り上げランキング: 861,767

内容はまったく同じです。紙のサイズと文字のサイズが大きくなりました。

どれくらい違うかというと、これくらい違います。

IMG_7224

ええ、デカイですね。でも、中身は同じです。

POD(プリント・オン・デマンド)なので、価格が少々(というかかなり)高くなっていますが、一応理論的には在庫切れは存在しなくなりました。あとは、電子書籍版が出れば完璧ですね。はい。

Send to Kindle

『「目標」の研究』について補足

昨日発売になったばかりの新刊『「目標」の研究』。

「目標」の研究
「目標」の研究

posted with amazlet at 16.12.14
R-style (2016-12-11)
売り上げランキング: 131

昨日の今日ですらなく、発売当日にご紹介いただけております。ありがとうございます。

「目標」の研究 by 倉下忠憲 – ちゃんと機能する目標の運用方法が分かる! | さいんぽすと

昨日の書いた記事では「一日で読める」と軽々しく書きましたが、本当に一日で読了した上、紹介記事まで書いて頂けるのはありがたいかぎりです。

で、上の記事にこのように書いていただいております。

この記事で、本書の目標の運用方法を紹介しようかと思いましたが、それはやめました。

というのも、本書は構成がとてもおもしろいのです。

この辺は、私が珍しく「サンプル版」を作らなかったことと関係していて、本書のトリック(そう呼んでいいでしょう)は頭から終わりまで通して読んでみないことには機能しないようになっています。で、このトリックはあくまで構成上のものでありながら、本文の内容とも関わってくるコアなものなので、あまり前もって説明するのもなんだな〜という感じなのです。

というわけで、手軽に読める分量ですし、オネダンも勉強させていただいておりますが、私が持っている引き出しの中身を惜しげもなく投入しておりますので、ご興味あればぜひ。

えっ? そんなことは昨日の記事に書いておけよ?

たしかにその通りなんですが、本書の内容は(この私からしても)ずいぶん思い切った内容だったので、どう評価されるのかが不安で、若干及び腰だったのでした。とりあえず、現状は好意的に評価いただけているようで、一安心しております。

Send to Kindle

電子書籍の新刊『「目標」の研究』が発売となりました

「月くら」計画の、えぇっと、何弾だっけかな……たぶん第18弾くらいです。

「目標」の研究
「目標」の研究

posted with amazlet at 16.12.13
R-style (2016-12-11)

今回のテーマは「目標」ということで、ビジネス書・ノウハウ書寄りの内容となっています。

「目標」の研究 | Official Website

年末年始も近いということで、「目標」に関する本はぴったりかもしれませんね。

全体で4万字ほどなので、ささっと読み終えられるかと思います。Amazon情報によれば、紙の本で76ページ換算。マックス・ウェーバーの『職業としての学問』ほどのサイズです(もちろん内容はぜんぜん違いますが)。はやければ一日で読めるでしょう。兵は拙速を尊ぶと言いますが、そういう本がもっとたくさんあってもいいなと思う今日この頃です。

あと、本書は珍しく常体で書いています。新しい試みの一つです。

ちょこっと追記

発端は、R-styleの記事セレクションの一環として作り始めたのですが、終わってみたらほとんどまったくの書き下ろしとなりました。その際、思いつく限りの「工夫」を放り込んだので、本書は実に「奇妙な」(あるいは「変な」)本となっています。

そのあたりも含めて楽しんで頂ければと思います。「ビジネス書・ノウハウ書なのに楽しむ?」まあ、その辺が変わっているところです。

月くらについて

ついでに書いておきますと、この本は「月くら」計画二周目(「月くら計画Z」)の六冊目の本となります。

screenshot

「二ヶ月に一冊、電子書籍の新刊を発売する」、というこの計画は、当初の予定では2016年の3月には終了しているはずだったのですが、遅れに遅れて12月となりました。ともあれ、2016年中に完遂できたのは喜ばしいことです。

当然のように、次は三周目の計画となり、「三ヶ月に一冊、電子書籍の新刊を発売する」が目標となります。ああ、ここでも「目標」という言葉が出てきましたね。それはともかく、当初の予定通りであれば、

2016年6月 一冊目
2017年9月 二冊目
2017年12月 三冊目
2017年3月 四冊目

となり、足並みを揃えようと思えば、来年の3月までに四冊の本を発売しなければならないという、ザ・無茶ぶりとなってしまうので、その辺はあっさりと放棄して、再び三ヶ月に一冊のペースで仕切り直していこうと思います。幸い、本の企画案だけはやまほどあるので、あとは粛々と作業をこなしていくだけです。

というわけで、2017年の月くら計画もお楽しみ……と、締めそうになりましたが、もちろん『「目標」の研究』もよろしくお願いします。

Send to Kindle

東京ライフハック研究会vol.16の動画が公開されております

以前、以下の記事でスライドを公開しましたが、

R-style » 東京ライフハック研究会vol.16に参加してきました

YouTubeにも動画があがっております。

まったく時間見ないで講演したんですが、大幅なズレはなかったようでちょっと安心しました。

他の方のスライドも以下の再生リストから閲覧できます。

東京ライフハック研究会vol.16 – YouTube

特に私の講演は、佐々木さんの内容と強く呼応しているので、そちらからご覧頂くとよいでしょう。LTもきっと楽しめると思います。

というわけで、おそらく第17回以降もこうした講演動画はアップされると思うので、気になる方は東ラ研のチャンネルをチェック。

東京ライフハック研究会公式チャネル – YouTube

では、では。

Send to Kindle

日本独立作家同盟さんが「NovelJam」を開催されるとのこと

2日間で小説を書き上げる日本初の創作イベント・日本独立作家同盟が「NovelJam」を開催!|NPO法人日本独立作家同盟のプレスリリース

「NovelJam」とは、著者と編集者が集まってチームを作り、わずか2日間で小説の完成・販売までを目指す短期集中型の作品制作企画です。ジャムセッション(即興演奏)のように事前にあまり本格的な準備をせず、参加者が互いに刺激を得ながら、その場で作品を創り上げていきます。

詳しい内容については、以下の記事にまとまっています。

電子書籍として販売可能な短編小説を2日間で仕上げる小説創作イベント「NovelJam」、日本独立作家同盟が来年2月に開催 -INTERNET Watch

NPO法人日本独立作家同盟は29日、編集者と作家がタッグを組み、2日間で短編小説を電子書籍として販売可能なEPUBの形にまで仕上げる小説創作イベント「NovelJam」を2017年2月4日・5日に開催することを発表した。参加費は8000円(税込)。

二日間のイベントで、参加者は作家か編集者を選択。作家二人に対して編集者が一人の割合でチームを組み、イベント期間中に一冊の「電子書籍」を完成させるという試みです。

ポイントは完成させるのが「原稿」ではなく、そのまま販売可能な「電子書籍」(EPUB)である、という点。小説のボリュームは3000字以上なので、それくらいなら一日あれば十分でしょうが、「電子書籍」まで持っていくことを考えれば、実際これがギリギリかもしれません。

で、ようは「ハッカソン」の小説版なのですが、荒行的というか乱取り的というか、参加者は結構ハードなものを求められるでしょう。ええ、楽しそうですね。個人的にはすごく参加したい気分です。

「原稿を書く」という行為自体は、ひとりでもできちゃうわけですが、企画案を編集者さんと検討したり、自分の原稿を見てもらったりすることはどうしたってひとりではできません。でもって、そういう「ひとりではできないこと」は、文章力(と呼べるような何か)を底上げしてくれます。これはもうそう言っちゃっていいと思います。

でもって、その場にほかの作家&編集者もいるわけですから、これはもう祭りみたいなものですね。たぶん二日目なんかはヤバいテンションになっちゃってるんじゃないでしょうか。

というわけで、公式のサイトは以下。

NovelJam on Strikingly

興味と(少しばかりの)自信がある人は門を叩いてみるのも面白いかもしれません。

Send to Kindle

【お知らせ】メルマガ配信元ドメイン変更及び再送ボタンの設置

Weekly R-style Magazineの配信でお世話になっている「まぐまぐ」さんで、若干のシステム変更があるようです。

大きく二つあり、片方は割とクリティカルなので記事として紹介しておきます。

その1:配信元ドメインの変更

配信元ドメインが変更となります。

現在:mag2.com
変更後:mag2premium.com

もし、配信元によってメールをフィルタリングしている場合は、設定の確認をお願いします。

その2:再送ボタン

まぐまぐさんの「マイページ」に、メルマガの再送ボタンが設置されたようです。

<メルマガ再送方法>
1:マイページにログイン
2:「メルマガを読む」>「登録中メルマガの管理」
3:該当メルマガ横の「再送」ボタンをクリック
4:再送したい号の「再送実行」ボタンをクリック

screenshot
※3

screenshot
※4

以上の手順で、メルマガが再送されるようなので、誤って削除した場合などにご利用ください。

さいごに

メルマガをフィルタリングされている場合、ドメイン変更の連絡をメルマガで書いてもまったく届かない可能性があるので、ブログ記事にしておきました。

あと、たま〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜に、配信ミスとかもあるようなので、その場合は「再送ボタン」をご活用くださいませ。

では、では。

Send to Kindle

季刊誌「かーそる」の創刊号が発売となりました #かーそる

ボー、ボー、ボー

(船出の音)

さて、いよいよ季刊誌「かーそる」が発売となりました。ええ、なりましたとも。

2016年の4月から、熱心な木こりのようにコツコツと雑誌作りを進めてきました。「新しい雑誌」を作るだけでなく、「雑誌の作り方」そのものも新しく作ったので、そりゃもうたいへんだったわけです(ただしむちゃくちゃ面白かったですが)。

その辺は書きたいことが山のようにありますが、今回はぐっとこらえて創刊号の紹介に注力します。

「かーそる」創刊号

この雑誌のジャンルに、あえて名前をつけるとすれば、「Intellectual Life Style Magazine」となるでしょうか。現在の言葉でわかりやすく表現するなら、「知的生産の技術」について盛り上がる雑誌です。

文章を書くこと、本を読むこと、何かを考えること……。

話題はたくさんあります。そこから1つテーマを選び、執筆陣が各々の切り口で原稿を書く。そういう体裁になっています。掲載される原稿は、論文調あり、エッセイあり、ノウハウあり、ストーリーあり、と統一した雰囲気はありません。なにせ「雑」誌ですからね。その雑多ながらも感じられる通奏低音を楽しんでいただければと思います。もちろん特集とは別に毎号掲載される連載もありますので、毎号購入する楽しみも(きっと)あります。

いや〜もう、自分で作っておいてなんですが、本当に盛りだくさんな雑誌になりました。でもって、こんな雑誌は他にはないだろうと断言できます。世の中に断言できることは少ないですが、これはもう断言しちゃっていいと思います。

で、その「知的生産の技術」について盛り上がる雑誌なんですが、創刊号のテーマは以下のようになりました。

「脱知的生産の技術」

cursor001

創刊号で「脱」しちゃってるよ……。

というのは、(ちょっとばかし)冗談で、この特集が何を意味しているのかは内容をご覧頂ければと思います。また、創刊号なのでかなり気負って作ったため、メイン特集だけではなく、サブ特集もついています。そちらは、全体的にトーンが柔らかい文章が集まっていて、それもそれで結構なボリュームです。

いや〜、これだけの分量で、740円(税別)ですからね。これはもう安いんじゃないでしょうか、とだんだん通販番組みたいになってきたので、書籍の目次なんかを紹介しておきましょう。

2016年11月 秋号(創刊号) 目次

■特集1:脱知的生産の技術
・知的よ、サラバ(倉下忠憲)
・知的はライフの中にある(Tak.)
・「技術」から「技道」へ(ruu_embo)
・技術ということ、生産ということ(いっき)
・自分が他人に 基準は自分に(choiyaki)
・人間の条件?(Go Fujita)
・誠実なステップは利己的なストーリー(Hibiki Kurosawa)
・「知的生産のフロー」を育てる(irodraw)

■特集2:私と知的生産の技術
・4日間の見取り図をつくる(Go Fujita)
・知的生産の原風景(Tak.)
・名刺サイズの心と言葉 (Hibiki Kurosawa)
・言葉を整えるための “作業ファイル“ をつくる。(ruu_embo)
・書いてから、書く。(choiyaki)
・ノートと共に生きるということ(倉下忠憲)
・自分のスペースを見る/自分とともに見てくれるもの(いっき)

■コラム
・『アウトライナー実践入門』をめぐる風景(Go Fujita)
・アルテさんのブックガイド 『知的生産の技術』(倉下忠憲)

■巻末のあれこれ
≪刺激剤としての読書案内≫
≪執筆者一覧≫
≪Editor’s sound≫

著者名もわかりますね。たぶん、ご存じの名前もちらほらあるのではないでしょうか。ええ、私が一人ひとり「書きませんか」と声を掛けてまわったわけです。もう、その行為だけで褒められてもいいんじゃないでしょうか(謎の自慢)。

現状(2016年11月16日8時)、「かーそる」を購入できるのは以下のサイト。

今後配信サイトは増えていくでしょうが、そのあたりは以下のランディングページに追加していく予定ですので、よければそちらもご覧ください。

「かーそる」2016年11月号 [創刊号] – Project:かーそる

BCCKSさんでは、DRMフリーのEPUBが購入できますし、なんなら紙版も買えます。どちらも特定のプラットフォーム依存から抜けられますので、その辺が気になっている方は検討してみてください。あと、BCCKSさんでは冒頭の数ページが「タチヨミ」できますので、中身をちらっと確認したい場合は、そちらをご利用ください。

というわけで、書きたいことをずいぶん押さえたので、しばらくはこのブログでも雑誌について、雑誌作りについていろいろ書いていくことになりそうです。たぶん、雑誌を並行で読みながらだとよりいっそう楽しんでもらえるのではないでしょうか、と宣伝を押し込んでおいて、ここで終わりにします。

Send to Kindle

WordPress Themes