Category: あたらしい知的生産の技術

人とコンピュータが手を取り合う知的生産

以下の記事を読みました。

23-seconds blog: コレクションなら私に任せて

本編で書かれていることもたいへん素晴らしいのですが、私は次の部分にひっかかりました。

含みのある書き方なのは、「考えることの質が上がらないことの苦悩」を読んでいたところ、Evernoteの「関連するノート」の機能によって、「バトンが渡るということ」が提示されたためです。

ちょっと、これはすごいことです。
繰り返しますが、「考えることの質が上がらないことの苦悩」を読んでいて、「バトンが渡るということ」が提示されたのです。

そうそう、これこれ。これだよ、と頷きました。「ちょっと、これはすごいことです。」と書かれていますが、本当にこれはすごいことです。

CAW(Computer-Aided Writing)の一つの「在るべき姿」がここに提示されています。いったいどんなツールがこんなことを実現できるでしょうか。それはもうEvernoteしかありません。どれだけ個人向けにカスタマイズされていても、Googleでは絶対に到達できない地平がここにはあります。

「関連するノート」のわかりづらさ

上記の「出来事」は、極めて簡単に言えば、人間の「連想」がコンピュータによってアシストされています。そしてそれが、新しい情報を生み出すことに寄与すらしているのです。

これまでも「関連するノート」についてはいくつも書いてきました。

R-style » Evernoteの共有ノート、あるいはナレッジマネジメントについて
R-style » Evernoteの「コンテキスト」と日経新聞、あるいはEvernoteエクステンション
R-style » Evernoteの「関連するノート」が繋げるもの
R-style » Evernoteの「関連するノート」が最近面白い

でも、まだ十全にはこの価値は理解されていないでしょう。なぜなら、2つのネックポイントがあるからです。

その1:十分な数、Evernoteにノートを蓄えないと見えてこない
その2:かといって、ノイズが多いと役に立たない

「関連するノート」(正式名称はコンテキストですが、直感的にわかりやすいのでこの呼び方でいきます)が、意味を持つのは「そんな情報同士に関連性があるなんて、思いもよらなかった」という状況になってからです。50や100程度の一覧できるノートの数ではさほど「意外」なものは出てきません。ノートを長期にわたって蓄積して、はじめてこの機能のすごさがわかるようになります。

ちなみに、記事で紹介されている二つの記事は、片方が2016年7月21日にアップされたもので、もう片方は2014年11月25日にアップされたものです。つまり、1年半以上の乖離があるわけです。

つい最近で、1年半以上乖離のある情報が頭の中で自然につながった経験はどれくらいあるでしょうか。アフターEvernoteの世界では、そういうことが起こりやすくなるわけです。これを「ナレッジマネジメント」と呼ばないで、なんと呼ぶでしょうか(※)。
※反語ですが、あえてつっこむとフラグメント・マネジメントと呼べます。

とは言え、ただひたすらにEvernoteにノートを増やしても意味はありません。「関連するノート」が面白いのは、それが自分がフィルタリングした情報同士の関連性を提示してくれるからです。たとえば、上の記事の関連が「教育」や「学ぶ」というキーワードによって導かれているとして、その代わりにGoogleで「教育」に検索した結果が表示されたらどうなるでしょうか。まあ、あまり知的生産を刺激するようなことにはならないでしょう。

それと同じように、自分の関心に引っかからない情報をどれだけクリップして増やしても「関連するノート」は面白くならないのです。

結果として、「関連するノート」が面白くなるのは、コツコツと自分が面白いと思う記事や着想をEvernoteに溜めていった先になります。だから、私として言えることは、地道にクリップしていきましょう、ということだけです。2年後ぐらいに面白い発見が生まれる__かもしれません。

さいごに

CAWに求められる要素はいくつかあると思うのですが、この「連想の補強」や「刺激の提供」という点は大いに有用でしょう。脳の弱点をうまく補強してくれています。

とは言え、それがいきすぎると『言壺』のワーカムみたいなことになってしまうので、なかなか難しいバランスではあります。

▼こんな一冊も:

ズボラな僕がEvernoteで情報の片付け達人になった理由
倉下 忠憲
シーアンドアール研究所 (2016-02-26)
売り上げランキング: 182,187
Evernote豆技50選 (Espresso Books)
倉下忠憲 (2015-03-29)
売り上げランキング: 1,240
言壺
言壺

posted with amazlet at 16.09.02
早川書房 (2013-11-15)
売り上げランキング: 58,380
Send to Kindle

MemoFlowyのバージョンアップで僕たちが手に入れたもの

そうです。inboxです。

2015年の12月にこんな記事を書きました。

「MemoFlowy」はWorkFlowyにおけるFastEverではない

そこでは「インスタントinbox」という概念を立ち上げて、Evernote系のメモ送信アプリとは一線を画した存在であることを確認しました。

が、そこから6ヶ月経って、このアップデートです。

MemoFlowyの進化は止まらない。メモ入力画面から直接WorkFlowyに書き込めるように!(Android Ver.1.1 & iOS Ver.1.4)

これで、「インスタントinbox」だけでなく、ノーマルな「inbox」ですらWorkFlowy上で運用できるようになりした。朗報というよりも、福音でしょう。

フローの3段階

復習します。

infotecktool.001

情報のフローは、大きくわけて3つの段階があり、それぞれを仮に「in」「?」「out」と呼んでおきましょう。

「MemoFlowy」などのメモ送信ツールが担当するのは、この「in」の部分です。そして、この「in」段階を探求したことがある人ならば皆ご存じでしょうが、この段階では「即応性」と「操作簡易性」が最も重要になってきます。簡単に言えば、「すぐに書き留められること」「操作が簡単なこと」です。

APIが開放されていないWorkFlowyでは、どうしてもこの「in」を担当するのが難しい状況でした。思いついたことをすぐさま書き留めることができなかったのです。そこで登場したのが「MemoFlowy」であり、APIを使わないで似たことを実現してくれました。少しだけ手間がかかるものの、その手間によってメモツールに第三のカテゴリを生み出した貢献もあります。

が、今回のアップデートで、「in」部分に関する不満はほぼ消えたと言ってよいでしょう。Evernoteで言えば、FastEverを使うのと同じ感覚で、WorkFlowyが使えるのです。その上、もともとあった「書き留めてから、貼り付ける」というインスタントinbox的使い方もできます。

これはうっかりすると、Evernoteをメモ代わりに使っている人がWorkFlowyにずずいと移動してしまう可能すらある大きな変化と言えるでしょう。

さいごに

「in」はこれでよいとして、「?」は「out」はどうでしょうか。

このあたりも実はいろいろ進んでいて、「?」の姿勢的なものは、『アウトライン・プロセッシング入門』が先鞭をつけてくれていますし、ツール的なものも置換などが(ユーザー有志による)スクリプトで実現できるようになっています。同様に「out」もWorkFlowy標準以外のエクスポート方法の探求も盛り上がっています。

これらがAPIと関係ない部分で湧き上がっているというのが、ある意味でWebツールの面白いところでもあります。

とりあえず、このバージョンアップによって、「WorkFlowyの使い方」を解説する本を書く準備がいよいよ整ったと言えるでしょう。

Send to Kindle

「こざね法」に適したアウトライナーの提唱

先日の記事で、アウトライナーとこざね法は少し違うと書いた。

「梅棹忠夫の七つ道具ワークショップ」に参加してきました(R-style)

ただし、アウトライナーは、そのまま「こざね法」を実践するには少し力不足です

今回は、何が力不足なのかを言及した上で、こうあって欲しいアウトライナーの新しい形(あるいは別バージョンのナレッジオーガナイズツール)のあり方を提唱してみよう。

「こざね法」について

まずは、「こざね法」から。

20140208093629

小さな紙一枚を「こざね」と呼び、そこに文章を構成するトピックをひとつひとつ書き込んでいく。そうした「こざね」を縦に並べてホッチキスなどでとめる。これが「こざね法」だ。

文章の流れを書きながらではなく、事前にある程度固めてしまう。そういう手法と言えるだろう。

どういう順番で要素を配置すれば、文章の「通りがよくなる」のか。それを脳内シミュレーションではなく、目に見える形で、手で操作できる形で実践するのが「こざね法」だ。

以下のように連結したこざね群を横に並べていくこともできる。もちろん縦やななめに配置することもできるだろう。アナログならではの自由感(制約の少なさ)がこの手法にはある。

20140208093636

アウトライナーとは

では、アウトライナー(アウトラインプロセッサ)はどうだろうか。

screenshot

雰囲気はエディタと似ているが実際は将棋と軍人将棋ぐらいちがう。あるいは四人打ち麻雀と三人打ち麻雀ぐらいちがう。ともかく、別のツールだと思った方がいい。アウトライナーは、エディタよりも、タスク管理ツールの方が近いかもしれない。

一般的なアウトライナーでは(以後、アウトライナーと呼ぶときは、一般的なアウトライナーを指しているものとする)、一行一行が操作可能になっている。コピペなどを使わずに、行ごとに順番を入れ換えることが可能だ。

階層化

また一直線に並べるだけでなく、そこに凹み(あるいは階層)を作り出すこともできる。

screenshot

こうすれば、「第一章の第一節の第一項にはこれを書く」といった表現も可能になる。構造を持った文章を書く上では非常に役立つ機能だ。上にあげた二枚の画像を比較してもらうとわかるが、要素を階層化すると非常に見やすくなる。どの要素が、どの要素に従属しているのか。それがすぐに把握できる。

文章の形にアウトプットしても、こうした現象は変わらない。当Blogでは、記事の中身を<H3>と<H4>タグで区切っているが、これも階層化の表現だ。区切るだけでなく、意味の固まりを生み出し、その従属を明らかにしている。

一直線に並べるだけなら、アウトライナーは非常に使いづらい。この階層化があることが、アウトライナーのアウトライナーたるゆえんである、とすら私は思う。

また、階層化機能に付随して、必要ない階層を「見えなくする」こともできる。そうすることで、画面に表示される情報量をコントロールできるのだ。これは、ディスプレイという限られた広さしか持ち得ないデジタルツールでは必須の機能と言えるだろう。

何が違うのか

さて、両者を比較してみよう。

「こざね法」でいえば、アウトライナーの一行が「こざね」にあたる。これは問題ない。両者とも、最小のパーツ(紙、一行)を並び替えながら文章の流れを作り上げていく。同じアプローチだ。

では、何が違うのか。

アウトライナーでは、まとまった一つの束を横に並べていくことができないのだ。

アウトライナーはどこまで行っても縦一直線に要素が並ぶ。最終的なアウトプットとしての文章も直線に(リニアに)並ぶのだから、それ自体は問題ではない。しかし、何かを考えている段階では、この違いは微妙に効いてくる。

このことに気がついたのは、「Amazon Storybuilder」を使ったときだ。以下の記事でかんたんに書いた。

さっそく、「Amazon Storybuilder」を触ってみた(ジャムスタ)

「Storybuilder」とあるように、物語の流れを構成するためのツールだ。「Act」(章)という括りがあり、その下に章に含まれる要素を並べていく。要素同士の入れ替えは自由にできる。そして、その「Act」が横に並んでいくのだ。使ってみると、これが視覚的に非常に見やすい。

たとえばだが、ざっと並べてみると各「Act」のファーストシーンがどのようなものなのかが一覧できる。あるいは第一から第四までのActのシーン数が8なのに、第五だけが7だったら、「ちょっと少ないな」とすぐに把握できる。探さなくても、見ればそうわかるのだ。

ごく単純に言えば、縦に並べているものを便宜的に横に配置しただけとも言える。





12345

に直しただけだ。情報の意味的なものは何ら変質していないように思える。でも、それは実際には違うのだ。何がどう違うのか、どうして違うのかを解き明かしている時間はないが、そんなことをしなくても二つのツールを使ってみれば、すぐに体感できるだろう。

横にも並べられるアウトライナー

別バージョンのナレッジオーガナイズツールとして私が提唱したいのは、横にも並べられるアウトライナーだ。たぶん名称的に破綻していそうなので、何か新しい名前が必要だろう。

ここでMacユーザーの方なら「Tree」というアウトライナーアプリを思い浮かべたかもしれない。横方向を使ったアウトライナーだ。ただし、Treeは「横に並べる」のではなく「横に伸びる」と表現した方が適切だろう。

Tree
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

先ほどのアウトラインを、「Tree」のツリー形式で表示すると以下のようになる。

screenshot

たしかにこれでも、各要素の一つ目は何か、二つ目にはどのぐらい並んでいるのかが視覚的にわかりやすい。ただ「Amazon Storybuilder」に比べるとわざわざ感が強い。ぱっと見てではなく、意識的に読み取って、という感じがする。

だから、こう表示するようなツールが欲しいのだ。

newoutliner
※合成画像です。

どうだろう。上の二つは情報量的にはまったく同じだが、おなじように「見える」だろうか。目にしたときの意識・無意識の働きは同じだろうか。もし違うのならば注意した方がいい。それは「思考」に影響を与えてしまう。

ともかく、アウトライナーで段落を下げるぐらいの操作感で、新しい「ライン」を横に作り出し、それぞれのライン間でもトピックが移動可能なツールが欲しいのだ。

さいごに

上のような表示が可能なツールがあれば、それで「こざね法」を実践することは十分にできる、と思う。なにせ触ったことがないので、断言は難しい。

「紙を手で操作する」というタンジブルな要素が消失しているので、完全な代替とはなりえないが、思考の流し方は同じようにいけるだろう。将来の思考ツール(考具)として是非とも期待したい。

蛇足を承知で書くが、私は別にアウトライナー全てを「新しいアウトライナー」に置き換えるべきだ、と提唱しているわけではない。ツールには果たすべき役割があり、得手不得手がある。それを無視してしまえば、最終的に損を被るのはツールを使う私たちである。日本全国の小売店が全てコンビニになったら、やっぱり嫌だろう。いろいろなお店があるから、便利に楽しく買い物できるのだ。

ただ、「こざね法」をデジタルで実践するならば、アウトライナーよりも上に書いたようなツールの方が良いのではないか、という話である。

▼こんな一冊も:

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術) 倉下 忠憲

技術評論社 2012-06-30
売り上げランキング : 199741

Amazonで詳しく見る by G-Tools

知的生産の技術 (岩波新書)
知的生産の技術 (岩波新書) 梅棹 忠夫

岩波書店 1969-07-21
売り上げランキング : 2747

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Send to Kindle

「梅棹忠夫の七つ道具ワークショップ」に参加してきました

『21世紀の「知的生産の技術」Vol.01』と銘打たれた以下のワークショップに参加してきました。

梅棹忠夫の七つ道具ワークショップ」(Peatix)

梅棹忠夫の『知的生産の技術』が刊行されたのは1969年。 その先見性を検証しながら、グローバル・ネットワーク時代の「知的生産の技術」を考えます。 梅棹忠夫のツールを見ながら、思考のツボに関するレクチャーを聞き、さらに現代版のディスカッションあるいはワークショップを行います。 大人のためのクリエイティブ教室の、今回は第一回目のワークショップです。

ワークショップ前半では、小長谷有紀さんによる「梅棹忠夫の七つ道具」の紹介があり、後半は、その内容を受けての参加者によるワークショップ(ワールドカフェ風)が行われました。どちらもたいへん刺激を受ける内容です。

「梅棹忠夫の七つ道具」として紹介されたのは、

  • 発見の手帳&フィールドノート
  • ローマ字カード
  • 手書きカード
  • アドレスカード
  • こざね
  • 一件ファイル
  • 写真・スケッチ

の7つ。

『知的生産の技術』をご愛読の方ならお馴染みのツールです。今回は、実際に梅棹先生が使われていたもののレプリカに触れることができました。

スケッチや

20140131183954

こざね。

20140131185243

前で小長谷さんが話を進められている間、テーブル間にこれらのレプリカが回されていたのですが、若干慌ただしい印象を受けました。レプリカに触りながら、同時に話をきちんと聞くのは少し難しいです。

あらかじめテーブルごとにサンプルを置いておき、参加者が自由なタイミングでそれに触れられる形の方がよいのかもしれません。

が、それはそれとしてお話はたいへん面白かったです。

適切なサイズにスケッチするためには「ズーム」が必要、という話題が出てきたのですが、思わず唸りました。それはスケッチ以外にも敷衍して言えることだと思います。

たとえば小さいテーマで1000字書くのと、大きいテーマで1000字書く場合の「ズーム」は違ってくるでしょう。適切な縮尺が行われないと文章にはまりきらず、大事な部分がはみ出てしまうこともあります。たぶんこの「ズーム」はアイデアメモの書き方なんかにも関係してきそうな気がします。

未来の「こざね」

後半のワークショップは、「未来のこざねはいかなるものか?」をテーマに進められました。

すいません。あんまり「こざね」に関係ない話ばかりしていたような気がします。

なので、こちらでちょっと書いておきます。

私は、どちらかと言えばデジタルツールユーザーですが、本を執筆する前には大量の付箋を使います。新刊の執筆に使ったアナログの足跡を「Facebookページ」でも公開してあります。こうした過程を経ないと、どうしても進められないのです。

発想におけるアナログとデジタルの関係については、『ハイブリッド発想術』でも取り上げました。iPadは優秀な考具ですが、どうしても「ディスプレイの大きさ」を超えることができません(詳しい話は拙著をご覧ください)。書籍のような大きな構成を必要とする場合、iPadでは狭すぎるのです。

なので私は、映画『アイアンマン』で、主人公トニー・スタークが操る空間ディスプレイに憧れを感じています。あのツールがあれば、ディスプレイの制約からは解放されます(もちろん部屋の大きさという制約は残ります)。それが人間の思考にどのような影響を与えるのかは空想するしかありませんが、タンジブルなUIを最大限に活かすためのデジタルツールの在り方、というのはきっとあるでしょう。

ピュアに「こざね」について考えれば、現代では付箋(ポストイット)がその機能を担ってくれます。が、完全な代替というわけではありません。どこか意欲的な文具メーカーさんは、「発想作業に最適化された付箋」を開発されると良いと思います。穴場です。

デジタルと付箋の、(SF的妄想における)連携で言えば、音声入力でアイデアを入力していくと、プリンターからアイデアが印字された付箋が出てくる、というものでしょう。これはすごく楽チンそうです。コストが相当かかりそうですが。

もう一つ、付箋を使わない方向としては、やはりアウトライナーです。

灯台もと暗し

と表現するのがまさしく最適な感じだったのですが、梅棹先生は情報の蓄積はカードで行い、そこから何かアウトプットを組み立てるときはこざねを使われていました。知的生産好きとしては、今更書くまでもないようなことです。しかし、実際の「京大型カード」と「こざね」を手で触ってみて、ピントが急に合った感覚がありました。

先日、EvernoteとOmniOutlinerの連携について書きました。

Evernoteから思いつきのメモをOmniOutlinerに移すことについて

それらを操作して思考の材料にすることができれば、きっと面白いだろう、と思いました。何がどう面白いのかはわからないが、面白いに違いない、という直感です。

EvernoteからOmniOutlinerに移動させることは、ぴったり京大式カードからこざねに移し替えることに適合しています。そりゃ、面白いに違いないと感じるわけです。なんで気がつかなかったんでしょうか。

「京大型カード」はB6でノート代わりにもなる、やや大きめのサイズ。こざねは、その1/4。とうぜん書き込める内容に差があります。

20140201112841

情報の蓄積としての記録は、「未来の自分」(つまり別人)でも読み取れるような整った内容にしておく必要がありますが、こざねはそうではありません。断片、あるいは象徴的な言葉で事足りるのです。さらに言えば、そのように断片化したほうが操作しやすいのです。

こざねに詳細は必要ありません。むしろ邪魔ですらあるのです。

で、あるならばOmniOutlinerでEvernoteのノートタイトルだけを並べ、詳細についてはEvernoteのノートリンクから参照する、という使い分けはまさにジャストだったと言えるでしょう。

ただし、アウトライナーは、そのまま「こざね法」を実践するには少し力不足です。今後のツール進化に期待しましょう。
※それについてはまた別記事で書きます。

さいごに

どんなタイトルになるかはわかりませんが、『21世紀の「知的生産の技術」』について自分で書いてみよう、と思い立ちました。それぐらいインスパイアを受けました。

『Vol.01』とタイトルにあるように、この会は月一回程度のペースで開催されていくようです。
※大阪のグランフロント北館1Fにある「CAFE Lab.」が主な会場のもよう。

会の情報については、以下のFacebookページで更新されるようなので、ご興味ある方はチェックしてみてください。

21世紀の「知的生産の技術」

▼関連エントリー:
テクノロジーと人間が一体となる時代、知の巨人「梅棹忠夫」が予見していたもの (1/2)(Business Media 誠)

▼こんなエントリーも:
【coffee Break】本とコーヒーと空間と 〜Cafe Lab.と天狼院書店〜(R-style)

情報の授業と、知的生産の技術(R-style)

▼こんな一冊も:

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術) 倉下 忠憲

技術評論社 2012-06-30
売り上げランキング : 236242

Amazonで詳しく見る by G-Tools

EVERNOTE「超」知的生産術
EVERNOTE「超」知的生産術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-02-26
売り上げランキング : 51518

Amazonで詳しく見る by G-Tools

知的生産の技術 (岩波新書)
知的生産の技術 (岩波新書) 梅棹 忠夫

岩波書店 1969-07-21
売り上げランキング : 5351

Amazonで詳しく見る by G-Tools

アイアンマン(1枚組) [DVD]
アイアンマン(1枚組) [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2010-12-22
売り上げランキング : 4055

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Send to Kindle

WordPress Themes