Category: 大人の勉強

B6サイズの情報カードを持ち歩くソリューションをDIYで

最近、毎日一枚情報カードを書いています。『断片からの創造』という本に向けた素材集めのカードで、サイズはB6です。

書籍『断片からの創造』のための情報カード

これはこれで一つの新しい試みなのですが、人の習性とは不思議なもので、こうしてカードを書くことを日課にしていると、他のこともノートではなくカードで書きたくなってきます。で、そうしはじめました。

IMG_7198

こうなると、これらのカード束を持ち歩きたくなります。思索は、行動と共にあり、なんて言葉もありますからね(今勝手に作りました)。

しかし、カード束をそのままカバンに突っ込むとバラバラになりますし、クリップや輪ゴムで止めても型崩れが心配です。となると、ケースが欲しくなります。

単に未記入のカードを持ち運ぶだけならば、以下のようなノートカバーが活躍していました。

IMG_7199

片方に新品のカードを入れ、もう片方には記入し終えたカードを入れられます。なかなか便利ではありますが、そこそこまとまった量のカードを持ち運ぶには適していません。せいぜい「ドッグに移すまでの一時的な仮置き場」くらいなものです。

かといって、世の中を見渡しても、B6サイズのカードの束を持ち運ぶのにフィットしたアイテムはなかなかありません。他のサイズならともかく、B6は希少種なのです。

だったらそう、DIYですね。自作するのです。

なんとなくイメージしたのは、固いカバーで、ジャバラタイプのもの。ええ、モレスキンのアレですよ。あれと似たようなもののB6サイズがもっと安価に入手できれば……

といろいろ考えたあげく、百均ストアにいって、名刺やトレーディングカードを保管するためのプラスティックフォルダと、画用紙を購入。それらを切ったり貼ったりして、以下のようなものができあがりました。

]IMG_7200

サイズ感。

IMG_7202

広げると、こんな感じ。

IMG_7201

カードをこのように収納できます。

IMG_7203

持ち運ぶときは、中身が溢れ出るのを防ぐためにゴムバンドを(これも百均で購入したヘアバンドです)。うまくひっかかるように真ん中に小さい切れ目を入れてあるのが、ちょっとしたポイント。

IMG_7204

日常遣いのひらくPCバッグの中央左ポケットにぴったりフィット。Feeling Goodです。

ちなみに作り方は、

  • カードフォルダのページをすべてはぎ取り
  • 画用紙を長方形に切ってジャバラ式に折り込み(二組作る)
  • そのジャバラをカードフォルダーのカバーに貼り付ける

という至極単純なもの。ジャバラの折り込みの適切回数はぜんぜんわからなかったので、至極適当にやりましたが(おおざっぱ)、今のところは良い感じに機能しています。もし、もう少し仕切りが欲しいなら作り直すこともできるでしょう。それがDIYのいいところです。

というわけで、情報カードの束を持ち歩くソリューションをお探しの方は、ぜひお試しを。

Send to Kindle

断片の知識を付箋とノートで組織化する

正月にふと、「俺ってぜんぜんわかってねぇーな」と思い立ちました。そこでノートを使って知識を整理してみました。

img_7190

まずエーリッヒ・フロムの『自由からの逃亡』を付箋に書き出し、その他、「自由」に関して思いつく項目や人名も合わせて書き出していきました。第一付箋です。

次に、それらの付箋に書き出した項目をウィキペディアで調べます。必要なのは概要と年代。それを把握したところで、出版年と共にもう一度新しい付箋に清書します。第二付箋です。そうやってウィキペディアを読んでいると、関連する別の項目の名前も上がってくるので、それについても第二付箋を作ります。

付箋を増やしていく間に、出版物だけでなく、その時代で起きた大きな事件も関係しているかもな、と思いつきました。すべてを網羅するのは当然無理なので、誰にでも思いつく大きな事件だけを記しておくことにしました。

これで、大きな事件とその時代の思想が横に並べられます。年表のできあがりです。

img_7186

img_7187

img_7188

img_7189

さいごに

こうしてできあがった年表は、これだけで一つのアウトプットではありますが、もちろんこれで終わりではありません。むしろ、より大きなアウトプットを促すためのものとして機能します。

この年表を文章で記述してもよいでしょうし、思想同士の関係や、時代背景の影響、あるいは「語られなかったこと」を考察しても面白いでしょう。どちらにせよ、知識を整理し、体系化して眺めてみないことには、こうした視座にはなかなか至れません。知識が断片のまま、あちらこちらに散らばっているだけだからです。

もちろん、書店に出かければ、こうしたことを「代わりにやってくれている」本は見つかるのかもしれません。それはそれで大きな時間の節約につながるでしょう。でも、私は別に受験勉強をしているわけではありません。単に、これが楽しいからやっているのです。大人の勉強なのです。

それはやっぱり、自分の手を動かしてナンボなのです。

Send to Kindle

WordPress Themes