東京で囲まれてきました。

4月28日、以下の会が行われました。

東京で #らした先生を囲む会

倉下忠憲先生のファンミーティングを開催します!

※豪華絵描き陣による、私のイラスト
20130428130821

20130428145059

生まれて32年と11ヶ月になりますが、まさか自分のファンミーティングなるものが開催されるとは、夢にも思っていませんでした。感激を通り越して、もはや現実感がありません。まあ、そんなことをいえば、自分が物書きになることも、びた一文想像したことはありませんでしたが。

会の中身については、以下のトゥギャッターをチェックすると、多少は確認できるかもしれません。
※一部、会にまったく参加していない人のつぶやきもまじっています。

#らした先生を囲む会 ( #らした会)まとめ

いろいろ思うことはたくさんあるわけですが、それらは少しずつ消化していく必要がありそうです。

とりあえず、参加していただいた皆さん、会を取り仕切っていただいた皆さん、どうもありがとうございます。

一人でずっと家に籠もりながら作業をしていると、コンパスの針が落ち着きなく振れてしまうことがあります。「自分のやっていることって、何か意味があるのだろうか。この方向で合っているだろうか」という迷いです。頭をぶるぶると振って、そういう思いはどこかに逃がすわけですが、完全に捨て去ることはできません。なんといっても発生源は私自身なのです。じわじわと足下を浸していく水のように、その懸念は私の体温を少しずつ奪っていきます。

今回直接お話させていただいて、「そうか、そんな風に読んでもらえているんだな」と驚きを新たにしました。その驚きには、確かな暖かさがあります。

なんだか、文章が感傷的になっていますね。まあ、そういう記事もたまにはありでしょう。

とりあえず、会に参加させていただいて、嬉しい気持ちでいっぱいになっております。今後とも、よろしくお願いいたします。

▼こんな記事も:
東京で #らした先生を囲む会(略して #らした会)、大盛況でした!(カフェパウゼをあなたと)

[イベント]らした会に参加しブログの可能性について多いに考える(るうマニア)
▼新刊発売中:

ソーシャル時代のハイブリッド読書術
ソーシャル時代のハイブリッド読書術 倉下 忠憲

シーアンドアール研究所 2013-03-26
売り上げランキング : 81463

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です