Evernoteの整理好きに聞きたい3つのこと

気になります。

沖縄でもやりたいこと(ライフハック心理学)

いま、沖縄に来ていてもやりたいことをやっています。Evernoteの整理です。

いったい何のために整理をするのか、と人は尋ねますが、私はわかってきました。整理がしたいのです。整理をした先にあるものも大事ですが、整理をせずにはいられないのです。

もちろん私もEvernoteユーザーであり、かつ四次元ポケットのようになんでも放り込んでいますので、「Evernoteを整理したい」という気持ちは共感できます。

ただ、沖縄に行ってまでEvernoteの整理をしたいかというと、それは微妙なところ。私なら断然、青い海を臨みながら、いそいそと読書に励むことでしょう。

さて、上の記事を読みながら、ふつふつと疑問が湧いてきました。それについて書いてみます。

Do you like?

まず、最初に浮かんだのは

「整理好きなのか?」

という疑問。

つまり、「Evernoteの整理が好き」というバックグラウンドに「整理全般が好き」という要素があるのかどうかです。もし、そういう要素がないとすれば、「Evernoteの整理が好き」という心的傾向は、一体何を意味するのか。

それが気になりました。

「本棚の整理が好き」と「Evernoteの整理が好き」は、一見似ているようで違った<素因>がありそうな気がします。

How?

次に気になったのが

「Evernoteの整理とは、実際にどんな行為を指しているのか?」

です。

もちろん本人にとっては自明のことでしょうが、案外共通理解が成立してない事柄かもしれません。

「inbox」から他のノートブックにノートを移動させるのも整理です。定期的にゴミ箱をカラにするのも、タグの「表記の揺れ」を統一するのも、死んだ後に見られたら困りそうなノートを削除するのも、ノート数削減のためマージをせっせと進めるのも整理と言えるでしょう。

ある人が「整理」と呼ぶ行為は、一体どのようなものが含まれているのか。

この疑問は、次の「気になること」とも関連してきます。

ideal?

「心ゆくまでEvernoteの整理が終わったとき、Evernoteはどのような状態になっているのか?」

感覚的な答えになるかもしれませんし、機能的な答えになるかもしれません。

ともかくダムを止めて(新規ノートの生成がゼロで)、Evernoteの整理を進めていき、「十分に整理し終えた」と思った瞬間、そのEvernoteは(自分にとって)どのような状態になっているのか。つまり、「整理」という行為が目指している終着点の姿を知りたいのです。

とすれば、二つ目の疑問はそのための「手段」を解明するものと言い換えられるでしょう。

若干方向性が違いますが、

  • コンビニに買い物(終着点)→散歩の代わりに歩く(手段)
  • ハワイに新婚旅行(終着点)→飛行機でひとっ飛び(手段)
  • 温泉地に傷心旅行(終着点)→どんこうでノンビリ(手段)

のように、手段と目的の両方を捕まえることはとても大切です。片方だけだと不完全な理解にしかなりません。

さいごに

「何のために整理している」

という目的がなくても__そこに整理対象があるからだ、になるでしょうか__、整理という行為には、その内側に目指している方向性が必ずあります。簡単に言えば「整理された状態」に向かって進むのです。

問題は、その「整理された状態」というのがどのようなものであるのか、です。そこにはきっと個性の要素が入り込んできますし、それはつまり非常に気になる対象だ、ということです。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle

4 Comments

Other Links to this Post

  1. News Clip September 4th – News Clip — 2013 年 9 月 4 日 @ 6:18 PM

  2. Evernoteの整理好き | ライフハック心理学 — 2013 年 9 月 7 日 @ 8:01 AM

  3. Re:Evernoteの整理好きに聞きたい3つのこと — 2013 年 9 月 7 日 @ 4:50 PM

  4. 「Evernoteの整理好きに聞きたい3つのこと」への私の回答 | Cross Mode Life — 2013 年 9 月 18 日 @ 11:57 PM

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes