07参院選への動向 ⑤

参院選候補者アンケ:与野党とも、最大争点は年金・医療

 毎日新聞は13日、参院選の立候補者377人を対象に実施したアンケートの結果を集計した。11の選択肢を用意して参院選の最大争点を聞いたところ、与党候補の65%、民主党候補の69%が「年金・医療制度改革」を選択した。年金記録漏れ問題をめぐり、政府の対応に理解を求める必要性を感じる与党、攻勢を強めることが追い風になると判断する民主党という立場がうかがえた。全体でも53%(190人)が年金・医療制度改革を挙げ、「年金選挙」であることが裏付けられた。

というわけで、まあ年金が焦点であることは間違いないですが、「年金選挙」とまで言い切れるのかが微妙なところ。とにかく民主党は現状の年金制度の問題点を突き続けるしかないでしょう。

おそらく年金に関しては多くの国民の方が不信感を持っておられるでしょう。しかしもうすでに受給されておられる方はまったく関心がないかもしれませんし、20代のフリーターなんかもある意味では関心がないかもしれません。

となるとその中間層のサラリーマンとその配偶者がどの程度選挙に行くか、ということで結構結果に影響を与えるような気がします。

税制改革「国民は参院選に影響すると意識」 税調会長

政府税制調査会の香西泰会長は13日の記者会見で税制改革と今回の参院選の関係について「国民が与野党の主張をきいて判断する。すでに裁判は始まっている」と述べ、税制改革問題が投票時の重要な判断材料になるとの認識を示した。

安倍総理がどういいつくろっても、最終的に自民党は消費税を上げるつもりがある、ということは投票者として理解しておくべきでしょう。民主党が政権についてもその問題は結局避けて通れません。が、とりあえずそういうことは知らなかった、というのはそろそろ通用しません。

杉村太蔵氏が農相に領収書公表要求 自身のブログで「不信感当然」

 自民党の杉村太蔵衆院議員は12日付のブログ(日記風サイト)で、赤城徳彦農相の事務所費問題に絡み「なぜ領収書を公開しないのか。公開を拒否する姿勢から、不信感を抱かれるのも当然だ」として、赤城氏に公表に踏み切るよう求めた。

政治家というよりはその辺のにーちゃんの発言ですね。公表したらまずいことになるから公表しないのであって、しかもそのまずいことは自民党に影響を与えるわけです。
まあ、杉村議員は衆議院なので今回の選挙で議席を失うことはないわけですから、思いっきり言いたい放題いえるわけですが。

もちろん、政治家にその辺のにーちゃん的視点というのはもちろん必要です。こういう意見がさまざまあってこその民主主義といえるでしょう。
それとも、革新派をアピールしているのでしょうか?そんな戦略家にも見えませんが・・・。

まあ、自民党の結束力がその程度のレベルでしかないということなんでしょう。さて虎ちゃんは当選できるのでしょうか。この選挙の私の一番の注目点でもあります。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です