KDPの免税処理がどうやら不要になったもよう

拙著『KDPではじめるセルフ・パブリッシング』のコラムの中で、少し税金について触れました。

KDPではじめる セルフパブリッシング
KDPではじめる セルフパブリッシング 倉下 忠憲

シーアンドアール研究所 2013-12-21
売り上げランキング : 568607

Amazonで詳しく見る by G-Tools

米国の源泉徴収が発生してしまうから、それを避けるためには手続きが必要です、といったお話です。どうやら、その仕組みが変わったようです。

KDP米国の源泉徴収の免除についてご案内:※ほとんどの場合、免税処理は必要なくなりました。(Kindle本の制作/作成と販売のコツ)

アマゾンでの免税処理は、現在、Amazon.com(米国)以外で得たロイヤリティは、源泉徴収税の徴収がおこなわれません。

そのため、日本語の電子書籍を出版される場合、免税処理を実施する必要がなくなりました。

上の記事では、アマゾンからの回答メールの内容も合わせて開示されていますが、そこでもはっきりと「日本のAmazon.co.jp のみで、本を出版・販売する場合は、米国源泉徴収税は適用されません。」とあります。日本語で本を作って、Amazon.co.jpで販売するならば、米国云々の話はまるっと忘れてOKということのようです。

米国以外の出版者の源泉徴収税(KDPヘルプ)

米国以外の Kindle ストアで得たロイヤリティについては、Amazon は米国の源泉徴収税の徴収を行いません。

公式ページにもこのように記載されています。

というわけで、これまでKDPをする上で若干のネックであった、英語でのFAXや電話のやりとりみたいなものはざざーっと水に流しましょう。もちろん、Amazon.comの舞台で勝負したいという場合は話は別になりますので、あしからず。

少なくとも、この部分に関してはKDPとKWL(Kobo Writing Life)の差はなくなりました。

あとは本の価格に0円を設定できるかどうかが、大きな違いとして残っていますが、この差はきっと埋められないままでしょう(KDPセレクトの魅力が一つ減るので)。あるいは、という期待もゼロではありませんが、大きい数字でもありません。

ともあれ、KDPに対する(主に心理的な)敷居が下がったことはたしかです。機会をうかがっている方はぜひ。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です