情報カードを持ち運ぶためのシンプル・バインダー

全国の情報カードファンの皆様お久しぶりです。

今回は、最近私が胸ポケットに入れているツールを紹介しましょう。

IMG_5487

ジャン!

情報カードフォルダーです。なんと手作り。DIYです。

材料は、「文庫本カバー」と「ゴムバンド」。以上です。両方100均で買ったので、材料費は216円。お手軽ですね。あと、本体内部に厚紙を使っていますが、処分する予定のハードカバーの表紙を使ったのでそこは無料でした。

カードをとったところ。

IMG_5488

ゴムの部分。

IMG_5489

これをシャツの胸ポケットに入れて携帯し、何か思いついたらぱぱっと取り出して、しゃしゃっと書き込む。書き終えたカードは最後尾に回しておき、家に帰ったら取り出して、Evernoteに転記するなり、カメラで撮影して保存。シンプルな情報の動線が出来上がっております。

いにしえの姿

もともと、このツールは、発案が私で以下のようなものを手作りしていました。

IMG_5490

プロトタイプは凝ってはいけない、という主義のもと文庫本カバーを雑に切り、段ボールとゴムバンドをホッチキスで留めるという荒技で接合していたのです。

IMG_5491

見た目は極端に悪いですが、これを持ち歩いてみるとすこぶる調子が良い。で、しばらく持ち歩いていたんですが、さすがに妻が見かねたのか「私が縫ってあげる」と手を挙げてくれました。そうです、プロトタイプではなく現行のバージョンは、妻の手縫いなのです。つまり、この記事は文具DIY自慢のように見せかけたのろけなんですね。いやはや恐ろしい。

さいごに

ちなみに、使っているカードは、普段愛用している5×3ではなく一回り大きいB7サイズです。

ゴムバンドの分、記入できる面積が小さくなってしまうので、それを見越して一回り大きいサイズを採用した__というのではなく、間違って買ってしまったB7サイズを5×3だと思い込みながらプロトタイプを作ってしまった、というのが本当のところなのですが、怪我の功名というか一回り大きいサイズにしたことにより、使用感は良くなりました。5×3で同じものを作っていたら、少々手狭に感じたことでしょう。

今回はこのツールを、大特価で皆さんにお届けしたいところですが、残念ながら家内制手工業なので大量生産は望むべくもありません。材料自体はすぐに揃えられるので、ご興味を持った方はぜひDIYしてください。

あるいは、こういうのもあるようです。

5×3情報カードを手軽に携帯&ジョッターのように使うための製品.TOTONOE 『Carry Board』(tadachi-net 出張所)

では、楽しい情報カードライフをお送りください。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です