WorkFlowyからScrivenerへインポート

WorkFlowyからScrivenerに綺麗にインポートする方法を紹介します。

大まかな手順は以下の通り。

  • WorkFlowyからopml形式でExport
  • そのデータからopml形式のファイルを作成
  • そのファイルをScrivenerにインポート

エクスポート

WorkFlowyに以下のような項目があったとします。

screenshot

Exportからopml形式を選択。コピーします。

screenshot

何かしらのテキストエディタで新規ファイルを立ち上げ、さきほどコピーしたものをペースト。それを保存します。名前はなんでも構いませんが、拡張子を.txtではなく.opmlとしておきましょう。

※insert.opml
screenshot

インポート

Scrivenerで取り込みたいプロジェクトを立ち上げます。

screenshot

メニューの「File」から「Import」→「Files…」を選択。先ほど作成したopmlファイルを指定します。

すると、以下のように綺麗にアウトライン構造が取り込まれます。

screenshot

ちなみに、WorkFlowy上のNoteは、Scrivener上ではSynopsisと本文の両方に入るようです。

screenshot

さいごに

Scrivenerはアウトラインモードの機能があまり強くないので、WorkFlowyでアウトライン上の作業を行い、本文の執筆はScrivenerで、というやり方に使えるかもしれません。

また、Noteが本文として取り込まれるので、WorkFlowy上で執筆を進めていき、PDFやその他ファイルへの出力のためにScrivenerを経由させる、という使い方もできるでしょう。

どちらによせ、両方優秀なツールです。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です