1月14日 経済・株式ニュース

今週の見通し・株式、米金融決算にらみ下値探る(日本経済新聞)

今週の株式相場は米金融機関の決算などをにらみ下値を探る展開か。信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題に伴う米金融機関の追加損失の規模を見極めたいとの思惑から、週前半は様子見気分は強まりそう。国内景気の先行き不透明感も上値の重しとなり、積極的な買いは期待しにくい。日経平均株価は終値で1万4000円を下回る可能性もありそうだ。

とりあえず、15日のシティの発表を見てから、という雰囲気は多そうです。週後半からの勢いがあるのかどうか、が下値を探るポイントになりそうです。

 今週は本格化する米金融機関の決算発表が日本株にとっても最大の焦点となりそう。シティグループなど一部金融機関がサブプライム問題に絡む追加損失を計上するとの見方が多く、実際の規模を見極めたいとの意識は強い。同時に発表が見込まれる資本増強などの対策が世界的な金融不安の後退につながると評価されれば日本株にもあく抜け感が広がる可能性がある。

ある程度の損失の規模が出てしまえば、出尽くし感というのはあるかもしれませんが、それでも景気後退の懸念というのはぬぐいきれるのかどうかが微妙なところです。
積極的な買いが入るほどの数字が出るのか出ないのか、というわけでやはり15日16日あたりは様子見でしょうか。

今週の見通し・円、高値圏で推移(日本経済新聞)

 円相場は高値圏で推移するとの見方が優勢だ。金融市場や米経済の先行き悪化懸念を背景に、ドルは売られやすい展開となっている。市場参加者の予想は1ドル=107―111円台に集まっている。

107円くらいならまだ許容できる範囲でしょうか。しかし今のところ円高円安ということよりも、原油価格と、米国経済の状況という直接的な数字の方が日本の株式に大きい影響を与えそうです。

 米景気の減速懸念も強まっている。前週、米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は米景気の下振れリスクを強調した。米景気指標が相次ぐなか、12月の消費者物価指数への関心が高まっている。景気後退と物価上昇が同時進行するスタグフレーションとなればドル安につながるとの見方がある。

米国もそうですが、日本でもスタグフレーションになりうる可能性は十分あると思います。この辺でガソリン価格を下げておかないとねぇ・・・。

今週の見通し・NY株、荒い値動きに(日本経済新聞)

 今週の米株式相場は値動きの荒い展開となりそうだ。サブプライムローン問題が深刻化し、金融機関の追加損失が拡大する懸念がある。住宅市況の悪化が個人消費に悪影響を及ぼし始め、米景気に対する先行き不透明感が広がっている。

だっそうです。

製粉会社向け、小麦30%値上げ・4月、政府調整(日本経済新聞)

農林水産省は政府が輸入している小麦の国内製粉会社への売り渡し価格を4月から30%程度上げる方向で調整に入った。中国やインドなど世界的な需要拡大で小麦の国際価格が高騰しているためで、昨年4月の1.3%、10月の10%に続く値上げになる。パンやうどんなど小麦を原料に使う食品の価格にも影響を与えそうだ。

これでさらに食品への値上げが増えるでしょう。さっきも書きましたがそれが消費の減退に繋がればスタグフレーションに陥ってしまう可能性は十分にあります。
そうなってしまうと、そこから回復するのには大幅な時間と税金が必要です。そうなる前に食い止めるべきですが、はたしてそれほどの余力があるのでしょうか。
他国の船に給油している場合なのでしょうか・・・。

イスラム金融、資産110兆円・2010年推計(日本経済新聞)

急拡大するイスラム金融の資産規模が2010年には1兆ドル(約110兆円)を超える見通しとなった。原油高で中東産油国のマネーが膨らむ一方、イスラム圏でインフラ整備など資金需要が旺盛なためだ。イスラム教は不労所得である利子の受け払いを禁じており、イスラム金融は主にイスラム圏で実施されるリスクのある投資からの利益分配を基本としている。米欧に続いて日本の金融機関もイスラム債券(スクーク)の引き受けなどに乗り出している。

しっかしまあ潤沢な資金ですね。とりあえずこのあたりのお金がどばーっと流れ込んでくれれば大きく流れが変わるんでしょうけども。

今週は日経平均どのように動くでしょうか、上に向くことしたらこの辺からでしょうし、ここキープできないなら急転直下ということもあり得そうでなかなか寒いですね。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes