しかるべき書き方を見つけるための練習

僕たちは、文章の書き方は知っている。


僕たちは、新しいことを言おうとするとき、それを表現するにふさわしい新しい文章を書こうとする。

僕たちは、文章の書き方は知っているが、そうした新しい文章の書き方は知らない。
なぜなら、その文章は未だかつて誰にも書かれたことがないからだ。

僕たちは自転車に乗る。
でも、すぐに運転できるようにはならない。
ぎくしゃくとハンドルをキープしたり、ときどきひどく転けたりしながら、自転車の扱い方を学んでいく。
運転しながら(運転しようとしながら)、その技術を学んでいく。

文書の書き方も、同じだ。
文章は書きながら、書き方を覚える。

新しい文章の書き方も、同じだ。
新しい文章の書き方は、書きながら覚えていく。
たった一度だけしか使えない、書き方を。


完成に向かって文章を書いているとき、何度も書き直すことがある。
細かい表現だけではなく、大きな構成をいじったりもする。

書き直すことは、何度も何度も発生する。

それは、そう、自転車で転けるようなものなのだ。

その執筆は、実践であり練習でもある。しかるべき書き方を見つけ出すための練習。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です