ScrivenerにiOSアプリが登場。さて、ファーストインプレッションは

統合執筆環境ツールであるScrivenerにiOSアプリが登場しました。iPhoneあるいはiPadで使用可能です。

Scrivener
カテゴリ: 仕事効率化, ブック

アプリの感覚などは、公式動画をご覧頂ければ十分でしょう。

機能については、他のブログさんがきっと上げてくれることを期待して、当記事では軽く触れるに留め、ファーストインプレッションを中心にお送りします。

位置づけと画面紹介

まず、比較ですが、フルスタックバージョンがMac版であり、それとかなり近いバージョンがiPad版、そして簡易版がiPhone版と位置づけられそうです。コアとなる機能はどのバージョンでも同じであり、どれもが十分に「Scrivener」ではありますが、できることには違いがあります。

その点を考慮すると、メインで使うのはMac版、モバイル用途はiPad版、ちょっとした作業はiPhone版という使い分けが良さそうです。公式動画でもiPad版が選択されていることを考えると、iOSアプリの中心はiPad版と見ておいてよいでしょう。

では、ざっくりとiPad版の画面紹介。

IMG_0720

アプリを立ち上げた状態では、中身は空っぽです。すでにMac版を使っている方は、Dropbox経由でファイルを取り込むのが良いでしょう。

IMG_0721

DropBoxと連携させ、リンクするフォルダを決定します。デフォルトのままであれば、DropBox直下のAppsフォルダにScrivenerフォルダが作成されるので、そこにScrivenerファイルを投げ込めばOKです。

IMG_0722

インポートするとこんな感じになります。

IMG_0723

当たり前ですが、Mac版と同じ構成になっています。エディタもごく普通にリッチテキストが扱えますし、書式設定のいくつかはきちんとMac版で設定したものを引き継いでいます。エディタ背景色の選択は限られていますが、#000000~#FFFFFFで選びたい人はそれほどいないでしょう。

IMG_0724

iPad版では、コルクボード画面もきちんと表示されます。

IMG_0725
※カードを指で動かせる

これ、結構良いんです。Mac版だとマウスで操作するんですが、iPad版だと指でカードをいじれます。「まるで情報カードを扱っているような感覚」__これが宣伝文句としてどれだけ機能するのかは謎ですが__がちょこっと味わえます。ただし、画面サイズの問題は残りますが。
※だれかiPad Pro版の感想を。

他のツールで言うところのExportに当たるcompileもきちんと実装されていて、Mac版ほど細かい指定はできませんが、PDFやらなんやらに書き出すことが可能。ちょっとした原稿、あるいはプレビュー用のファイルくらいならiOS版でも問題なさそうです。

わざわざ買う意味は?

少し触った印象では、「モバイル版のScrivener」という感触で、Mac版の完璧な代替とはなりそうもありません。あくまでMac版との併用が前提といったところでしょうか。

大きな違いは、以下の二つ。

  • テンプレートからのプロジェクトの作成
  • compileの微妙な設定

Mac版では、標準でさまざまなテンプレートが準備されていますし、自分でそれを作ることもできます。私みたいに「何冊も電子書籍を作る」ような場合は、テンプレートが使えるとかなり省力化が図れます。この点は、長期的に使って行く上で結構大切です。ただし、これは今後のバージョンアップで使用可能になるかもしれません。

もう一つは、出力であるcompileについて。

正直私は、Scrivenerの最大の魅力は「精緻なcompile制御」にあると考えています。詳細は割愛しますが、本当にかなり細かい制御できるのです。複数のテキストをまとめて別の形式に出力するツールは他にもありますが、これくらい細かい制御ができるツールはなかなかありません。その機能だけでも十分使うに値します。

現状iOS版では、それほど細かい設定はできませんし、狭い画面に大量の設定項目が表示されてもそれはそれで使いづらいものがありそうです。その意味で、やはりメインはMac版であり、iOS版はそのモバイルタイミングを埋めるものと言えるでしょう。

逆に言えば、モバイルタイミングがまったく存在しないなら、「あえて」買う必要まではないかもしれません。「あったら便利」であるとは言えそうですが。

Ulyssesとの比較

となると、似た__それでいて全然別の__アプリのUlyssesとの比較が気になってきます。

Ulysses
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル

まず、MacとiOS端末でテキストを共有する、という用途に限って言うならば、Ulyssesに軍配が上がるでしょう。一番の違いは、Ulyssesはマークダウンであり、それはつまり普通のテキストファイルということです。世の中にはリッチテキストでなければいけない文章というのもあるのですが、メモ段階ではプレーンなテキストで十分がことが大半です。

またUlyssesは、シングルライブラリであり、どこのプロジェクトにも所属しないような所属不明メモを簡単に扱うことができます。Scrivenerはあくまで「プロジェクト単位」であり、所属不明なメモの管理には向いていません。

ただし、Ulyssesは構造を構築することはあまり得意ではありません。むしろ「かなり面倒」と言ってよいでしょう。一つの階層を作り、そこにテキストの断片を配置した上で、それぞれを並べ替えることは非常に得意なのですが、そこから複雑な構造を立ち上げていくことには最適化されていません。細かい構造は文章の中のマークダウンで明示することになりますが、書き手として見た場合、全体の見通しが立ちにくい状況がそこにはあります。

Srivenerはファイルそのもので構造を明示するので、そのコントロールは圧倒的に優れています。

さいごに

先日『月刊群雛 2016年 07月号』寄稿した「「月くら」計画から考えるセルフパブリッシング戦略」は、Ulyssesで執筆しました。たしか5000字くらいはあったと思いますが、構成自体は階層一つ分で済んだからです。

もしこれが「第一章」「第二章」「第三章」とあり、それぞれに節や項が入り込んでくるような中規模の構造を持つ文章(というか本)であれば、Scrivenerが活躍したことでしょう。

Scrivenerは、シングルライブラリではなくワンプロジェクト指向で、中規模以上の構造構築に適しており、精緻な書き出し制御ができる__そういうツールです。そして新たに登場したiOS版は、そのプロジェクト進行の、モバイルタイミングを埋めてくれそうです。

まずは、ファーストインプレッションとしてはそのような印象でした。今後使ってみることで、また違った感想も出てくるかもしれません。

▼こんな一冊も:

月刊群雛 (GunSu) 2016年 07月号 ~ インディーズ作家と読者を繋げるマガジン ~
NPO法人日本独立作家同盟 (2016-06-27)
売り上げランキング: 71,527
考えながら書く人のためのScrivener入門 小説・論文・レポート、長文を書きたい人へ
ビー・エヌ・エヌ新社 (2016-03-18)
売り上げランキング: 2,556
Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です