MemoFlowyのアップデートでEvernoteへの同時送信が可能に

シンプルに書こうと思う。

まず、MemoFlowyがアップデートした。ver.1.5となる。the 詳細は以下の記事をご覧頂きたい。

進化を続けるMemoFlowyが獲得した3つの新機能(MemoFlowy Ver.1.5) | 単純作業に心を込めて

注目したいのは、有料アドオンとして実装された「Evernote送信機能」だ。

WorkFlowyを操作するアプリなのに、Evernoteへ送信機能? そう、Evernoteにも送信できるようになったのだ。しかも、同時に。

この「同時」がポイントである。言い換えれば、たったワンアクションでいい。それで一つのメモがWorkFlowyにもEvernoteにも送信される。まずはこの意義を検討してみよう。

ストックと操作のジレンマ

WorkFlowy周りがどんどん便利になるにつれ、耐え難いジレンマをいつも感じていた。文章で表現すれば、こうなる。

「ストックはEvernoteにしたい。操作はWorkFlowyでしたい」

情報の保管場所として、Evernote以外の選択はありえない。情報は一元管理するのが肝である。Webに漂うさまざまな情報と、思い付きの一行メモを何の葛藤もなく一カ所で保存してくれるツールは、やはりEvernoteなのだ。

しかし、Evernoteは断片を組み立てる機能は弱い。そこはWorkFlowyでやりたい。
R-style » Evernoteのノートブック内を整理するときの荒技でも少し触れた。

だから私は、Evernoteに蓄積したアイデアノートを(そのノートタイトルだけ)WorkFlowyに移したこともある。これはこれで操作性が上がったのだが、「どちらがメインで、どちらがサブなのか?」という疑問が残る。その疑問は、全体の運用を危うくしてしまう。

screenshot
※WorkFlowyに移植されたアイデアノート群

結局、宙ぶらりんの状態が続いていた。

動作チェック

MemoFlowyのアップデートの情報を聞いて、深いことは何も考えず、とりあえずアドオンを購入し、設定を覗いてみた。

いくつか実際にテストしてみると、非常に快適なことがわかった。面倒なことはないので日常的に運用していくことは可能だろう。でも、どうやって?

Evernoteへの送信は、ノートブックが選択でき、ノートのタイトルも選べるようだった。とりあえずデフォルトのまま使うと、日付をタイトルにしたノートが作成され、そこにどんどんメモが追記されていく形となる。PostEver的な運用と言えばわかりやすいだろうか。

設定を変更し、トピック名の指定を空欄にしておけば、一行目がタイトルとなるノートを作成してくれる。これは一般的なEvernoteメモ送信アプリと動作は近い。

私が注目したのは、PostEver的な運用法の方である。何かしら引っかかるものがあった。

仮説と実験

おそらく、ノートへの追記は、ノートブックとノートのタイトルで検索して、追記するノートを特定しているのであろう。だとすれば、別にMemoFlowyが作成するノートでなくてもいけるはずだ。タイトルの書式さえ揃えておけば、あらかじめ私が作っておいたノートであっても追記できるだろう。

テストしてみると予想通りであることがわかった。よし、一歩前進。私の眼差しは、「デイリータスクリスト」に向かっていた。

「デイリータスクリスト」は私のタスク管理の基本ツールであり、一日分のタスクをまとめて書き込んでおくためのEvernoteのノートだ。そのノートはたとえば、7月28日(木)というようなタイトルで、以下のような形になっている。

screenshot
※左がスケジュール、中央がタスク、右が作業ログ。欄外はすべてフリーライティング領域

このようなノートが一年分、つまり365枚(閏年は366枚)、あらかじめEvernoteに作成してある。ここにメモを追記していくようにすれば、どうなるだろうか。

デイリータスクリストは、その日はタスクリストとして機能するが、一日を超えればそれはログとなる。実際私も、そのノートにいろいろな行動ログや作業ログを書き残している。だったら、そこにメモも追加すればいいではないか。

カスタマイズと運用

それまでのデイリータスクリストは、「7月27日(水)」のような書式でタイトルが付いていた。しかし、MemoFlowyは「07月27日(水)」のような書式である。微妙に違いがある。それに、ノートタイトルで検索しているなら、日付だけではなく年も付けておいた方が紛れが少なくなるだろう。

そこで一年分すべてのノートのタイトルを「2016年07月27日(水)」というように変更した。安心して欲しい。AppleScriptでやったので2分くらいで済んだ。


※2016年7月27日 9:46追記

別にノートのタイトル変えなくてもよかったみたいです。


ともかくこれで準備万端である。実際に使ってみると、こうなる。

screenshot
※Evernote。二行目のメモは直接書いたもの。

screenshot
※WorkFlowy。前日のメモも見える。

これで、メモの操作場所はWorkFlowyとなり、Evernoteはその痕跡を刻む場所となった。WorkFlowyでどれだけメモを操作しても、「何年何月何日に何をどんな順番で思いついたのか」というログはEvernoteに残る。安心のバックアップ体制である。

さて、これでいいのだろうか。

さいごに

正直、この体制を作ってまだ一日目である。本当にこのスタイルが(自分にとって)効果的なのかは、判然としていない。今回の記事は、MemoFlowyの新しいバージョンアップはこう使えるよ、というアイデアをシンプルに書いただけである。

とりあえず、一つ言えることは、今回のMemoFlowyの新機能は「デジタルメモとポケット一つ原則」に一石を投じたということだ。それについての考察は、実際の運用を重ねてから書くとしよう。

あとは、同時送信先にTwitterが選択できるようになれば、ツイート中毒者の私にとっては最上である。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です