アウトライナー・ライティングの型 〜その3 アペンディング〜

アウトライナーを使う執筆方法を考察していきます。今回は第三回。

参考文献は『アウトライナー実践入門』ですので、そちらもよろしく。

基本のき

今回は非常にシンプルです。

前回「ブラウジング」を紹介しました。アウトラインをざざっと眺めていく行為のことです。その際、「これとこれは近しいな」と思うだけでなく、「ああ、そうだこれもあった」「これも並べておきたい」と思うこともあります。そうなったら、追記しておきましょう。

screenshot
※ブラウジング

screenshot
※書き加えた

これは、単純に同一階層に項目を付けくわえるだけであり、言ってみればアウトライナーの一番基本的な使い方です。あえて説明の必要はないかもしれません。

ただ、少しだけ込み入ったことを書いておくと、上記のようなブラウジングからの追記は、既存の要素の隙間を埋めるものですから、「fill the gaps」的と言えます。そして、白紙のアウトラインに新しく項目を並べていくことも、広い意味では「fill the gaps」なのです。これが持つ意味については言及しませんが、アウトライナーを使う上では大切な感覚であることだけをここでは述べておきます。

基本のほ

さて、上記の例では、同一の階層に要素を追加しました。違うパターンもあります。

screenshot
※下位に追加した

このように下の階層に書き加えるやり方です。これもまたアウトライナーの基本的な使い方の一つです。そして、ここに少しだけ難しさが入り込んできます。つまり、同一と下位はどのように使い分ければいいのか、という問題が発生するのです。「正確」な使い方を気にする人であれば、結構な難問でしょう。

これを言葉で説明するのは簡単なのです。並列の要素をならば、同一階層に、従属する要素ならば、下位の階層に。間違いはないでしょう。問題は、頭に思い浮かんだことが並列なのか従属なのかをどのように見分けるのか、という点にあります。こればかりは言葉で説明しようがありません。

なので、ここではふんわりとした解説に留めておきます。

「要素を補完する場合は、同一階層に。より詳しい説明をする場合は、下位の階層に」

感覚的に、あれもあったこれもあったと思いつく場合は同一階層に配置し、これについてもう少し説明してみようと思う場合は、下位の階層に配置する、ということです。

これはルールというわけではなく、あくまで目安のようなものです。1ペイン型のアウトライナーでは、要素の移動は自由自在なので、ある段階で同一階層にあっても、別の段階で上位、あるいは下位に移動させることは容易です。ですから、あまり「正確」さを気にする必要はありません。自分の感覚に沿って並べていくのが一番です。

基本のん

さて、下位に要素を加えることがあるのならば、上位に要素を加えることもあるでしょう。たしかにあります。

しかしそれは、第一回で紹介した「ドリッピング」なのです。なので、ここでは解説はしません。

よって、要素の追加については3つの方向性が確認できました。

  • 同一階層への追加
  • 下位の階層の追加
  • 上位の階層の追加

このうち「上位の階層の追加」は、ドリッピングと呼び、それ以外の二つを「アペンディング」と呼ぶことにします。対称性を気にされる方ならば、なかなか気持ちの悪い名前の付け方でしょう。対称性に気を配るなら、同一階層だけをアペンディングと呼び、上位をドリッピング、下位に何か別の名前を割り当てるのが良さそうです。

しかし、私が思うに、同一階層及び下位の階層への項目の追加と、上の階層への項目の追加は、頭の動かし方に如実に違いがあります。比喩的に言えば、重力に逆らうような何かが必要なのです。なので、その行為をドリッピングと特別に名前を与えました。そして、その他は一つに括って「アペンディング」と呼ぶことにします。

ちなみに、下位の階層に要素を付けくわえる行為でも、実はいろいろあり、それは『アウトライナー実践入門』において、アウトライン・プロセッシングの<型>の一部として紹介されています。本連載は、『アウトライナー実践入門』で定義づけられていなかった操作を定義することなので、そこについては言及しません。ぜひとも、本をご覧ください。

さいごに

さて、ここまでで三つの型を紹介してきました。他にもいろいろありますが、まずはこの三つがあればアウトラインを「育てて」いくことができるでしょう。

  • 同一階層・下位の階層に追加する
  • 似たような要素を近づけておく
  • 上位の階層を追加する

次回は、少し違った角度の型を紹介してみましょう。

▼これまでの連載:
アウトライナー・ライティングの型 〜その1 ドリッピング〜
アウトライナー・ライティングの型 〜その2 マグネッティング〜

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です