【書評】読んでいない本について堂々と語る本(ピエール・バイヤール)

世の中には、タイトルだけで毛嫌いする本というのがあって、そういう本は目次の確認すらしない。読まず嫌い、というやつだ。

しかし、思い切って手にとってみると、その期待が裏切られることがある。もちろん、良い意味でだ。私はそういう経験を二回していて、一回目は『ベストセラー小説の書き方』だった。「へっ、小説っていうのは売るために書くもんじゃねーだろ」と思っていたのだが、内容はちゃんと「読者のことを考えて書こう」という話ですごく納得してしまった。

もう一回が、この『読んでいない本について堂々と語る方法』である。

読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫)
ピエール バイヤール
筑摩書房
売り上げランキング: 3,573

「いやいや、曲がりなりにも本について語るなら、ちゃんと読みましょうよ」と思ってしまうわけだが、著者は「ちょっと待てよ」と問いを投げかける。「そもそも、本を読むってどういうことよ?」、と。

概要

目次は以下の通り。

  • 1 未読の諸段階(「読んでいない」にも色々あって…)
    • ぜんぜん読んだことのない本
    • ざっと読んだ(流し読みをした)ことがある本
    • 人から聞いたことがある本
    • 読んだことはあるが忘れてしまった本
  • 2 どんな状況でコメントするのか
    • 大勢の人の前で
    • 教師の面前で
    • 作家を前にして
    • 愛する人の前で
  • 3 心がまえ
    • 気後れしない
    • 自分の考えを押しつける
    • 本をでっち上げる
    • 自分自身について語る
  • 結び

本書は大きく3つのパートに分かれている。

第1のパートでは、「未読の諸段階」として、読んだことがない本の程度について整理してある。続く第2のパート「どんな状況でコメントするのか」では、本について言及するシチュエーションを腑分けする。最後の第3パートでは、実際にコメントする際の注意点が「心がまえ」としてまとめられている。

基本的には順番通り目を通すのがよいだろう。

鏡像の読書論

タイトルに「方法」とあるが、単純なノウハウ本ではない。むしろ本書は、鏡に映した読書論と言えるだろう。

著者が、ほとんど詭弁気味に持ち出すのは、「読んでいない本についてコメントするのは不遜だと言うけれども、じゃあ読んでいないってどういうことよ?」という問いである。

読んでいない本とそれにたいするコメントについて考えることは容易ではない。そもそも「読んでいない」とはどういうことなのかよく分からないからだ。「読んでいない」という概念は、「読んだ」と「読んでいない」とをはっきり区別できるということを前提としているが、テクストの出会いというものは、往々にして、両者のあいだに位置づけられるものなのである。

この視点が非常にラディカルだ。「読んだ」と「読んでいない」を単純に区別できないとするならば、「読んでいない」がはっきりしなくなるだけでなく、「読んだ」もはっきりしないことになる。

いやいや、そんなことはないだろうと思われるかもしれない。

表紙を眺めただけの本と、目次だけを読んだ本と、一行目から最終行までちゃんと目を通した本。こんなものは明らかに違うだろう、と。しかし、そうして「ちゃんと」読んだ本も、時間が経てばすっかり内容を忘れているのではないか。だとしたら、それは他の「読んでいない」と何がどう違うのだろうか。

これは詭弁に聞こえるだろう。しかし、著者の視点はさらに先にある。

本の外に出る

著者は、読んでいない本についてコメントするのは全然ありだし、むしろ読まないでコメントした方がいい場合すらあると提示する。ここまでくると開き直り以上に、倒錯すら感じられるのだが、そこにあるのは「読書」という行為の本質的な意味づけの変更である。

三つだけ要点を示す。

  • 読書は、本の文章を脳にコピー&ペーストする行為ではない
  • 読書は、解釈であり、改変であり、ある種の創造である
  • 本を知ることは、一冊の本の中身を知ることではなく、その本の「位置づけ」を知ることだ

これが何を意味するのかは本書を直接当たってもらうとして、ともかく著者は、本の中身に「入れ込み」すぎることを警戒している。それは二つの意味で、「木を見て、森を見ず」な状況になりかねない。一つ目は、些末なことに囚われて本全体のメッセージを読み損なうこと。二つ目は、一冊の本に注目するばかり、その他の本との関係に目配せできなくなること。

それは、一冊の本を「神聖化」してしまい、読者をその本の中に閉じ込めることになってしまう。そこから抜け出るためには、「本を読むとはどういうことか?」を改めて考え直す必要があるのだ。

さいごに

「鏡像の読書論」とは、本を読んでいない状態について考察することで、そもそも読書するとはどういう行為なのかをあぶり出す、という意味である。

建前としては、一冊の本はちゃんと読むべきだろうし、幻想としては、人が一冊の本について語るとき、それは同じ「本」について言及しているように感じるものだが、実体はおそらくそうではない。

本書が指し示すのは、ある本を読んでいるかどうかなんて些末なことよりも、他に目を向けるべきことがあるのではないか、という至極健全な提案である。実際にその通りなのだ。

えっ、お前はこの本をちゃんと読んでからこの書評を書いているのか?

それはもう、ちゃんと読んでいる。「ちゃんと」の定義しだいではあるが。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

WordPress Themes