4月8日 経済・株式ニュース

日銀人事、衆院で白川氏らの所信聴取 (日本経済新聞)

ようやく日銀総裁が決まりそうです。副総裁についてはいまだごちゃごちゃする可能性もありますが、とりあえずは一段落、ということになるでしょうか、

「経産省はきちんと説明を」・Jパワー株買い増し問題で金融相(日本経済新聞)

この辺をあまり厳しくしてしまうと、ますます外国人投資家から敬遠されてしまう可能性が高いわけで、その辺の説明はきちんと行う必要はあるでしょう。さすがに鎖国感がかなりあるということだけは確かです。

KDDI、障害者の雇用促進へ新会社(日本経済新聞)

なかなか変わった試みです。これに市場がどのように反応するかというと、あまり影響はないでしょう。さすがに規模が小さすぎますね。まあ全国レベルまでこれを大きくしていくというのならばインパクトは大きいかも知れません。しかし株価に直結するような動きでないことも確かです。政府からの助成金エトセトラというのはでるんでしょうか。気になるところです。

日経平均反落、終値199円安の1万3250円 (日本経済新聞)

というわけで、日経平均は反落。しかも昨日の上昇分を飲み込むほどの下落ということになりました。さすがにダウのチャートもかなり弱そうな雰囲気を備えてい他のに加え、どうも中国関連もやばそうということで、積極的に買いに入る理由はひとつもありません。最近売買代金が3兆に行った試しがないですね。
日銀総裁が決まったところで、もちろん日本経済の先行きが明るくなるわけでも無し。
1ドル103円の壁を越えればもうすこし安定感でるのではないか、とそんな気もするのですが、なかなか壁は分厚いですね。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です