class かーそる < Magazine

知的生産マガジン『かーそる』読んだ – ウラガミ

「1つのメディア」というより「一人ひとりの文章をまとめたもの」っぽい印象。なんというか、アンソロジー的?

「かーそる2016年11月号」の特集1は、このアンソロジー感がかなり強く出ていると思います。なにせ、そういう意図で編集したのですから当然でしょう。

同一のテーマについて、まったく同じ軸で記事を集めるのでもなく、かといって全然バラバラというわけでもない。テーマがあり、リフレインがあり、通奏低音がある。そのような響き、うねりをこの特集1では意識しました(人によっては若干くどく感じられたこともあるでしょう)。

でもって特集2では、テーマ性をもっと緩くし、コラムではまったく関係ない(でも若干テーマと呼応する)連載を載せています。

たぶん、こういうテイスト(作り方)の雑誌ってあんまりなかったのではないかと、勝手に考えています(もちろん、雑誌研究家ではないので断言はできません)。

「かーそる」は、雑誌的であり、雑誌的ではありません。それがやりたかったことの一つでもあります。


雑誌(Magazine)というメディアがあり、書籍(Book)というメディアがあります。そしてそこから、__主に流通上の要請によって__ムック(Mook)というメディアも生まれました。これって、MagazineとBookを合体させた和製英語(概念)なのです。そんなものを生み出してよいのなら、別のまったく新しい概念を生み出しちゃっても問題ないはずです。

そもそもメディアとは、よく言われるようにmedium(メディウム)の複数形であり、そのmediumは「真ん中にあるもの」「媒介するもの」を意味します。私はそれを、「間を埋めるもの」として規定します。

だからこそ、情報発信は新しいこと(=まだ誰にも埋められていないこと)を提出しなければならないのです。そして、それが必要であれば、メディアの形態そのものも新しく作り出すべきでしょう。べき、というか、それを生み出すような力学が(あるいは思念や情念が)情報発信には潜んでいるはずです。


「かーそる」は、基本的には雑誌です。別の言い方をすれば、「雑誌」クラスを継承して誕生しました。しかし、そこには拡張があり、変更があります。だから、既存の「雑誌」とまったくのイコールにはなっていません。そもそも、まったくのイコールであるならば、わざわざ新しく始める意味はないでしょう。

それでもなお、この「かーそる」は雑誌です。だって、もう、そう呼ぶしかないですよね。少なくともこのメディアは、書籍ではありませんし、ムックでもありません。一番近しいものを何か挙げるとすれば、それは雑誌しかないわけです__今のところは__。

さいごに

ちらっとだけ、Bagazine(バガジン)という和製英語を思いつきましたが、ググッたらいくつも見つかったので静かに却下しておきます。

それに「雑誌」というなじみ深い入り口を持っておくのは__中のコンテンツの新しさを考慮すると__案外重要なのではないかとも感じています。それは「ほぼ日」が、新聞を名乗っているのと同じことです。

まあ、名前をどう呼ぶかは別として、「こういうメディアがあったらいいな」と思っているなら、「You、作っちゃえよ」とアドバイスされるのが現代だ、ということです。「かーそる」は、知的生産の技術周りの話をしていきますが、タスク管理を扱う季刊誌とかあっても、いいと思うんですよね。書き手も需要もちゃんとありそうな気がします。

かーそる 2016年11月号
かーそる 2016年11月号

posted with amazlet at 16.11.22
BCCKS Distribution (2016-11-14)
売り上げランキング: 598
Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です