電子書籍の新刊『「目標」の研究』が発売となりました

「月くら」計画の、えぇっと、何弾だっけかな……たぶん第18弾くらいです。

「目標」の研究
「目標」の研究

posted with amazlet at 16.12.13
R-style (2016-12-11)

今回のテーマは「目標」ということで、ビジネス書・ノウハウ書寄りの内容となっています。

「目標」の研究 | Official Website

年末年始も近いということで、「目標」に関する本はぴったりかもしれませんね。

全体で4万字ほどなので、ささっと読み終えられるかと思います。Amazon情報によれば、紙の本で76ページ換算。マックス・ウェーバーの『職業としての学問』ほどのサイズです(もちろん内容はぜんぜん違いますが)。はやければ一日で読めるでしょう。兵は拙速を尊ぶと言いますが、そういう本がもっとたくさんあってもいいなと思う今日この頃です。

あと、本書は珍しく常体で書いています。新しい試みの一つです。

ちょこっと追記

発端は、R-styleの記事セレクションの一環として作り始めたのですが、終わってみたらほとんどまったくの書き下ろしとなりました。その際、思いつく限りの「工夫」を放り込んだので、本書は実に「奇妙な」(あるいは「変な」)本となっています。

そのあたりも含めて楽しんで頂ければと思います。「ビジネス書・ノウハウ書なのに楽しむ?」まあ、その辺が変わっているところです。

月くらについて

ついでに書いておきますと、この本は「月くら」計画二周目(「月くら計画Z」)の六冊目の本となります。

screenshot

「二ヶ月に一冊、電子書籍の新刊を発売する」、というこの計画は、当初の予定では2016年の3月には終了しているはずだったのですが、遅れに遅れて12月となりました。ともあれ、2016年中に完遂できたのは喜ばしいことです。

当然のように、次は三周目の計画となり、「三ヶ月に一冊、電子書籍の新刊を発売する」が目標となります。ああ、ここでも「目標」という言葉が出てきましたね。それはともかく、当初の予定通りであれば、

2016年6月 一冊目
2017年9月 二冊目
2017年12月 三冊目
2017年3月 四冊目

となり、足並みを揃えようと思えば、来年の3月までに四冊の本を発売しなければならないという、ザ・無茶ぶりとなってしまうので、その辺はあっさりと放棄して、再び三ヶ月に一冊のペースで仕切り直していこうと思います。幸い、本の企画案だけはやまほどあるので、あとは粛々と作業をこなしていくだけです。

というわけで、2017年の月くら計画もお楽しみ……と、締めそうになりましたが、もちろん『「目標」の研究』もよろしくお願いします。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です