ルーチンのノロイ

前回:「やることを減らす」というやること


繰り返し。
繰り返しの力。

習慣化。
認知エネルギーの省力化。
素晴らしい。

毎週発行のメルマガ。
5つのコンテンツ。
月〜金で毎日一つ。

月はBizArts。
火はSS。
水は週替わり。
木はエッセイ。
金は今週の一冊。

毎週、毎週繰り返す。
学校の授業のように。
今日何をするのかをいちいち判断しない。
月曜日はこれを書く、と自然に決まる。

それならば。
それであるならば。
どこまでも繰り返していける。
いつまでも繰り返していける。

轍の上を進むのは楽なのだ。

でも。
困ることもある。

たとえば、200回目だとする。
たとえば、新年特別号だとする。
何か変わったことがやってみたい。
そんなことを思いついたとしても。

月曜日にはBizArtsを書いている。
火曜日にはSSを書いている。
水曜日には週替わりを書いている。
木曜日にはエッセイを書いている。
金曜日には今週の一冊を書いている。

気がつけば、メルマガは完成している。
そんなことがよくあった。

意識することなく取り組んで、
意識することなく完了する。

それが轍の力。
それがルーチンの呪い。

ルーチンが悪いわけではない。
むしろ、それはたしかな力を有している。
できれば、積極的に利用していきたい。

しかし、それ以外の視点もたまには持っておきたい。

部屋の空気を入れ換えるように。
クラスで席替えするように。

ルーチン以外のことも、取り組めるように。

▼こんな一冊も:

「目標」の研究
「目標」の研究

posted with amazlet at 17.01.07
R-style (2016-12-11)
売り上げランキング: 2,504
Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です