自由についてのノート その3

前回:自由についてのノート その2


自由についての思索の歴史的な流れを俯瞰してみたわけだが、それでおしまいではやっぱりつまらない。ここから何を考えるのかが、スリリングなのだ。

まず、大きな疑問は、「自由とは何か?」だろう。しかし、これでは漠然としすぎていて、とっかかりがない。もう少し掘り下げが必要だろう。

ノートにまとめながら感じたのは、自由について語る場合、まず「何からの自由なのか?」を意識しなければいけない、という点だ。「自由」そのものは、「自らに由る」(≪由る≫≒≪依る≫)という意味で、一見内側で完璧に閉じた概念のような気もするが、むしろ、「自らに由ることを阻害する要素」との関係性の中で捉えていかなければならない。

それが悪心なのか、国民国家なのか、共同幻想なのか、大きな物語なのか、それとも別の何かなのか。

さらに哲学的な疑問として、「自らに由る」の「自ら」とは何を指すのかの考点も設けておきたい。それが自明でないことは、行動経済学や脳科学が警句を告げている。おそらくこのあたりの話は、青山拓央氏の『時間と自由意志:自由は存在するか』で上げられている、人称ごとの自由の違いが参照できるだろう。

私なりに解釈すると、「自由」の捉え方は人称ごとに以下のようになる。

一人称の「自由」……感じる自由
二人称の「自由」……信じる自由
三人称の「自由」……論じる自由

少しかっこをつければ、それぞれ「主体感覚としての自由」「想定人格としての自由」「純粋概念としての自由」となる。まあ、呼び方はどうでもいい。このように切り分けておけば、どこかの自由がアナーキーな方に針が振れても、残りの自由が欠損することはない。特に、一人称の自由と二人称の自由が欠損すると、私たちがごく普通に行っている「生きる」がややこしくなる可能性があるので、安全弁を設けておくことは有意義であろう。

まとめてみると、全体像はこうなるだろう。

「自由とは何か?」

  • 何からの自由か
  • 人間にとっての自由とは何か
  • 私たちは自由であるべきなのか

中心的に取り組みたいのは、「自由」の辞書的な定義ではなく、その作用である。言ってみれば、自由という感覚は私たちに何をもたらすのか、という視点だ。その功罪(プラスの効果と、マイナスの効果)にメスを入れてみたい。もちろん、その感覚そのものが何よってもたらされるのかも重要だろう。

そうして一周考えてみた後に、「私たちは自由であるべきなのか」を問えば、よりラディカルな意見が出てくるかもしれない。あるいは、結局よくある常識に落ち着くのかもしれない。

ゴールについては、現時点ではまったくわからないが、まったくわからないからこそスリリングなのである。


という風にして、本の骨子となるような疑問は生まれてくる。

もちろん、こういう本を書くと決めたわけではない。単に、知的周遊しているだけである。たまたま、それがどこかに辿り着くことはあるのかもしれないが。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes