誰が情報を広めるのか? もちろん、あなたです。

鷹野凌さんの『出版業界気になるニュースまとめ2016』を読んでいたら、ふと目にとまる一文が出てきました。

(前略)それに対する藤井氏の”やはり誰かが褒めて、拾い上げないと作品は浮き上がってこない”という発言は、実体験に基づいている実感なのだと思います。

やはり誰かが褒めて、拾い上げないと作品は浮き上がってこない

これは、現代のソーシャルメディア時代、そして(広い意味での)電子書籍時代において大切なことだと思います。ちなみに、この文章は記事へのコメントとして書かれていて、参照元は以下の記事です。

対談「50年後の文芸はどうなっているのか?」藤谷治✕藤井太洋 « マガジン航[kɔː]

藤井 いま「エブリスタ」や「なろう」や「カクヨム」で書いている人の中から、デュマみたいに立ち上がってくる人がいないと私は思わないので、面白い作品を見つけたら広めたいなと思っています。やはり誰かが褒めて、拾い上げないと作品は浮き上がってこない。レビューをするスタイルが生まれると、日本の文学界も変わっていくと思います。

私も書き手なのでバイアスがかかっている点はあるでしょうが、それでもちょっとこのことについて書いてみたいと思います。

目にとまる場所

思考実験をしてみましょう。

何かの本が5000部印刷され、それが各店舗5冊ずつ1000店舗の書店に配本されたとします。するとその本は、1000店舗の書店に陳列され、「誰かの目に触れる機会」を得たことになります。

もちろん本当に目に触れられるかはわかりませんし、触れたからといって本が売れるとは限りませんが、たとえ数%でも、「へぇ〜」と思って手にとって、パラパラ立ち読みして、そのままレジに持っていってくれる人が生まれる可能性はたしかにあるでしょう。

で、そんなことが実現されるのは、卸があり、返本制度があり、各出版社さんの営業さんが仕事をしているからです。

では、電子書籍はどうでしょうか。

できるだけモデル化して考えてみます。何かの本が作成され、それが一番大きな電子書籍ストア1店舗に配本(アップロード)されたとします。そのストアは日本中どころか、世界中からアクセス可能で、言い換えれば世界中の人間に向けて販売することが可能ではありますが、その本は検索されるまでは存在しないのと変わりありません。

もちろん営業攻勢をかければ、特集ページなどを組んでもらえることは可能でしょう。セールを大々的に売って、影響を広めることも可能かもしれません。つまり、それは紙の本と事情は同じ、ということです。

話を逆に見れば、書店に陳列されるということは、本の情報を(お客さんに対して)シェアしている、という風にも捉えられます。

支援がない構造

上の思考実験でやりたかったのは、紙の本と電子書籍の比較ではありません。営業的バックアップがあるのかないのかの比較です。

商業出版の本が売れているのは__もちろん作品の面白さはあるにせよ__、売るための活動に予算が投じられ、誰かがそれを実行しているからです。そのような本に関しては、私たちは一読者で在り続けても問題ありません。本の価格そのものに、そのための経費が計上されているからです。そこでは本を買う=コンテンツを支援する、という構造が成りたちます。

では、セルフパブリッシング本やその他のマイナーな作品ではどうでしょうか。

あなたがAmazonストアでセルフパブリッシング本を買ったとしましょう。そして、それを読み終えました。以上、それでお終いです。基本的に、それはどこにも広がっていきません。唯一、「この本を買った人は、こんな本も」のデータ提供に貢献はしていますが、それがたいした意味を持たないのはAmazonで購入活動をしている人ならばご存じでしょう。

つまり、読んだだけでは広まらないのです。

もちろん、たくさんの人が一気に本を購入すれば、Amazonのランキングが急激に上昇し、それに伴って作品が広く知られるような現象は起こるかもしれません。しかし、その「たくさんの人が一気に本を購入する」ような動きはどうやって起こるのでしょうか。最初の誰かがその本の情報をシェアして、ではないでしょうか。

つまり、営業的バックアップが存在しないセルフパブリッシング(やマイナーな作品)において、読者の情報共有行動は営業的バックアップの代わりになるのです。というか、実質的にそれしか方法がない、という場合すらありえます。

シェアすることの価値と意義

本を読むという体験だけをみれば、大手の本でもセルフパブリッシング本でもかわりはありません。しかし、セルフパブリッシング本は、読んでいるだけでは、大手の本と同じようには広まらないのです。あるいは広まりにくい構造を持っていると表現しても良いでしょう。

それまでの一読者=お客さん気分のままでは、面白い作品はなかなか広がっていかない→自分の望むコンテンツが増えない、という状況が起こりえます。

だからそう、シェアするのです。

大げさな書評を書く必要はありません(もちろん、書いてもいいです)。TwitterやFacebookでちょっとした感想をつぶやく。なんなら感想なんてなくても、単に買った情報だけを明示してもいいでしょう。それだけでも、その人のフォロワーさんにその本の情報が広がります。正確に言い直せば、その本の情報が少し多くの人に「目に触れる」ことになるのです。

もちろん、目に触れたからと言って本が売れるとは限らないのはどんな本でも同じです。でも、触れない限りはより多くには広まらないのです。そして、その役割をしてくれる人がいない作品がいっぱいあるのです。

少しだけ本の情報をシェアすること。それで、擬似的にその本は「書店に陳列された」のと同じような効果を持ちます。それがどれだけありがたいことなのかは、自分でセルフパブリッシングしたことある人ならば共感されるでしょう。

別に、アイドルを育てるプロデューサ気分になる必要はありません。単に面白いなと思った本について少しシェアすればいいのです。もしそれが本当に広く広がるような面白さを持っているならば、(タイミング次第では)それは広がっていくでしょう。そうでないのなら、自然淘汰されるだけです。

このような「面白かったら積極的にシェアしていく」気風が広く浸透すれば、営業的バックアップを持たない作品が日の目を浴びる可能性は増えるでしょう。逆にそういうものがなければ、(お金を支払ってでも)そうした行為を獲得しようとする輩が増えていくはずです。それはあまりよろしい未来のようには思えません。

3つの変化

この話は、別にセルフパブリッシング本だけに限った話ではありません。他のメディア環境全般に敷衍できる話です。

世の中には「マイナー」なものがたくさんあり、それが日の目を浴びることなく堆積し続けています。その代わりに、「わかりやすい」「反応しやすい」「お金になりやすい」ものが広まっていきます。これは構造的必然性を持っていることでもあるのでしょう。広義の「シェア」の動機が限定的だからです。

面白いと思ったものを積極的に(ここが大切です)シェアしていくと、たぶん以下のようなことが起こるでしょう。

・マイナーなものが広く知られる土壌が生まれる
・相対的に何かをこき下ろす声が小さくなる
・自分の趣味に見合ったコンテンツが見つけやすくなる

一つ目はここまでに書いた話です。

二つ目は、あくまで相対的な話に過ぎませんが、何かを面白いと評する情報が増えれば、何かを非難する情報の存在感は少しだけ薄まります。結果的に、炎上芸でなんとかしたい人たちにとってはやりにくい土俵となるでしょう。

振り返ってみれば、私たちのウェブ的な振る舞いは、大きなものにはすぐにリアクションを取るにもかかわらず、少し面白いものにはあまり言及をしません。そのような行動の傾向が、ウェブ全体の話題を形成している点は改めて考える必要があるでしょう。小さな良いもののシェアを増やすことは、大ぶりになりがちな(そして炎上になりがちな)ウェブの情報環境を変えることにつながるかもしれません。

三つ目は、情報過多な時代ではかなり重要で、まずは私の話をしておきます。

私自身は買った本はすべて公開していますし、面白い本については程度の差はあれできるだけ紹介するようにしています。なぜか。それは私が他の人の買った本・読んだ本を参考にしているからです。自分が参考にしているのに、自分がそれを公開しないのは、わりとズルいですよね。非対称性のフリーライド。

多くの人が__すべてではないにせよ__買った本・読んだ本の情報を公開してくれれば、好みの本を見つけやすい状況が生まれます。たいていの本の情報が、マス向けかランキングという非常に偏った__そして本選びではほとんど役に立たない__提供のされ方をしている昨今において、「誰かが読んだ本の情報」は非常な価値を持っています。そしてそれが増えれば増えるほど、世の中の情報流通の形態は変わっていくのではないか、という予想もあります(予想でしかありませんが)。

でもって、それがこれからの「情報化社会」に必要なものではないかとも思います。

さいごに

「万人よ、シェアせよ!」

と、煽ればシェアする人は増えるのかもしれませんが、そうした盲目的・群衆的行為によるシェアは、結局マス向けの情報共有と何ら変わりありません。それでは同じことが繰り返されるだけです。

変えるのは少しでいいのです。面白いと思ったものをそのままにせず、少しシェアする。余裕があるなら感想を書くなり、レビューする。ただそれだけです。何もかもを褒め称えて回れなんて話ではありません。これまでなら単に摂取して「面白かった」で終わっていたことを、ちょっと共有してみる。そういうことを日常の中に増やしていく。それだけの話です。

その少しの変化が多くに広まれば、コンテンツの環境は変わっていくでしょう。あるいは、そのような期待を抱くことはできます。

そうした「ちょっとしたシェア」が、__大げさな言葉を使うことを許していただけるなら__情報化社会の市民にとって「当たり前」になれば、コンテンツを評価する指標も動いてくるでしょうし、流通するコンテンツにも変化が生まれてくるでしょう。

日々新しい情報が次々と生み出される社会においては、コンテンツは何もしなければ沈んでいきます。

それを浮上させる力を持つのは、もちろんあなたなわけです。

▼こんな一冊も:

出版業界気になるニュースまとめ2016
見て歩く者 (2017-01-20)
売り上げランキング: 2,656
ウェブ小説の衝撃 ──ネット発ヒットコンテンツのしくみ
筑摩書房 (2016-04-28)
売り上げランキング: 87,747
Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です