そこにないかもしれないメモツール

前回:メモの緊急性

前回は、メモの緊急性について確認した。その性質によって、メモ生成装置は「いつでも、どこでも、すぐに」使えなければならない。今回は、その難しさについて考えよう。


脳は体の一部だ。脳があるところに、体もある。意識があれば脳があり、脳があれば体がある。しかし、ツールはそうではない。ツールは体の一部ではない。意識があっても、ツールがないことがありうる。

ドレスコードによってツールを持ち込めない場所がある。習慣あるいは礼儀としてツールを持ち込むべきでない場所もある。入浴中や大人の営みの最中など、なんとなく忌避される場面もある。あげくのはて、私たちがツールの存在を忘却してしまうこともある。なにせ、私たちの記憶力が心許ないからこそメモをするのだ。だから、メモ生成装置の持ち歩きを忘れてしまうことも念頭に置かなければならない。

私たちの脳にとって、真なる意味でユビキタスなのは脳だけだ。ツールがそこにないことは、可能性としては十分ありえる。

それでも一番可能性が高いのは携帯系ツールだろう。今ならスマートフォンだ。これを「体の一部」みたいに扱う人はたしかに存在する。「バッテリ切れ、即ち死」みたいな人だ。そこまで極端ではなくても、他のツールに比べれば、携帯系ツールは(その定義から言って)「いつでも、どこでも、すぐに」使える可能性は高い。

が、完璧ではない。

携帯系ツールで通話しているときに、その携帯系ツールにメモするのは難しい。バッテリーが切れたらメモはできないし、持ち歩くのを忘れてしまうことすらある。

そもそもとして完全完璧な「いつでも、どこでも、すぐに」を満たすことはできない。その上、一つのツールでそれをカバーすることも難しい。

だから適材適所で運用するしかない。分散型ネットワークで、着想を拾っていくのだ。

(つづく)

次回予告:分散型の運用指針について

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です