新入社員におくるアドバイス 2017

もし、新入社員におくるアドバイスがあるとすれば、どんなものがあるだろうか。

それも説教じみた長々しい言説ではなく、ランチ後のコーヒーで談笑するような感じで。

たとえば、次のようなものを私はあげるだろう。

メモをとろう

面倒かもしれないけど、まあ、メモはとった方がいいね。最初は慣れないというか、ちょっとかっこ悪く感じるかもしれないけど、何か言われたらちょちょいと書き留めておくといい。象は忘れないっていうけど、人間は忘れる生き物だからさ。でもって、忘れると取り返しのつかないことになっちゃうこともあるしね。

ノートを書こう

あと、メモを取ることの延長線なんだけど、ノートを書くことも大切だね。仕事に関する覚え書きや自分なりの感想を書いておくんだ。一歩進んで考察までできれば上等だけど、最初のうちはそんなに身構えなくてもいいかな。仕事において考えることは大切だけど、頭だけで考えるってのは案外難しい。紙とペンを通して考える癖をつけるといいね。数学の難しい式を解くときみたいにさ。

スケジューラーを使おう

これはぜひとも覚えておいて欲しいんだけど、愚かしい失敗の一つに「ダブルブッキング」がある。同じ時間に別々の予定をいれちゃうわけさ。もちろん、必然的にどちらかの予定に穴を空けることになる。でもって、もう片方の予定だって、たぶんウキウキとした笑顔では参加できないだろう。まったくもってよろしくない。単純に予定を忘れることだけでも、単なる失敗以上に信頼を失いかねない。手帳でもクラウドカレンダーでもなんでもいいけど、必ず予定を書き込んでおくといいよ。

やることを整理しよう

最初のうちはあんまり行動の裁量みたいなものはないかもしれないけど、徐々に仕事を任されるようになってくる。すると、次に何をするのかってことが自分で選べるようになるんだ。そうなると、混乱も増えてくる。当然、失敗もだね。やることの整理の仕方って、それこそ本を上下巻で書けちゃうくらい言うべきことはあるんだけど、とりあえず忘れないように書き留めることがスタートかな。細かい話はそれからでいい。

労働に関する法律を知ろう

ここまでの話は仕事の内側についてだったけど、もう少し視野を広げておくのも悪くない。一つの会社に骨を埋める覚悟があるならばともかく__まあ埋められるほどの土があるのかも問題だけどね__、基本的には仕事というのは選ぶものだ。極端なことを言えば、不当な労働環境を強いてくる会社からは逃げたっていいし、なんなら訴えることもできる。そういう考え方は、今のおっちゃんたちにはあんまりないかもしれないけど、現代を生きる君たちはわりと切実な問題になるんじゃないかな。いろいろ知っておくのは悪くないと思うよ。

お金について学ぼう

さらに視野を広げておこう。労働が生活費を得るための行為であるとするならば、お金について知っておくことはとても大切なことだ。もちろん、一円玉を作るのにいくらかかっているのか、という話じゃないよ。経済の仕組み、税金の仕組み、投資や金融商品、そして借金についての知識。そういう話だ。お金について語るのは下世話という風潮もあるけれども、誰だってお金を稼いで、お金を使って生きている。なのにそれを無視するのはちょっとどうかしているよね。陰謀論的に考えれば、そうやってお金についての知識を剥奪しておけば、労働者を管理するのが容易になるって話かもしれないね。ほら、あるじゃない。奴隷に読み書きを教えなかったって話がさ。脱走しても生きていけないから、仕方がなしにご主人様に仕えるっていうパッシブな鎖なわけだよ。まあ、さすがにそれは言い過ぎかもしれないけど、お金について知っておくのはぜんぜん悪くない。少なくとも僕はそう思うよ。

楽しいことを増やそう

あとね、言われた仕事を真面目にこなしているだけだとだんだんつまらなくなってくるよ。人間って慣れちゃう生き物だからさ。だから、仕事以外の趣味をきちんと維持しておくか、あるいは仕事そのものに楽しさを感じられるようになるといいね。研究職の人は、その辺が見事に一致していると思うよ。まあ、それはそれで苦労もあるんだろうけど。学校のように「クラブ活動に入りなさい」なんて誰も言ってくれないわけだから、自分の活動は自分でマネジメントしていかなきゃならない。インプットを広げても良いし、スキルを高めてもいいし、趣味に没頭してもいい。なんでもいいけど、「仕事すること」以外に心の居場所を作っておくことはわりと大切だね。

怪しいセミナーに気をつけよう

で、まあ、こういう話の最後あたりにさ、「だから、このセミナーで勉強しましょう」とか「この会に入って、仲間を集めよう」みたいなことを言ってくる人たちもいるわけだけど、そういうのは十分に気をつけた方がいい。言葉遣いは違っていても、基本的にそういう人たちは君のことを獲物としか見ていないからね。対等な関係にはほど遠いよ。たしかに人が生きる上で夢とかって大切なのかもしれないけども、まずは地に足をしっかりつけることじゃないかな。それは、日常を大切にするってことであって、高価なセミナーや会合にお金をつぎ込むことじゃないと僕は思う。世の中に悪い人はほとんどいないんだけど、あまりよくないことを仕事にしている人は結構いるんだ。それはたぶんお金のことや法律のことなんかを勉強していけば、見えてくるんじゃないかな。あんまり見たくないこの世界の側面なのかもしれなけいどね。

さて、じゃあ、そろそろいこうか。午後は机回りの整理からだね。


さて、あなたはどんなものをあげるだろうか。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です