「私のしごと館」運営委託へ

「私のしごと館」19億円で民間委託、節減5億円(読売新聞)

厚生労働省は25日、雇用・能力開発機構が運営する職業体験施設「私のしごと館」(京都府)の民間委託について、一般競争入札の結果、国際会議や文化施設の運営などを手がける「コングレ」(大阪市)が落札したと発表した。

 落札額は約19億円、委託期間は2年間。厚労省は、同機構の運営に比べ、約5億円の節減につながるとしている。


なんかもう必死ですよね。生き残るために。

毎年10億円の赤字を出し続けていた、そしこ今回民営委託で5億円の節減につながる。ってまだ5億ほどの赤字なわけですが、その辺は大丈夫なのでしょうか?

 コングレは9月から運営を開始し、入場者数の増加や企業広告収入の拡大などで、運営収支の改善を目指す。スペース拡充などによる職業体験事業の強化のほか、職業体験を組み込んだ就職フェアの開催などに取り組む予定だ。

コングレが例えどれくらい経営努力してもまあ利益を上げる形にはならないでしょう。
数字的にまあ見れる、という程度まで持って行ける可能性はなくはないですが、やはり設立当時のコンセプトが今の現状とは全くあっていない上に立地も悪いので根本的な方向転換でもしない限り赤字を生み出し続ける物件になることは間違いありません。

もし廃止が決まったとしたら、じゃあその跡地で何をするのかということをもう今から建設的に考えていった方がよいのではないかと私なんかは思ったりするのですがどうでしょう?



Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です