アイデアの捨て方 〜Evernote編〜

前回:アイデアの捨て方 〜デジタル編〜

Evernoteで〈じわじわ型〉

Evernoteで〈じわじわ型〉を進める場合は、どのようになるだろうか。

専用のノートブックを一つ作り、そこにアイデアを書き留めることがスタートになるだろう。あとは、毎日そこにアクセスし、ちょこちょこ見返しながら、ちょこちょこ手を入れることになる。追記自体は簡単だが、マージしたノードはデザインが結構ダサイし、マージするほどではないが、近くに置いておきたいとか、階層を作って下に配置したい、という要望も叶えにくい。

つまり、あまり向いていない。

Evernoteで〈祭り型〉

では、Evernoteで〈祭り型〉を進める場合は、どうだろうか。

専用のノートブックを作り、そこにアイデアを書き留めていくことは同じだ。そして、それをある程度の期間続ける。一定量ストックが溜まったら、ノートブックからノートを「取り出して」再生産作業を行うことになる。

問題はここにある。いかに「取り出す」のか?

二つあるだろう。一つは、そのノートブックを頭から終わりまで目を通すこと。もう一つは、検索だ。特定のキーワードに引っかかるノートを網ですくい上げる。前者は時間がかかり、後者は一発である。しかし、後者はキーワードに関係しているけれども、そのキーワードが直接書き込まれてはいないノートまでは拾い出せない。さて、どうする。

こうなると、タグ、というアイデアが出てくる。私が何かを思い付き、それが「断片からの創造」に関係しそうだな、と思ったらそのタグを付けておくわけだ。これで後から「断片からの創造」について再生産したくなったら、検索ですぐさまそのノートを取り出せる。

一見綺麗なやり方だが、残念ながら前回確認したことと整合しない。PoICについてもう一度引用してみる。

PoIC では、検索・分類は最終目標のちょっと手前でようやく登場します。そして、それで十分なのです。カードシステムが破綻しがちなのは、この最終手段を一番初めに使ってしまうからです。
時系列スタック法 – PoICより

PoICシステムでは、再生産を行う直前に「検索・分類」を行う。しかし、ノートへのタグづけはまさにこの分類である。ここに問題が孕んでいる。

着想の錯綜

上記の例は、一番綺麗なパターンを持ち出した。つまり、何かを思いついたときに、「あっ、これは断片からの創造に関係するな」と感じられた、というパターンだ。しかし、数千にも及ぶ着想は、もっと多様なパターンを示す。何に関連するのかまったくわからないパターンや、複数の要素に関係しそうなパターンがある。で、この場合、上記のような単純なタグ付けは機能しない。

いや、機能しないわけではなくて、単純にタグ付けできるものしか利用できない、ということになる。つまり、思いついたアイデアの中で、思いついた瞬間に単一の対応するカテゴリを思いついたものだけが、後から再生産に利用できる、ということだ。

これはどうも、あまりよろしくないように思う。少なくとも、それだけの再生産では、とてもエントロピーの減少には貢献し得ないのではないだろうか。ドックの(この場合であればEvernoteの)ノートは、ぜんぜん減らないだろう。

二つの指針

あらかじめタグ付けをしておけば、再生産するときに一気に手間なくそれらのノートを「取り出せる」(実はこれには別の問題があるわけだが、それは別の回で書く)。すでに、コンセプトが明確になっているようなテーマがあり、それについて何かを思いついたのならば、このやり方はうまくいくだろう。

しかし、日々の着想はもっと自由で、不定形である。乱暴者ではないものの、どこか収まりの悪い粗暴性を備えている。

となると、二つの指針が必要だろう。

まず、「すべてを手間なく一気に片付ける」という考えは放棄すること。2000程度のノートを再確認して、それらを選別する作業を行うことを、引き受ける。集まった素材を眺めてから、「分類」を行うことをやってみる。そういう指針だ。そのような作業をしない限り、「着想した時点では、どこにも文脈付づけられないアイデア」を利用することはできない。

もう一つの指針は、検索への対応である。これはScrapboxを使うことで得られた感覚だ。

最近よく持ち出す例で考えてみよう。たとえば、「本の読み方」についてのノウハウを思いついたとする。私の中では、そのノウハウは、「読書術」としても語れそうだったし、また「現代におけるインプット法」としても語れそうだった。その情報が置かれる文脈は、まだその時点では揺れ動いていた。

PoICの運用方法では、文脈についてはその時点では考えず、アイデアを書き留めることを続けていく。で、集まったアイデアを眺めながら、それを「読書術」として再生産するのか「現代におけるインプット法」として再生産するのかを決める、ということになる。当然、十分多くその他のアイデアが集まっている方がテーマとして決定されるだろう。これは、ある種とてもナチュラルな方針である。作為的な要素はとても少ない。

で、あってもだ。着想した時点で、「読書術かもしれないし、現代におけるインプット法かもしれない」と思いついているのならば、その情報を刻んでおくこと自体は悪くないだろう。では、どちらを選ぶのか。どちらもである。

なんとなく、一つのアイデアについて、二つの企画名を割り当てるのは気持ち悪い感じがする。どちらかの企画で使ったら、別の企画では使わないわけだから。しかし、企画名(≒本のタイトル)と考えるから気持ち悪いのであって、それを単なる文脈と捉えると、その気持ち悪さは急激に消えていく。

Honkureというサイトでは、一冊の本に文脈タグを付けることが多いのだが、本によっては複数の文脈タグが付くこともある。本は複数の文脈に属せるのだから、これは当然のことだろう。

※≪≫で囲まれているのが文脈タグ。

だったら、着想も同じである。

一つの着想が、複数の文脈で使えそうなら、それぞれの文脈を刻んでおけばいい。そもそもタグという機能はそのためにある。何も使い道がわからないなら、そのまま放置していいし、単一の、これしかないという文脈が思いつくならバッチリそれをつけておけばいい。

しかも、である。それは別に、Evernoteの機能としてのタグでなくてもいい。結局タグというのは検索の補助であり、Evernoteはノートのタイトルも本文もきちんと検索してくれるのだから、直接文脈を書き込んでしまったっていいのだ。

※ノートタイトルに書き込んだパターン

※ノート本文に書き込んだパターン

ただしこのやり方だと、表現の揺れ(あるところでは情報摂取の作法と書き、別のあるところでは情報摂取の技術と書くなど)によって、検索結果の分断が起きてしまうことあるので、一番望ましいのはEvernoteのタグの入力補完を使うことだろう。

※入力補完しやすいようにタグ名を付ける

文脈名の頭に記号をつけておけば、その記号を入力するだけでタグ名の候補が表示される。表現を統一する意味でも、手間を削減する意味でも、このやり方が一番なはずである。もちろん、文脈の数が多くなれば、タグを探す手間が増えることは言うまでもない。

とは言え、キーワードが絶対に揺れない、というのであれば、本文直接書き込みもありである。というか、これが一番手間が少ないはずだ。

さいごに

なんとなく運用方針の全体像が浮かび上がってきた。

まずは溜める。ただひたすらに溜める。そして、溜まったら再生産。そのときのために、文脈となるメタ情報も残しておく。タグでもいいし、直接キーワードを書き込んでもいい。今回は書かなかったが、そのキーワードについてもノートを作っておくのが良いだろう(これもScrapBoxからの知見である)。

概ねこのような感じだ。現時点で、難解なことはない。

しかし、後回しにした「取り出す」がある。それについては次回に譲ろう。

▼こんな一冊も:

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)
倉下 忠憲
技術評論社
売り上げランキング: 180,046
Evernote豆技50選 (Espresso Books)
倉下忠憲 (2015-03-29)
売り上げランキング: 2,054
ズボラな僕がEvernoteで情報の片付け達人になった理由
倉下 忠憲
シーアンドアール研究所 (2016-02-26)
売り上げランキング: 56,371
Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です