アイデアの捨て方 〜まとめ編〜

前回:アイデアの捨て方 〜取り出し方編〜

ここまでの話を整理しておこう。

我々は日常的にいろいろなことを思いつく。それを断片化して保存しておくのがアイデア整理術の初めの一歩である。

しかし、それだけは足りない。そもそも「整理術」という表現がよくないだろう。順番を並び替えて、適切な場所に配列するだけでは足りないのだ。ものの整理ですら、不要なものは捨てる。週に何度かは、私たちは燃えるゴミを収集してもらう。整理というのは、本質的にそういう行為を含むのだ。

さらに言えば、そうした行為は最終的に何かを生み出すことへとつながっていく。冷蔵庫を整理するのは、美しい見栄えを確立することではなく、その中身を使って何かを作り出すことである。でないと、食材を買いあさり、しばらくそれを飾り立てて、賞味期限が過ぎたら捨てる、という奇妙なプロセスを繰り返すことになりかねない。

アイデア整理の目的はアウトプットにあるわけだが、むしろアイデア整理の中にもアウトプットは潜んでいるのである。

デジタルでの準・廃棄

「整理」においては、不必要なものを捨てることが必須になるわけだが、デジタルデータではそこまでやっきになる必要はない。Gmailでもメールをアーカイブすれば受信箱からは「見えなく」なり、実質的に捨てたこととイコールだが、もちろん検索で見つけ出すことができる。

その意味で、デジタルアイデア整理では、アイデアを捨てることは、単に「ゴミ箱」的な場所に移動させるだけですむ。準・廃棄だ。これが、アナログツールとの大きな違いと言えるだろう。後からいくらでも取り戻せる分、気楽に捨てられるかもしれない。

二つのパターン+α

とは言え、捨ててるだけではアイデア整理は前には進まない。再生産に向けたアクションが必要である。

そのアクションを二つのパターンに分けて考えた。少しずつ再生産を進めていく〈じわじわ型〉と、ある程度の期間をおいて一気に行う〈祭り型〉である。アウトライナーの使い方としては前者、情報カードを使ったPoICシステムは後者となる。Evernoteはどちらでもできるが、後者の方がやりやすいかもしれない。

もちろんハイブリッド型もありうる。つまり、なるべくは〈じわじわ型〉で進めて小さな塊を作っておき、どこかのタイミングで、それらを使って、大きなアウトプット作りに臨む、というやり方だ。おそらく日常的にアウトライナーを使っている人はこのやり方を採用しているのではないだろうか。実現しやすい方法であるようにも思う。

Evernoteなりの方法

ただし、同じやり方は実はEvernoteでは少しやりにくい。断片の作成は得意だが、その操作はアウトライナーほど快適ではないので、少し慣れというか訓練は必要だろう。むしろ、Evernoteなりの別のやり方がありうるかもしれない。小さな祭りを少しずつ行う、というものだ。それについてはさらなる検討が必要だろう。

ともあれ、〈祭り型〉のPoICでさえ、カードを保管しておくドッグは、手と目の届くところに置いておくことが推奨される。それは、おりおりに見返すことを促すための動線作り、ということだろう。その点で、たとえ祭り型であろうとも、日々作成した断片に触れることは必要であると考えられる。

さいごに

押さえておきたいのは、作成し保存した断片は、再生産することによってのみその役割を終えられる、ということだ。そうしてはじめてそのドック(の系)のエントロピーは減少する。ただし、アウトプットのためには断片の蓄積が必要なので、それをどのように進めるにしろ、少しばかりの辛抱が必要である。

その「少しばかり」は、数々のアイデア発想法著作を見てみると(もちろん、個人差はあるだろうが)三ヶ月から半年といったところだろうか。それくらい蓄積し、ドックが断片で満ちあふれるまでは、本格的な再生産は難しくなる。また、他者からの依頼がないアマチュアの方は、ブログなどでアウトプットの場を作っておくことも一助になるだろう。

再生産の進め方について、〈じわじわ型〉が良いのか〈祭り型〉が良いのか、はたまたそのハイブリッドが良いのかは、一概には言えない。ツールの得手不得手もあるが、それ以上にその人の着想の傾向にも依る部分が大きいからだ。一つのことを考え始めたら、そればっかりになる人と、日々いろいろなことを考える瘋癲(ふうてん)な人では、適切な再生産の行い方も違ってくるだろう。

そればかりは、自分で実際にやってみて、たしかめて見るしかない。これはまあ、あらゆるノウハウに言えることではあるのだが。

▼こんな一冊も:

EVERNOTE「超」知的生産術
EVERNOTE「超」知的生産術

posted with amazlet at 17.05.12
C&R研究所 (2016-04-21)
売り上げランキング: 72,596
Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です