発想の道具としてのEvernote その1

知的生産活動において必要なのは「考え」です。頭を動かすこと。

それを、

  • ためる
  • 動かす
  • 固定する

などして、成果物へと近づけていく。それが知的生産活動です。

そのような知的生産活動において、最強のツールが私たちの身近にはあります。そうです。ノートです。

ためるためには、記録が欠かせません。そしてノートとは記録生成ツールです。つまり、ノートは知的生産活動には欠かせないツールということです。デジタルノートでもあるEvernoteだってそれは同じです。

ノートと「考え」

ノートは「考え」、つまり頭を動かした結果を記録します。情報を物質に固着させ、この世界に留めます。

ノートは「考え」、つまり頭を動かすことを促進します。ペンを持って真ん中にキーワードを書き、自由に連想を広げてみてください。そのときのあなたの脳は書くことを通して刺激を受け続けています。ノートが思考を促進しているのです。

さらにノートは「考え」て書き留めたことをベースに、新しい考えを生み出します。アイデアを動かすことは、「頭を動かした」結果を使ってさらに頭を動かすことであり、ここには再帰的な芽が潜んでいます。創発への扉です。

ノートは、「考え」を固定させる力も持ちます。動かないラインに考えを押し込め、整える力があります。それは書かれたものがそこに留まるという構造を固定化させる力学がノートに潜んでいることを意味します。

総じて言えば、ノートは「考え」と共にあります。Evernoteも同じです。

ノートとなりえるツール

上記の「ノート」は、ある種の包括的な概念であり、いわゆる大学ノート一般をだけを指しているわけではありません。詳細に見れば、たとえば以下のようなツールがノート的に使えるでしょう。

  • 大学ノート
  • バインダーノート(ルーズリーフ)
  • 情報カード
  • デジタルノート
  • アウトライナー

大学ノートには大学ノートの特徴があり、そこにはメリットとデメリットがあります。当然他のツールでも同じです。完璧なノートツールは(残念ながら)この世界には登場していません。ヴァネヴァー・ブッシュがイメージしたMemex(メメックス)ですら、おそらくは何か足りない機能があるでしょう。

では、我らがEvernoteにはどんなメリットがあり、どんなデメリットがあるでしょうか。

発想を詳しく見る

『Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 』では、大雑把に捉えられがちな「発想」という工程を、着想・連想・整想の三つの工程に分類しました。これは上記の「ためる・動かす・固定する」に対応する分類です。

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術
技術評論社 (2017-05-29)
売り上げランキング: 22,185

これらの分類が必要なのは、それぞれの工程で頭を働かせるベクトルが違ってくるからです。この点を大雑把に考えてしまうと、「頭を働かせる」ことはなかなかうまくいきません。アクセルとブレーキを同時に踏みながらガソリンを給油するようなことになってしまいます(たいへんそうだ)。

着想の工程では、問答無用で思いついたことを書き留める必要があります。そして、それを後々利用できるようにしっかり保管する必要もあります。

連想の工程では、脳の自由奔放な思いつきを、できるだけ阻害しない形で広げていく必要があります。ときどきは、固定しがちな視点を揺さぶるために触媒となるような問いを放り込むことも必要です。

整想の工程では、自由に広げた思いつきたちを、人にわかる形に整えていく必要があります。そうしなけば、成果物は成果物たり得ません。そこでは形を整え、余計なものを捨て去る勇気も必要です。

上記のような三つのプロセスにおいてEvernoteはどのように活躍してくれるでしょうか。当然完璧なツールは存在しないのですから、うまく機能するところと、あまりうまく機能しないところがあります。

次回:発想の道具としてのEvernote その2

▼こんな一冊も:

知的生産について

知的生産の技術 (岩波新書)
梅棹 忠夫
岩波書店
売り上げランキング: 10,461

Memexについて

ライフログのすすめ―人生の「すべて」をデジタルに記録する! (ハヤカワ新書juice)
ゴードン ベル ジム ゲメル
早川書房
売り上げランキング: 416,551

As We May Think

思想としてのパソコン
思想としてのパソコン

posted with amazlet at 17.06.19
西垣 通 フィリップ ケオー A.M. チューリング ダグラス・C. エンゲルバート テリー ウィノグラード ヴァネヴァー ブッシュ J.C.R. リックライダー テッド ネルソン
NTT出版
売り上げランキング: 88,084
Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です