「読書勉強会 in Evernote」を始めます!

ビジネス書を読んだり、Twitterでいろいろな方と会話をしているうちに勉強会というものに興味がでてきました。情報を交換し合うというのは面白そうですし、モチベーションアップにも繋がりそうです。

しかしながら、私は結構ローカルな場所に住んでいますし、生活の時間軸も他の方とずれているので、なかなかそういった勉強会に足を運ぶことはできません。というわけで、自分の方から主導権を取ってそういった「勉強会的」なものを作ってみようと思い立ちました。

非同期での集まり

もちろん、ローカルな場所に皆さん来て下さい、というものではありません。時間や場所の制約があるならばそれを超えられるツールを使って実現しようというわけで、出てきたのが「Evernote」(以下EN)のshareNotebook。これはあるノートトブックを他の人と共有する仕組みです。

evernoteだぞう~
evernoteだぞう~

もちろん、EN以外にもGoogleドキュメントやらGoogleWaveなどのサービスを使っても似たような事は実現できるのですが、「とことんENを使い込む」という精神でENをチョイスしました。形としては以下のようなものを想定しています。

仕組み

・勉強会に参加する人は同じNotebookを共有する。
・自分で目標を設定する
・目標に沿って「書評」をnotebookに加える
・気が向いたら他の参加者のnoteを読む

・勉強会に参加する人は同じNotebookを共有する。

これは難しくないですね。私が招待する形になると思います。

現状の問題は私以外の参加者の方がnotebookの編集をできるようにするかどうか、という点です。参加者が少ない場合は、私にノートの内容をメールしてもらい、それを私がENにアップする、という形式で管理するのが一番問題がなさそうです。

しかし、それはあまり「新しい方法」ではありません。むしろそれぞれがお互いのnoteを読んで、疑問や感想などを書き込んでいける形の方が面白い広がりがあるかもしれません。

というわけで、参加者は全員が編集権限を持つ、という方向にしたいと思います。

ただ、初期の段階だと混乱が発生する可能性もあるので、当初は参加人数をある程度限定して行いたいと思います。
※企画の進行上GoogleWaveでのお知り合い、Twitterでのお知り合いの方を優先とさせていただきます。

・自分で目標を設定する

週に一冊とか二週間で三冊とか自分の目標を決めておきます。別に月に一冊でもOKです。自己紹介とともにそういった目標を書いたnoteを入れておく、ということになるでしょう。
もちろん、目標を達成できなければペナルティが発生する、というわけではありません。あくまで自分の目標です。

・目標に沿って「書評」をnotebookに加える

「書評」と書きましたが、かしこまった文章である必要はありません。
・一行レビュー
・4行書評
・ちょっとした書評
・書評
とどんな感じでもOKです。
※ちなみに4行書評は私が考えた書評スタイルです。どのようなものかは参加者の方にはお知らせします。

自分でブログをお持ちの方はそこで書く下準備として使われてもよいですし、ENに挙げたものをそのままアップされても問題ありません。

また、テーマも強く限定はしません。いろいろな視点でいろいろな本の情報交換をすることが目的ですのでテーマは自由としておきます。

・気が向いたら他の参加者のnoteを読む

これも別に難しいことはありません。他の方のノートを読むだけです。
※誰かがノートをアップしたらそれを参加者に知らせるアイデア募集中です。

感想や疑問などがあればそのノートの下に書き加えるか、あるいはそれについてのWaveを立ち上げてもよいかもしれません。

一応単なる罵倒や、批判のための批判は禁止させていただきます。ブレストのように拡がりを求めるのがこの企画(勉強会)の目的です。

その他

他の方が編集するということで、一応バックアップは取っておく必要があると思います。
自分のnotebookにコピーしたものを置いておく方がよいでしょう。

また、共有しているノートは「パブリック」ではないので、本人の許可無くブログなどで引用することは禁止させていただきます。

課外授業

あるテーマにそって話したり、有名な一冊の本について話したりといったことはGoogleWaveが適していると思います。月一回程度にWaveにてそういう集まりを行うことも現在思案中です。

参加条件

・Evernoteを使っている
・読書をするつもりがある
・他人との交流に興味がある

参加方法

最後に参加方法ですが、私に参加希望のメールを下さるか、Twitterで参加希望とメールアドレスをDしていただくか、の二つの方法があります。
※私のメールアドレスはこのBlogの「about」を参照ください。

まとめ

まったく初めての試みなのでどう転ぶかは不明です。であるからこそ転ばせるのが面白いとも言えます。ある程度試してみての感想はまたブログにて書いてみたいと思います。
Twitterでよく絡んで下さる方々が参加していただければ幸いです(笑)

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

5件のコメント

  1. 1年以上前の記事に対してのコメントで失礼致します。
    本記事にてご紹介頂いているエバーノート共有ページは
    現在運用中でしょうか??
    同じような活用法を考えておりますので、参考にさせて頂きたいと思い
    質問させて頂きました。

  2. >しんいちさん
    現在、主催者である私が忙しくなりすぎまして、現在は休眠状態であります。一応ノートブックの共有自体は生きてます。

  3. 丁寧なご回答ありがとうございます。
    休眠状態なのですね、残念です。
    差し支えなければ、ノートブック共有させてください。
    メールアドレスは、本書き込みに使用しているものになります。
    よろしくお願い申し上げます。

    PS
    著書、愛読しております。
    とても読みやすく、重宝してます!

  4. >しんいちさん
    もしかしたら近々このノートブック消去してしまうかもしれませんが、とりあえず共有の招待メールを送っておきました。
    ※閲覧のみの招待になっております。

    ご参考になれば幸いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です