Evernoteをプレミアムアカウントにしました。

結構Evernote関連のエントリーを書いておきながらずっとフリーアカウントで使い続けていました。その最も大きな理由は「必要ないから」です。今のところメイン仕事上の書類などは「Googleドキュメント」に割り振っていますし、DropBoxやGmailも使っているのでそれほど容量の必要性は感じていませんでした。

プレミアムアカウントだぞぉ~

プレミアムアカウントだぞぉ~


自分の手持ちの情報を全てデータとして取り込むのであれば、さすがに必要になるかもしれませんが、今のところそういった野心はありません。たまに購入する雑誌を取り込む程度であとはひたすらプレーンなノートばかりです。

しかしながら、昨日のエントリーで発表した「読書勉強会 in Evernote」を始めるに当たって共有ノートブックを編集可能にするためにはプレミアムユーザーになる必要がある、という壁に直面し、そこで伝家の宝刀「Blogのためだから仕方ない」を抜いてiPhone版のEvernoteから登録しました。ボタンを数回押すだけだったので罪悪感はあまりありません(笑)

日常生活で欠かせないツールとなっているので、その感謝の気持ちを込めて(あるいは潰れないでよねというメッセージも込めて)、いつかはプレミアムにしようと思っていたのですが毎月上限までアップロードしていないとなかなか踏み切れないものです。

ある意味で、良いタイミングだったと思います。

プレミアムならでは

さすがにこれほどの容量を余らせておくのはもったいないので、何かしら取り込む物を増やそうか思考中です。4つほどアイデアをひねり出します。

(1)過去の手書きのノート、カードを取り込む(たいした内容ではない)
(2)写真データを取り込む(まず見返さない。プライベートで写真を撮らない)
(3)手持ちのCDアルバムの画像をスキャンして取り込む(ただの趣味)
(4)・・・

全ての情報や活動の足跡をEvernoteに集約することもできそうですが、初めから使う見込みのないものを入れるつもりは特にありません。もちろん本を断裁してスキャンする「勇気」は今のところ持ち合わせておりません。

プレミアムならではの使い方を思いつけばまたエントリー書きますが、今のところは静かに現状維持がベストな選択のようです。あまり考えすぎるとツールを使っているのか、ツールに使われているのかわからなくなってしまいます。

今のところ、年間$45は「こんなすばらしいツールを作ってくれてありがとう」料金として支払うことにします。自分がEvernoteに依存している割合を考えれば高い出費ではありません。むしろ安いくらいです。

では皆さんも引き続きEvernoteLifeをご満喫くださいませ。

参考サイト:
「人生をEvernoteに詰め込みたい!」というあなたのためのアウトプット収集法まとめ[シゴタノ!]
Evernote に「ファイル共有」が追加。Evernote 使ってますよね?[Lifehacking.jp]

編集後記:
と、書いたものの、どんなファイルでもがつっこめるということで、Windowsでよく使っているフリーソフトのzipをEvernoteに入れておくことにしました。PCが壊れても、Evernoteとブラウザさえあれば環境を再現できるようにしておく、にはなかなか良い方法です。いままではまとめてメディアに焼いてバックアップとしていましたが結構面倒だったので、容量の小さいものはどんどん(といってもそれほど数はありませんが)Evernoteにてバックアップしていきます。
Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

WordPress Themes