EvernoteはiPad専用アプリの夢を見るか

さて、今朝の3時頃から私のTwitterのタイムラインはiPadの話題で埋め尽くされています。

いろいろな情報はひとぅブログさんの「 iPad(Apple)の情報をまとめてみた&期待する点を考えてみた」の記事がわかりやすいと思います。

記事の中で、取り上げられていた現在判明している仕様の中で私が気になった点は

・iBooks(ePub形式)
・キーボード一体ドッグ発売予定

の2つです。これに絡めて考えた事を二つほど書きます。
一つは「e-book」、もう一つは「Evernote」について。

e-bookの流れ

Kindleに明確に対抗する形で現れたこのiPad。米国では電子出版による激しい競争と、そこから新しいイノベーションが生まれてくることが予想されます。
今までは出版にたどり着く事ができなかったような著者が本を出せる世界は身近に来ているでしょう。

どんなにニッチな本でもロングテールの一部として意味はあります。あとはそれをいかにアピールしていくかという宣伝的手法も著者や編集者に求められる時代になりそうです。

ただ、日本において、そんなに簡単に話が進むかどうかはわかりません。一度変化の波が防波堤を超えてくればいろいろなものが一気に変わるかもしれませんが、そのタイミングは近いのか、遠いのか私はわかりません。

もし、日本でもそういった変化が訪れれば私のような一ブロガーでも、誰かの役に立つかもしれない情報や考えを「本」の形で出版できる事になります。
それは、個人的には望ましい変化です。そのような変化が訪れる事を願っております。

そして、Evernote

端末としてみた場合、今のところ「絶対買う」というほどの魅力はiPadには感じられません。あれば間違いなく便利なものですが、なくても困らないというところが現状の感想です。しかし、一点買う動機となりうるものがあるとするならば、iPad専用のEvernoteアプリの登場です。

Lifehacking.jpさんの「iPad 情報整理術」、はじめますでもEvernoteについて少し触れられています。

「裁断した本・書類を PDF 化して読む」のはさらに意味を増しますし、Evernote もこの上なら膨大な情報を表示できるので使いやすいでしょう。これまで iPhone で利用する気になれなかった図面、科学的な図表、細かいデータの一覧表などもこれで見ることができます。大きなキーボードを利用してブログや、本の原稿などをこれで執筆しているところも想像できます。

単に現状のiPhone用のEvernoteアプリでも、iPad上で本や書類を閲覧できる事は大きな意味があります。iPhoneではPDFファイルを閲覧してみるのは少々苦しいものがありますが、iPadほどの大きさであれば十分快適に見れることでしょう。

また、手頃な大きさのフルキーボードやドックによる外付けキーボードがあれば、ブログを書く作業は大幅にやりやすくなりそうです。

ただ、それだけではネットブックを持つのとさほど変わりがありません。
確かにiPadの方が取り回しは良いでしょうが、「iPadでなければ」という感じはしません。

いま、私が痛烈に期待しているのが、Evernote:iPad専用アプリの手書きノート(インクノート)です。

あの大きさはまさに「ノート」という感じ。キーボードでぽちぽち打ち込むのもよいですが、手書き入力ができればさらに使える場面が増えると思います。

機能的には
「手書き文字(画像)を文字(テキスト)として認識する」
「MindMapが書ける」
この二つの機能が実現すれば、私が持つアナログ・ノートの数は激減します。

情報を仕入れるキャプチャー、それを閲覧するアプリ、そして自由に書き込めるインクノート。これらがあればインプット後からアウトプットまでの流れがEvernoteだけで完結してしまいます。

なんというか、Evetenote使いとしては夢のような環境です。

実際どのような機能が実装されるかはわかりませんが、Evernoteさんもきっと専用のアプリを作ってくれるでしょう。その動向を見ながらぼちぼちと「iPad買うかいなか」を検討したいと思います。

参考サイト:

Apple、タブレット「iPad」を発表 499ドルから(ITmediaNews)

Happy Tablet Day(Evernote:Blog)

編集後記:
本文では検討しますと書きましたが、もちろんメッチャ欲しいのが現状です。しかし欲しいからなんでも買えるかというとそうでもありません。今のところ「Blogのため」といって出費できる金額にも上限があります。

買うに足るだけの理由が見いだせたら、なんとか予算を申請してみたいと思います。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です