ノート企画:コラム:re-collectionの使い方

今回は「ノートと情報系」について書こうと考えていましたが、ちょっと小休止でコラム的に、今の私のre-collectionの使い方について紹介したいと思います。
※けっしてシゴタノ!エントリー書くのに思った以上に時間がかかったから、間に合わせ的につなぎのエントリーを書いている、というわけではありませんので、あしからず。

リコレクションとペン
リコレクションとペン

以前も紹介しましたre-collectionのポケット。文字通りいつでもどこでも外出時はこれを持ち歩いています。

書き込む内容は大体「アイデア」です。
※タスク等は全部iPhoneに投げ込みます。

「今日の一言」の手がかりだったり、ブログ記事の種だったり、大きい連載のアイデアだったりと種類はいろいろですが、基本的に自分の「発想」を書きます。
※情報の「記録」については、全てiPhoneのカメラか、メモかボイスメモに放り投げます。

で、この「発想」をきちんと文章化して残しておきたいので横罫のノートをチョイスしている、という次第です。

一つに一ページという縛りは設けていませんが、右側のページしか使いません。アイデアには必ず日付を書きますが、通し番号は書きません。

しばらく「通し番号」はつけていたのですが、だんだん面倒になって止めました。よく考えたら、別にここに書いてあるアイデア全てにアクセスするような環境を整える必要もありません。

書いた内容は、適当に見直して、「ほぼ日カズン」に転記したり、Evernoteに放り込んだりと行き先は様々です。もちろん放置されるものもありますし、多分それが大半です。

最初のページに書かれたメモは「文章を書く事についての比喩」がいくつか書かれています。今見返すとかなり陳腐です。

一番最近書いたメモは「Evernote上でのPDFファイルの扱いについて」の考察が書かれています。

ちょうど真ん中の方のページには「世の中の仕組みと個人の幸福について」の考察および疑問点が書かれています。

いっつもそんな事ばかり考えているんですね。まったく。

メモの機能

機能というほどのものでもありませんが、いくつかアイテムを挟んでいます。

re-collection裏表紙
re-collection裏表紙

このように名刺の予備がセットしてあります。

密かな予備
密かな予備

こっち側のカバーの裏は、名刺サイズの厚紙(無地)と「ほぼ日の一筆せん」が何枚か入っています。

名刺サイズの厚紙はかなかな便利なやつで、ブログのラフスケッチを書いたり、誰かにメッセージを残したりするときに活躍します。

一筆せんは俳句を詠んだりするときに便利ですね。まあ詠みませんけども。
すこし改まった書き置きでもなんとかこなしてくれます。

備え

最後のページに自分の携帯電話と奥さんの携帯電話の番号を付箋に書いた物を貼っています。

奥さんの方は万が一自分が携帯を無くしたときに連絡がつくように、自分の方は自分の携帯の番号をど忘れしたとき用、です。

たまに電話しながら「お電話番号よろしいですか?」と聞かれたときに、ブラックホールに吸い込まれたみたいに自分の携帯番号が出てこないときがあります。そういうときに、「えっと、ちょっと待ってくださいね」と電話している携帯を操作するのはかなりみっともないので、普段持ち歩く手帳にもしっかり書いてあります。
※ブロガー名刺には携帯番号は書いていない。

さいごに

えっと、全編通してどうでもいい話でしたね。どうもすいません。次回は「ノートと情報系」について書きたいと思います。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です