こんなアプリをひそかに待っていた:「Egretlist」

以前から「ToDoリストもEvernoteに詰め込む」と書いておりましたが、実際タスクの管理というよりもタスクの集約所としてEvernoteを使っておりました。そんな私がずっと心に描いていたiPhoneアプリが遂に登場した、と書くと少々大げさかも知れません。

あんまり煽りすぎても何ですので、さらっと行きます。アプリの名前は「Egretlist」。人柱報告していただいた「iPhone:人柱報告-Moleskine風UI!Evernote同期のToDoアプリ『Egretlist』」がきっかけです。詳しい解説なども書かれていますので、アプリについて知りたい方はそちらの記事をぜひお読み下さい。
※@synkuroさん、どうもありがとうございます。

どんな機能が欲しかったか?

「Egretlist」の説明は他のブログに任せるとして、Evernoteでタスクを管理するためにどのような機能を持ったアプリを私が待っていたのか、という所を書いてみたいと思います。

スピード

まず、速度。これ重要です。Evernoteのアプリはまあ遅くはないですけども・・・。

チェックボックスをチェックする

非常に当たり前ですが、チェックボックスってチェックするためにあります。しかしiPhoneのEvernoteアプリはリッチテキストを直接編集できないため、ToDoを完了した際にチェックマークを付けることができません。何が致命的ってこれ以上ないくらい致命的です。

もちろん、EvernoteはToDo管理を指向したアプリではないので文句を言うべき所ではありません。

リスト表示

参考情報などは一切無視で、純粋にチェックボックスが付いたノートだけを見たい。こんな欲求は多分かなりニッチでしょう。しかし、私がiPhone上のタスク管理に求める物はそれぐらいシンプルなものです。

そして、Egretlist

で、この「Egretlist」なんですが、見事に上の機能を実装しています。はっきり言って機能対費用でみるとややお高い印象(私が購入した時点で350円)です。しかし代用が利かない以上仕方がありません。なんというかポメラ的な印象のアプリです。不必要な物は一切そぎ落とした、EvernoteのToDoを管理するためのアプリ。いや、管理という表現すら大げさかもしれません。リストを見て、チェックを付ける。おそらくそのためだけのアプリと認識しておいて問題ないでしょう。もちろんEgretlist上からタスクを追加することもできますが、私の中ではそれはおまけ的な機能です。

実際の運用

まだ使い出して2日目ですが、とりあえずこんな使い方をするよ、ということを書いておきます。

エントリーリスト

私はEvernote上に書き物のアイデアを集めた「ネタ帳」以外に「エントリーリスト」というものを作っています。ここから一週間ぐらいにこんなことを書こう、という予定表です。ネタから一歩踏み出して構想が出来上がっている物がここに並びます。

このリストは一つ一つにチェックボックスを付け、エントリーを書いたらチェックします。

まず、これが簡単に確認できるというのが「Egretlist」を使う(個人的な)メリットです。このリストは今から何を書くか、というのと同時に今まで何を書いてきたのかがリストになっています。このリストをざらっと眺めていると「方向性」がおぼろげながらに見えてきます。

日課

その日にすべきと自分が自分に課していること、かつ時間の縛りがないものが、私にとっての「日課」です。こうしてブログを書くこともそうですし、サプリメントを飲む、なども日課の一つです。

いくつかある日課なのですが、イチイチ「Todoリスト」に書くのは面倒です。しかし忘れる可能性もあるのでどこかに「記しておきたい」という気持ちもあります。

現在は、RTMでその日課のタスクを繰り返し発生させて、それをEvernoteにメールで送っています。毎日「朝の棚卸し」をする際に、Evernoteの「inbox」的ノートにそのタスクが送られてくるので、一つ一つにチェックボックスを付けています。しかし日課をクリアするたびに、PC前に行って、チェックマークを付けるというのはかなり面倒な作業です。

「Egretlist」であれば、チェックする作業は簡単です。

タスクの発生あたりはやや回りくどい方法ですが、運用自体はそれほど手間はかかりません。

ちなみに、RTMでタスクを発生→Evernoteにメール、というのはいろいろ応用ができますので覚えておいて損はないと思います。実際の「タスク」だけではなくて、例えば「クレド」を毎日Evernoteに送って、Inboxを整理する際に必ず目を通すようにする、といったアレンジも考えられます。

まとめ

軸をEvernoteに置く。これが最近のテーマです。なんでもかんでもEvernoteだけで完結させようとする試みは無理があります。しかし、情報はとりあえず「Evernote」に置いておく、というやり方だと悩む事が少なくなります。保存するときも、探すときも「とりあえずEvernote」という状況を作れれば、その部分だけはストレスフリーに近づけそうです。

APIが公開されているので、「Egretlist」のようなニッチなアプリはこれからも登場してくるでしょう。そういったアプリの登場でEvernoteの価値はますます上がってくるのではないかと思います。

ちなみに、現在の「Egretlist」のポジションは以下の通り。

iPhoneホーム画面 20100331
iPhoneホーム画面 20100331

”お試し中”のポジションですが、「domoTodo+」に取って代わるかどうか。とりあえずしばらく使ってみます。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

4件のコメント

  1. Thank you for the post. I have been looking for this type of information. I came across your site while searching the internet and I will be sure to come back and visit your site now that I know you are here.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です