次の一歩的な何か

さて、『Evernote「超」知的生産術』の告知周りエントリーはこれで最後です。また、発売日に何かしら書くかもしれませんが、事前のエントリーはこれまでです。

EVERNOTE「超」知的生産術
EVERNOTE「超」知的生産術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-02-26
売り上げランキング : 4505

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今回は、次の一歩的なお話を。

まだだ、まだ終わらんよ

正直言って、Evernoteについてはまだ全然書き切れていない感触です。もちろん、操作説明などに関しては十分な書籍が並んでいます。ただ、活用事例という点ではまだまだ弱いかな、という印象があります。

例えばアナログノートなんかでは、ノートの使い方の本がいくつも発売されていますが、同じような感じでEvernoteの使い方の本があっても良いのではないでしょうか。

私的には、ライフログとEvernote、アナログノート+Evernote、Evernoteを使い慣れるための手順、Evernoteが第二の脳とはどういうことか、日本人とEvernote、・・・などが興味の対象です。まったくもってビジネス書に乗っからないコンテンツも沢山ありますので、その辺は自分でほそぼそと書いて電子書籍にするのもありかな、と考えています。

秘めたるコンテンツ

Evernoteについてはもう一つ考えていることがあります。「東京ライフハック研究会vol.5」でも少しお話ししましたが、Evernoteの共有ノートブックを使って情報収集を分担して行い、あとでそれをまとめる形で電子書籍にするというもの。これはまったく利益度外視の考えです。

正直言って恐ろしい範囲でEvernoteについての話題が広がっているので100%その情報を追い切れない感じです。しかも私はアンドロイド系の端末を持っていないので、実際に試せない情報なんかも沢山あります。そういうのを分担して行えないかな、というのが試みの発端です。

最終的には、次のようなものができたらいいな、と考えています。

  • 厳選リンク集(Everenoteに関する記事で、これは外せないというのを集める)
  • Evernoteマニアックス(特定の環境のみで使えたり、ギークな知識が必要なテクニック集)
  • 突撃隣のノートブック(ユーザーのノートブックリストといくつかの使い方について解説したもの)

どうでしょうか、面白そうではないでしょうか。じつのところ私がこういうのを読みたいだけです。
※Rashitaの法則(3):読みたい本が存在しなければ自分で作れの法則

この辺もおいおい進めていきます。

結局なんなのか?

なんというか爆発的にユーザーが増えてしまっているので、Evernoteという名前だけが先歩きしている状況がある感はいなめません。

例えばExcelという表計算ツールは、簡単な家計簿を付けることもできますし、売り上げ分析やタスク管理だって可能です。VBAがいじれるならばゲームを作る事もできます。変則的な事例では方眼用紙を作ったり、あるいはページレイアウトの作成すらできてしまいます。

ある使い方一つだけを取り上げてExcelというツールを語ることはできません。そういうさまざまな用途に使えるのが「Excel」の強力さです。言い換えれば使用事例の総体がExcelというツールの形なわけです。

Evernoteも同じような事が言えると思います。使い方はその人の裁量に任されています。何か共通するものがあるとすれば、「情報を徐々に蓄積していき、後で参照する」ということだけです。この「情報」という言葉も人によって受け取り方はさまざまでしょう。

Excelを表計算ソフトと表現するのと同じようにEvernoteを表現すれば、やはり「第二の脳」とか「補助脳」ということになるのでしょう。しかし、こういう表現をしたとたんに意味が曖昧になります。なぜならば私たちは「脳」が何をしているのかあまり知らないからです。この辺書き始めると長くなるので、今回は割愛しておきます。

まあ、難しいところです、このへんは。

さいごに

結局の所、いろいろな方向からEvernoteに光を当ててみるのも楽しそうですね、ということで今回は締めておきます。

▼こんな一冊も:

ガンダム30thアニバーサリーコレクション 機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-<2010年07月23日までの期間限定生産> [DVD]
ガンダム30thアニバーサリーコレクション 機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-<2010年07月23日までの期間限定生産> [DVD]” /></a></td>
<td valign=
バンダイビジュアル 2009-07-24
売り上げランキング : 388

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle

1件のコメント

Other Links to this Post

  1. Tweets that mention R-style » 次の一歩的な何か -- Topsy.com — 2011 年 2 月 24 日 @ 11:50 AM

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

WordPress Themes