12倍ぐらいはすごかもしれない、Evernote for iPhone4登場

待ちに待った。まさにそんな印象です。

キタコレ!

キタコレ!

3月1日の23時29分頃、Evernote公式のiPhoneアプリのアップデートがやってきました。「iPhone、iPodTouch版Evernoteのインターフェースが今までにない大幅アップデート」と説明にありますが、ダウンロードして試された方は決してそれが大げさな表現ではないことに同意してくださるでしょう。

これと同じような体験はWindowsクライアントのときにもありました。3.5から4へのバージョンアップはまさに世界が変わったような感覚を覚えたものです。
※「Windowsユーザーに朗報。「Evernote 4 for Windows」はまったく新しいEvernote体験

とりあえずこのiPhone版のバージョン3と4の差は、三暗刻と四暗刻ぐらいの差があります。ニンロクとサンマンニセン。その差はどこから生まれてきたのでしょうか。

新バージョン概要

Evernoteの公式ブログには次のような文章があります。

iPhoneとiPod touchのために完全に再デザインされたEvernote 4(Evernote日本語版ブログ)

そこから学んだのは、ユーザーが望んでいるのは、素早くアクセスできること、簡単にノートが作成できること、閲覧しやすいこと、そして捜し物を多様な方法で見つけられることでした。別の言い方をすれば、ユーザーは物事がパッと片付いてほしいのです。

新バージョンを使って感じたことはまさにこの感覚です。つまり、「iPhoneでEvernoteを使うユーザーが求めている機能を理解しているな」と強く感じました。

多くの人が、iPhone以外の端末でもEvernoteを使っているはずです。PCであったりiPadであったりと種類はさまざまでしょうが、iPhoneのEvernoteで全てを完結させようとは考えていないはずです。言い換えれば「出先で使うEvernote」がiPhone版のEvernoteの役割、ということです。ここさえ踏まえれば、どういうシチュエーションでどういう機能があればユーザーライクなのかが見えてきます。それを土台にして作り直されたというのが、このバージョン4なんだな、と痛感しました。

実際にどのような機能面での変化があったのかについては、このBlog好例の「他の人のBlogに丸投げ」で済ませます。「Evernote使いならここ押さえとけ!」な二つのBlog記事を引用しておきますので、だいたいこれでOKでしょう。

すべてが新しくなった Evernote for iPhone/iPod Touch(Lifehacking.jp)

単独でもちょー便利な予感!Evernote for iPhone4.0(goryugo, addicted to Evernote)

※ちなみに新UIはこんな感じ。

ノートブックリスト

ノートブックリスト

タグですね

タグですね

いろいろな種類のノートがワンストップで作成可能

いろいろな種類のノートがワンストップで作成可能

個人的なアプリの置換

このバージョンアップによって、本家Evernoteを補佐する意味で使っているいくつかのアプリについて、再考の余地が出てきそうです。

AwesomeNote


未だに「アウェサム」なのか「オーサム」なのか個人的解決が付かないノートアプリです。ノートアプリでは最上級に好きなアプリですが、このアプリもEvernoteを補佐するために使っていました。

用途は写真。後述するFasteverSnapでもEvernote本家でも一枚のノートに複数の写真を入れるということが出来ませんでした。AwesomeNoteは複数の写真やコメントを付けてノートを作成できます。後はメールで送信するかノートを同期させるかでEvernoteにデータを送れます。

が、今回のバージョンアップでノート作成機能が著しく向上したので、この目的でAwesomeNoteを使うことはなくなりました。

あとノート表示のUIも変化して「いいかんじに」(by@gogyugo)表示されるようになったので、「名刺入れ」という名前のノートブックをオフライン・ノートブックに指定しておきました。いいかんじになってます。この用途でAwesomeNoteを使っている人も再考の余地があるかもしれません。
※オフライン・ノートブックはプレミアム限定の機能。

名刺ノートブック

名刺ノートブック

Fastever


Evernoteアプリのバージョンアップで新規ノート作成もサクサク動くようになりました。こうなると「Fasteverいらなくね?」みたいな意見も出てきそうですが、個人的にはまだまだ現役です。

連続でノートを作成したり、チェックボックス付きのノートを作れる点はFastEverの方が有利です。この辺は単純に好みの問題もありますが、文字情報だけを送ることを考えればFastEverの方が「早い」と思います。

FasteverSnap

どうもEvernoteでのスナップショットは画像サイズが大きいらしく、その辺を調整できるFasteverSnapはまだまだ現役です。複数枚の画像をまとめたい場合、あるいはテキストやボイスとミックスさせたものを作りたい場合は、本家アプリ召還となります。

Egretlist


Evernoteアプリのバージョンアップでノートの参照も結構サクサクできるようになりました。こうなると「Egretlistいらなくね?」みたいな意見も出てきそうですが、個人的にはまだ保留です。

本家アプリから「保存されて検索」に即アクセスできるようになったのは非常に便利で、チェックリストの確認作業はこれだけで完結してしまいます。ただ、リッチテキストの作成・編集はまだできないので、リストの作成などをiPhoneでやろうとするとEgerlistを召還せざる得ない状況です。

あと、私はEgretlistを発想ツール的に使っているので、その辺の役割的に使い続けていくことはありそうです。

利便性のさらなる向上

今回一番注目したのが、「画像」「添付ファイル」「位置情報」で抽出できるようになった点。これが利便性を向上させています。

画像とか

画像とか

PDFとか

PDFとか

例えば、私は「見知らぬ場所に出かけるとき参照する用」のノートブックを作っており、そこに時刻表だとか地図とかGoogleカレンダーから飛んできた予定だとかをまとめて放り込んであります。
※このノートブックもオフライン・ノートブックになっている。

後から探しやすいようにそのノートブックにはあまりノートを放り込まないようにしているんですが、「画像」だけ抽出し、表示してくれるならばそれほど気にする必要もなくなります。とっさに地図を探したい時に、画像だけ表示すればすぐに見つけられます。そして、たいてい地図というのは「とっさ」に必要になるものです。

「とっさ」に必要なものが、「とっさ」に取り出せる。ニーズと機能がマッチしていますね。非常に便利です。

要するにこれは、属性による絞り込みとイコールなんですが、特に必要度の高いものをピックアップしている感じですね。

注意点など

あとは現状のバージョンでの注意点などをまとめておきます。

以下はトブさんのBlogより。

【動画あり】iPhone版 Evernoteが完全リニューアル!! Evernote 4.0の新機能とは?(トブiphone)

敢えて一点だけ気になった事は「全てのノート」「ノートブック」から単独ノートを開く時に、タップだけで開けないこと。僅かに長押しして開く必要があります。

確かに少しだけ長押しが必要です。

あと、以前のようにiPhoneアプリ上で複数の検索条件を指定してノートを探すことができなくなっています。タグあるいはノートブックと先ほどの抽出、あるいはあらかじめ「保存された検索」をPC上で作成しておくことで対応しましょう。
※せめてノートブック内のノートを検索、あたりができると便利なんですが。

また、ノートブック・スタックには対応しておりません。この辺はおいおい追加されることでしょう。

さいごに

今までEvernoteのiPhoneアプリは「だめな子」あつかいされて来ましたが、このバージョンで一挙に普通のアプリ、あるいはかなり便利なアプリに昇格したと思います。

iPhoneアプリ版で、アクセスでしやすいのは「ノートブック」「タグ」そして「保存された検索」です。後は、外出時に使うようなデータはどのようなもので、どんな仕組みを作れば自分好みにできるか。そういうのを考えるのもまた一興です。

その他参考リンク:

▼こんな一冊も:

EVERNOTE「超」知的生産術
EVERNOTE「超」知的生産術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-02-26
売り上げランキング : 1206

Amazonで詳しく見る by G-Tools

アカギ―闇に降り立った天才 (第1巻) (近代麻雀コミックス)
アカギ―闇に降り立った天才 (第1巻) (近代麻雀コミックス) 福本 伸行

竹書房 1992-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle

1件のコメント

Other Links to this Post

  1. 乱立するEvernote関連書籍をまとめてみた | Find the meaning of my life. — 2011 年 3 月 2 日 @ 9:49 PM

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes