自由自在な連携エディタ「mivernote」

今回はテキストエディタの紹介。

おそらく「最強」と呼んでも良いのではないか、そんな気がするエディタの名前は「mivernote」。

まずは、実際に画面を見てもらった方が早いでしょう。

mivernote1

タブバーの横に鎮座するおなじみの象さんアイコン。こいつをポチッと押せば即座にEvernoteにノート作成されます。もちろんテキストデータの一行目が自動的にノートタイトルになります。

もう、わざわざファイル名を付けてセーブする必要はありません。Evernote上に作成されたノートは「from mivernote」という属性が自動的に付くので、後から検索する時にも便利です。

もう、これだけでも十分「いけてるエディタ」ですが、まだまだそんなものではありません。データの保存だけではなく、Evernoteからデータを引っ張ってくることもできます。

mivernote

なんと、指定したEvernoteのノートブックからノート一覧を取得しプレビュー形式で閲覧することができます。しかも、これらのノートはDrog&Dropで任意の順番に並べ替え可能。これで実際の情報カードのように直感的にノートを操作することができます。

新しいノートを新規作成することもでき、変更した内容はEvernoteに同期されることになります。

・・・

とまあ、引っ張るのも面倒になってきましたのでそろそろ止めておきます。もちろん上記のようなエディタは存在しません。エイプリルフールネタです。

でもまあ、こういうテキストエディタができたら便利だろうなとは思います。ほんと。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です