goEvernote(仮)をQuickSilverでもう一段早く&改名しました 

下記のブログで、goEvernote(仮)が紹介されていました。
※goEvernote(仮)についてはこちら

[Mac] キーボード・ショートカットでアプリケーションが起動できるようになる「Quick Silver」(ラクイシロク)

QuickSilverも他のランチャーアプリ__LaunchBarやAlfred__に劣らず多機能を備えているんですが、正直そこまで使いこなしてなかったです。まあキーボードだけでアプリが起動できればそれでいいか、という程度。単純にそれだけでも便利です。

でもって、上のホットキーの設定をしたら、goEvernote(仮)を使うのがさらに便利になりました。お使いの方は是非設定してみてください。

これまでは、

  • control + space (QS起動)
  • go (goEvernote表示)
  • return (goEvernote起動)

とかかっていたステップが

shift + command + , (goEvernote起動)

というワンステップに。
※上のホットキーの設定は私独自のものです。

「メモしたい!」という欲求ほど、速度的解決が求められるものもありませんので、手順の省略化はありがたいところです。

正式名称

というのはさておいて、そろそろgoEvernote(仮)という名前にも限界が来ているので、正式名称を決めておきたいと思います。製品、ではないですがあんまりEvernoteという文字を使うのもよろしくないでしょう。

というわけで、安直ですがこのアプリ名は

goEver

に決定しました。別にとある歌の詩から採用したわけではありません。否、断じて否。
こことかこことか。

機能的には、入力したテキストをEvernoteに送るだけのアプリです。

アプリを起動→メモを入力→OKで送信。
※OKボタンはcommand + returnで。

動作はこれだけ。iPhoneのFastEverをイメージしてもらえるとわかりやすいです。

一行目のテキストが自動的にノートタイトルになります。あと、現バージョンではタグは付けられません。

と、簡単なアプリなんですが、問題はアイコン。3分ぐらいで適当に作った画像なんで、ちゃっちいことこの上ありません。美的感覚に虫ずがはしる方は、自分でアイコン画像作って貼り替えてお使いください。

screenshot
ダウンロードする

では、快適なEvernoteライフを。

▼こんな一冊も:

EVERNOTE「超」知的生産術
EVERNOTE「超」知的生産術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-02-26
売り上げランキング : 12487

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。