KING JIMの「スキャンノート」をゲット

新しいノートを買いました。

キングジムさんの「スキャンノート」です。

一見すると普通のノートですが、中身も大体は普通のノートです。

特徴は、全ページにミシン目が入っている点。

つまり、切り取って使うことが前提のノートで、商品名が示すようにその行き先はスキャナです。ようはスキャンスナップで読み取ることが簡単にできますよ、というのが売りのノート。

詳細は、メーカーさんのウェブサイトでもどうぞ。

キングジム:スキャンノート

ちなみに今回購入したのはA5サイズの方眼。方眼が線ではなく点で構成されているので、主張が強くなく、スキャンに向いている用紙だな、とは感じました。こういう点は地味に大切です。

簡単な中身紹介

各ページには、このような切り取り用のミシン目が付いています。

これを使えば、ペリペリペリ〜と心地よくページを切り離すことが可能です。


※切り取り終えた図

これをスキャナに放り込めば完了、というわけです。断裁機が必要ない点はありがたいかもしれません。

でもまあ、普通のノートでもページをちぎるのが不可能、というわけではないので、「おぉ!すげぇ〜!」というほどの魅力はないかも。

ちなみに、ちぎり取った紙は、A5よりも少し小さくなるので、

こんな感じで、別のA5のノートに貼り付けることもできます。

スキャンして保存しておいたけども、普段持ち歩くノートにもセッティングしておきたい、といった使い方ができるかもしれません。

さいごに

以前からあるKOKUYOさんのフィラーノートもコンセプト的には似たような商品です。ただし、あちらはリング式であるのにたいして、こちらは綴じ。そのあたりが少しだけ違います。

ただ、切り取り線の位置的に、A5ノートの特徴である、「見開きで使えばA4」という運用は少しやりにくい印象。

全体的に面白いコンセプトで、細かい点にまで気配りがきいているノートだと思います。常用するかといわれると、まだちょっと判断がつかない感じですが。

▼こんなノートも:

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です