Scrivenerへの散歩道#001

一部では「物書きの楽園」とも、「物書きの極楽」とも呼ばれているScrivener

私も物書きとして、このツールにあこがれを感じていました。だって、なんだか凄そうなんです。スクリーンキャプチャを見ただけで、そういうオーラが漂ってくるのです。

Scrivener

カテゴリ: 仕事効率化, 教育

販売元: Literature & Latte – Literature & Latte Ltd
リリース日: 2011/07/06

越えられない壁

しかし、全て英語&機能が盛りだくさん、という二つのハードルで若干の取っつきにくさを感じていました。まあ、普通のエディタで十分じゃないか、そんな風に酸っぱいブドウを眺めていたわけです。

が、やはり大きな構造を持った原稿を書く場合、普通のエディタではちょっと苦しい場面が出てきます。全体像と細部を行ったり来たりするのが、普通のエディタだとちょっぴり面倒なのです。で、このアプリならそれがうまく出来そうな気がしていました。

というわけで、とりあえずフリー版でダウンロードしたものの、どうにもうまく使えない。最初にEvernoteと接したときに感じた、「どう使っていいのかが見えてこない」と似たような感覚を覚えていました。まあ、それはそうです。普通のエディタではないのですから。

この、「高機能なエディタではなくちょっと違った種類のエディタなんだ」ということに気がついたとき、始めてScrivner(スクリヴナー)とのパスがつながった気がしました。
※ちなみにその時に有償版に切り替えました。

とはいえ、このアプリに装備されている大半の機能を私は使っていません。あるいは使えていません。しかし、本の執筆を進める上でこのアプリと共に歩いて行こうと思えるぐらいには慣れてきました。

というわけで、これからちょこちょことScrivenerについても当Blogで書いていきたいと思います。
※「わかりやすいScrivener解説」的な記事は期待しないでくださいますと大変助かります。あと、全てMac版でのお話です。

まずは新規作成

Scrivnerでは、一つのコンテンツが「project」として扱われます。なので新規作成は「New project…」から行います。

まったく白紙の状態から始めることもできますし、あらかじめ準備されているフォーマットを使うことも可能です。WordとかExcelをイメージしてもらうとよいでしょう。

とりあえず、あまりよく分からないうちは白紙(Blank)から始めてみるのがよいかと思います。形式を選択すると、ファイル名の入力が促されるので、何か名前を決めましょう。

ウィンドウ

そうすると立ち上がるのが次のようなウィンドウ。ボタンやらなにやらがいっぱいです。この辺で若干挫折しそうになりますが、別に全てを使わなくても文章は書けるので安心です。

今回はウィンドウ上部に存在するツールバーに注目してみましょう。アイコンが横にずらっと並んでいる部分です。

ツール群1

左から「Binder」「Collections」「Layouts」。

「Binder」はウィンドウ左サイドにあるバインダー(リストっぽいもの)の表示のオン・オフを切り替えます。Evernoteのノートブックリスト的なイメージを持ってもらうと良いかもしれません。これをオフにするとサイドバー自体が消えます。まあ、オンにしておいたほうが使いやすいと思います。

サイドバーが表示されている状態で「Collections」を押すと、「Collections」が表示されます。コレクションについては今回は考えないようにしましょう。

「Layouts」はレイアウトのマネジメント。保存したりできるようですが、今回は考えないようにしましょう。

ツール群2

左から「Add」「Trash」。

ようは要素の追加と要素の削除です。見たままですね。

「Add」は長押しすると「New Text」「Net Folder」「Import Web Page」の3つから選べるようになります。この3つが何なのかは、今回は考えないようにしましょう。

「Trash」は選択中の要素をTrash(ゴミ箱)に送ります。削除するのではなく、ゴミ箱という場所に移動させる、という感じです。

この二つはバインダー上のcontrol+クリックから操作できるので、使う場面は少ないかもしれません。

ツール群3

左から「compose」「keywords」「QuickRef」。

「compose」は画面の切り替え。標準の画面が消失し、黒背景と文章のみという集中モードに移行します。これが大変便利。option + command + f でもこのモード切り替えが可能です。これは覚えておいた方がよいでしょう。

「keywords」はキーワードパネルの表示(on/off)を切り替えます。キーワードについては、今回は考えないようにしましょう。

「QuickRef」は、現在選択されている文章をミニエディタで表示してくれます。クイックリファレンスですね。また、バインダーから文章を選択して、このアイコンにドラッグすることも可能です。

ツール群4

左から「comment」「Wrap」「Compile」。

「comment」はその名の通り文中にコメントを残せます。「この辺もっとシンプルに書いた方が良い」とか「具体例を入れよう」とか、まあそういうやつですね。

「Wrap」を押すと、ウィンドウの真ん中部分(レイアウトビューと呼ぶらしい)が「ページビュー」という状態になります。ようは「印刷したらこんな感じになるよ」という状態です。下部の文字数などを表示している部分にページ数の情報も追加されるようになります。

「Compile」はコンパイル、つまり編纂ですね。完成した原稿をさまざまなフォーマットに変換することができます。高機能なExportぐらいに捉えておけばよいでしょうか。ちなみに変換できるファイルフォーマットは、列挙するのが躊躇われるぐらいたくさんあります。

ツール群5

「view mode」。

レイアウトビューの表示を切り替えます。左は標準のテキスト。真ん中はコルクボード(+情報カード)。右がアウトラインです。ちなみに、私が一番このアプリに引かれたのは真ん中のコルクボードの存在です。coolですね。

ツール群6

左から、「Find Synopsis」「Search」「inspector」。

「Find Synopsis」は、Synopsis Finder(シノプシスファインダー)なるものを表示してくれます。シノプシスファインダーについては、今回は考えないようにしましょう。

「Search」は説明不要でしょう。見たまま検索窓です。

「inspector」は右側のサイドバーの表示を切り替えます。また、このサイドバーもいろいろ機能があるのですが、初めは気にしないでよいかもしれません。とりあえず、いろいろあるんだな、というぐらいで。

さいごに

ちなみにこのツールバーはカスタマイズ可能です。バーのアイコン部分以外の部分をcontrol付きでクリックするとカスタマイズ要素が表示されます。

選択できるのは、

表示種類:「Icon and Text」「Icon only」「Text only」「Hide Toolbar」
アイコンサイズ:「Use Small Size」(on/off)
ツールバーのカスタマイズ: 「Customize Toolbar…」

です。とりあえずカスタマイズのことは後回しにして、デフォルトで(アイコンが気になるならスモールサイズで)使うのがよいかと思います。

というわけで、今回はツールバーの紹介をしてみました。次回は、何を書くのかまったく未定です。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle

1件のコメント

Other Links to this Post

  1. R-style » Scrivenerへの散歩道#002 そもそもScrivenerとは何か? — 2012 年 10 月 31 日 @ 10:44 AM

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

WordPress Themes