Scrivenerへの散歩道#005 さまざまなファイル形式へのコンパイル

前回は入力画面の切り替えにつて紹介しました。実は、単に文章を書くだけならば、これまで紹介した機能だけでほぼ事足ります。

もちろん、執筆を補助してくれる多数の機能はまだ山のように存在しているわけですが、今回は足を速めて、文章を一通り書き上げた後の話をしてみましょう。

Scrivener

カテゴリ: 仕事効率化, 教育

販売元: Literature & Latte – Literature & Latte Ltd
リリース日: 2011/07/06

コンパイル

一般的なテキストエディタは、エディタに文章を書いて、txtファイルで保存してそれで終了です。

しかし、Scrivenerは完成した文章をさまざまなフォーマットに書き出すことができます。最終的な成果物はその書き出したファイルになるので、Scrivenerの左サイドバーでは、原稿データが「Draft」(下書き)と名付けられているわけです。

さまざまなファイル形式

さて、たとえばpagesというMacのエディタであれば、テキストやリッチテキスト、PDFファイルへの書き出しが可能です。もちろん、高性能なScrivener君は、それらを悠々とこなしてくれます。でもって、それ以外のいろいろな形式も対応しています。

いちいち名前を列挙するのも手間なので、「Compile」ボタンを押したときの画面をご覧ください。

お馴染みのファイル形式もあるでしょうし、聞き覚えのないファイル形式もあるかもしれません。

とりあえず注目したいのが「ePub」と「mobi」です。そう、電子書籍のファイル形式ですね。そういうのにも書き出しできちゃうわけです。
※mobiはKindle eBook用のファイル形式です。作成にはKindleGenが必要です。

さいごに

今、あえてこの連載を進めているのは、このあたりに意図があります。つまり、電子書籍を作るエディタとしてScrivenerって使えるんじゃないですか、ということです。

私は目下、手持ちの締め切りでアップアップしておりますので、試しておりませんが、テキストオンリー&横書きの電子書籍ならわりと簡単に作れるのではないかと思う今日この頃です。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle

1件のコメント

Other Links to this Post

  1. R-style » Scrivenerへの散歩道#006 コルクボードを使ってみる — 2012 年 11 月 28 日 @ 7:01 AM

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

WordPress Themes