日本の核保有議論について

北朝鮮核実験:「日本の核保有議論も大事」麻生外相が発言

 麻生太郎外相は18日の衆院外務委員会で、北朝鮮の核実験問題に関連し「隣の国が(核兵器を)持つことになった時に、(日本が核保有の是非を)検討するのもだめ、意見の交換もだめというのは一つの考え方とは思うが、議論をしておくのも大事なことだ」と述べた。「非核三原則を維持する政府の立場は変わっていない」と前置きしたうえでの発言だが、現職の外相の発言だけに今後国内外で波紋を呼びそうだ。

これに関してはもちろん大幅な反対もあるだろうし、そういう議論も存在としてはありという意見もあるだろう。
ここで問題とされているのは、保有するかどうかの議論があるやなしや、ということであって、直接持ちますということではない。

民主、「核保有議論」発言巡り集中審議を要求

高木義明国対委員長は役員会後の記者会見で「国際社会に誤ったメッセージを送ることになる。閣内は一致しているのか」と述べ、閣内の不一致を追及する考えを示した。

ここで言われている国際社会に送られるメッセージというのは「日本が核を持つかもしれないぜ」ということであろう。
しかし逆に考えれば、核保有の議論さえ放棄することで日本が国際社会に送っているメッセージというのは「核持たないから攻撃しないでください」という程度のものであろう。
唯一の被爆国としての日本のメッセージとしては少々弱いものが感じられる。
しかしながら、核の廃絶を力強く訴えるには、その核を大量に保有するアメリカに国防を頼りすぎているという現実がある。

今後核保有の議論と共に自衛隊のあり方というのも当然議論されていくだろう。この二つは単純に切り離して考えることは出来ない。もし核兵器を所有するとなれば当然自衛隊は戦力を持った軍隊として存在しなければならないし、そうなればアメリカとの同盟関係の形も変更して行かざるえないだろう。もちろんそれは日本の独断で行なえることでもない。

議論することも大切だとただ言ってみても、実質的に核を所有することはそれほど単純なことではない。この日本の本質的なものを根こそぎ変えてしまう可能性すら持っているのだと思う。それは単純に強力でかつ危ない兵器を所有するというだけにとどまらず、もっと象徴的な意味すらもっているような気がしてならない。

このまま北朝鮮がチキンゲームを続ければ続けるほど、ある程度均衡を保っているバランスが崩れていくのは間違いない。しかし、この日本には北朝鮮に対して直接プレッシャーをかける事は出来ない。それは今の現実である。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

4件のコメント

  1. 核の保有ということについて議論するというのは私も大切なことだと思いますよ。
    核=兵器ではありませんしね。
    核は保有しないといっておきながら、エネルギー源として使わざるをえない日本、日本沖にロシアが原子力潜水艦を破棄しても何もできなかった日本、米国の核搭載と思われる母艦の入港するのを止められない日本なのですから、なおのこと、議論しておいたほうが良いと思うのです。
    ただ、民主党はじめ、誤った方向に日本を導く発言だというような頭の悪い煽りは、非常にお下品なので、やめていただきたいですね。

    追伸:
    先日は自分の名前を間違えて記述し、混乱させてしまってすみませんでした。(_o_)

  2. 私のブログでも散々書きましたが
    議論の必要性はありますよね、どうみても。
    しかし多くのマスコミも政治家も口をつぐむ。
    核保有の議論の根本は、日本をどう守るかというところから来ているわけです。
    日本をどう守るのかという議論さえないのは異常です。
    今の日本の現状把握するいい機会だったのに・・・

  3. >CAMUSさん
    どうも、なんか民主党というのはその辺の戦略がへたくそですよね。非常に反感を買いやすい方法しか選んでいない気がします。そのあたりが弱い点なんでしょうけども。

    追伸:
    パッと見たとき何か違和感感じたんですけども、なんとなくCAMUSさんかなぁとうすうす感づいちゃいました。しかしCAMJUSってなんて発音するんでしょうね(笑)

  4. >梟の目さん
    やはりまだなんだかんだ言って古い時代の人間が多く残っているのでしょう。その人たちの中ではタブーは古傷のように触ってはいけないものとして居残り続けていくのかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です