「ライトなラノベコンテスト」最優秀賞受賞作品!

株のディーラーである私は、きわめて優秀なAI「アリス」をパートナーとしている。

いつものようにITを駆使して情報の裏を読み、ある銘柄に目を付けた。

すべては読み通り、順調に進むかのように思えたが……

――部屋を出る直前、ふと「視線」を感じて振り返ると、いつもならすぐに消えてしまうアリスのホログラフィが、私のことをジッと見つめ続けていた――

倉下忠憲(著),ぽよよんろっく (イラスト), 藤井 太洋 (監修)

2014年5月15日 刊行

アマゾンでチェック!

ご紹介頂いた記事など

ライトなラノベコンテスト作品を読む1 「アリスの物語」(原点回帰―Running possible―)

アリスの物語(映画・小説などの感想)

『アリスの物語』+監修PDFに、「読み手のためにとびっきり親切になる」ということを学ぶ(超優良文章教材のご紹介)(単純作業に心を込めて)

アリスの物語 倉下忠憲 impress QuickBooks(この世の全てはこともなし)

「アリスの物語」を読みました!続きをください!!(TRAVELING)

ライトなライトノベル「アリスの物語」はシリーズのはじまりの物語として記憶されるべきである(みたいもん)

ライトなラノベ「アリスの物語」がもたらす勇気について(Lifehacking.jp)

『文章教室』(結城浩)と『アリスの物語』監修PDF(倉下忠憲・藤井太洋)に、ウェブによる教育の可能性を見る(単純作業に心を込めて)

ライトなラノベ「アリスの物語」を読んで感じる「ラノベってこんなもんだっけ?」感(あざなえるなわのごとし)

2度楽しめる 「ライトなラノベコンテスト」受賞作(ゲームの闇鍋)

倉下忠憲さんの『アリスの物語』を読んでみた(ogatism)

【書評】アリスの物語(たけの書見台)

初めてのジャンル、ライトノベルを読んでみた ”アリスの物語”(今日よりいい明日がきっとあるはず)