『まるで未来からやってきたかのような』

Category Allegory

amazon_detail

有料メルマガ「Weekly R-style Magazine」で連載していたエッセイをまとめました。

2012年に書かれたエッセイが40本+α。ブログ、文章作法、知的生産、教養、時事ニュース、電子書籍、エトセトラ、エトセトラ、とテーマはさまざま。

考えたことをつらつらと書いておりますので、何かしら考えるヒントになれば幸いです。

倉下忠憲 著
2014年07月30日 刊行
定価 300円(税込)

アマゾンでチェック!

目次紹介

  • 常識を疑うこと、あるいはその癖
  • ”道具に使われている”という言葉
  • タコと革命
  • 1991年と教養課程と今の教養
  • 情報という科目単位
  • エントロピーと情報と欲望の関係性
  • 過労自殺と仕事先の選択について
  • 気をつけます
  • 評価する人の評価
  • ボーリングと文体
  • グッバイPPG
  • 電子書籍とコンビニの棚
  • ランニングコストとケチ・ハッカー
  • ハイコンテキストな<ヤバイ>
  • マナー音痴
  • 自分なりのブログスタイルについて
  • わからないこと耐性
  • これから欲しい教科
  • 対話相手の素養
  • 定点観測と自分パラメータ
  • コンビニで買い物
  • 予期せぬ成功に注目する
  • 優しさとブタ
  • フィードの消化、という言葉
  • プレイリストの共有と、松丸本舗の3冊セット
  • 文章の袋小路 あるいは不完全な創世の神
  • ゆがんだ怒り方
  • バタ足と楽しい仕事
  • cakesと新しい登竜門
  • 攻撃的な信者と言葉にならない良さ
  • きんちょーという言葉
  • もしお気に入りのお店が
  • kindleストアと個人の書き手の展望
  • 電子書籍戦略
  • 自分に自信を持つということ
  • 本棚に潜むエロス
  • まるで未来からやってきたかのような
  • やってみて、得られるもの
  • 自分が書く本の目標
  • 献本の取り扱い
  • おわりに
  • 著者プロフィール
  • 奥付

ページサンプル

サンプルページ

※EPUBビューアー「BiB/i」を使用しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です