Posts tagged: ノート

ハイブリッドな思考ノート LIFE「デュエットノート 方眼&横罫」

なかなか不思議な感触を持ったノートです。

20130529093341

手にとってまず目に付くのが、そのサイズ。

195×236mmと、普通のノートよりもいくぶん正方形に近いサイズになっています。

表紙をめくると、

20130529085032

ご覧の通り、左右のページで用紙スタイルが違います。

左が方眼(5mm)で、右が横罫(7mm)。実に、ツボを押さえた間隔です。

用途としては、見開きでワンコンテンツを扱うことになるでしょう。で、使ってみると、案外この「ハイブリッド」が良い感じなのです。

実際に使ってみたの例

20130529093228

左ページ:付箋で概要を整理
右ページ:リストにて具体要素を整列

20130529093234

左ページ:マインドマップで小説のアイデア書き出し
右ページ:連載の流れを仮決め

20130529093242

左ページ:物語の要素の相関図を描く
右ページ:中心となる要素(設定)の書き出し

概して言えば、左が平面空間を使った情報整理、右が線形空間(文章、リスト)を使った情報整理、となるでしょうか。

一望できるノート

このノートのポイントは、両者の要素が「一目に入ってくる」という点です。

デジタルツールの場合、「ビジュアル」はビジュアル用のツール、「テキスト」はテキスト用のツールと、別々のツールを使うことになります。

大きいディスプレイ(かサブディスプレイ)を使わない限りは、両者を並列して並べることはできません。ウィンドウか画面の切り替えが必要です。そのスイッチは、認知的に少々負荷が高いものがあります。

また、平面空間で情報を整えていたら、線形空間の続きを思いつき、それを書き出していたら、再び平面空間での追加要素を思いついた、なんてことも起こりえます。

ノートであれば、単に手を右から左、左から右に動かすだけで済みますが、デジタルの場合、ツールの切り替えが必要で、さらに言えば、そこには「入力方式」の切り替えも必要です。頭の使い方を微妙に変える必要があるのです。このスイッチングも地味に認知資源を浪費してしまう可能性があります。

手書きであれば、そういう心配はほとんどありません。

さいごに

もちろん、この「デュエットノート」を使わなくても、アナログノートならば異なった要素を並列させることは簡単にできます。その辺の「拡張性」はアナログツールの強みと言えるでしょう。
※このあたりの話題は『ハイブリッド発想術』でも多少触れました。

ただ、実際に使ってみると、このノートのサイズが非常にうまく設定されていることがわかります。

皆さんが、紙ツールでアイデア出しを行う場合、長方形の紙を横に向けて使うでしょう。
※いつも縦で使っている方は、ぜひ一度横でやってみてください。きっと「心地よさ」がアップするかと思います。

科学的な根拠はひとまず置くとして、私の経験から言えば、紙の縦と横ではアイデア出しのやりやすさはまるで違います。

で、普通のノートの片方のページを平面空間利用しようとすると、どうしても「手狭」に感じるのです。縦向きの長方形ですからね。

このデュエットノートは、横長とまでは言えないまでも、ある程度の横幅が確保されています。個人的には、もう少し幅広でも良いかもしれないとは感じますが、ギリギリセーフのラインはキープしています。

たかだか数ページ使っただけの感想ですが、このノートはまさに思考のためのツールと言えそうです。何かを記録するだけのノートとして使うのはちょっともったいないかもしれません。

※方眼&無地のバージョンもあるようです。

▼こんな一冊も:

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術) 倉下 忠憲

技術評論社 2012-06-30
売り上げランキング : 124124

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Send to Kindle

紳士なノート「アピカ Premium C.D. NOTEBOOK」

随分前に購入したのですが、使いどころを決めかねて、ずっと放置していたアピカの高級ノートを使い始めました。

妙な言い方ですが、上質すぎて書くのに心理的抵抗感が生まれてしまうかもしれない、そんなノートです。

ちなみに購入したのはA5の無地。価格は945円。

公式サイトはこちら

「A. Silky 865 Premium」という特別の用紙が使われており、「糸かがり綴じ」なのでフラットにノートが開けます。

ノートの中身

20130126104913

こちらが表紙。ビニールカバーと帯をいまだに付けたままなのは貧乏性の表れですね。表紙のデザインがなかなかCoolです。

20130126104929

表紙を開くと登場するのが、Indexページ。明らかにこのページ数のIndexとしては力不足ですが使い方次第と言ったところでしょうか。

20130126104943

あとは、こういう白紙のページが続いていきます。
※本文枚数96枚

用途

こういう高級ノートを「書き殴って使う」ことは、私の心理様式的に無理なので、丁寧に書いていくことにしました。

これから電子書籍周りで「小さな本」の企画が大量に必要になってくるでしょうから、それをまとめておくための場所が今のところこのノートの役割です。

しかし、とりあえず書いてみないことにはなんとも言えない、というのもノートの特徴です。そういう時は、「貼る」を活用するのが「ノート術第三条第一項」ですね。

20130126105027

ノートの目次、というわけではありませんが、複数の企画案を別の用紙に書き出したものをマスキングテープで貼ってあります。いつでもリライト可能なので安心感がありますね。

20130126105041

さらにページ本体も付箋を貼りまくります。これなら1ぺージ○○円なんて考える必要はありません。もちろん、ある程度固まりだしたら、きっちりペンで内容を「固定」させることも必要でしょうが、それはもう少し後のことになりそうです。

まずはある程度使っていくことで、このノートとの心理的距離感を詰めていくのが最初の試みになるでしょう。

さいごに

一冊のノートに全てまとめちゃう方法もありなんですけども、特別なノートを作るというのもなかなか趣が深いものです。また、そのノートに向き合うことである種のムードが生まれる、という機能的側面も生まれます。こういう機能は案外見逃せません。

さてさて、このノートが半分埋まるくらいには、自著の電子書籍が発売できているとよいのですが。

Send to Kindle

多ノート派、という選択 #yournote

私の日常を支える4冊のノート #yournote(すみっこの記)

自分が普段使っているノートを公開するという企画があるようです。おもしろそうですね。・・・・・・

よろしい、ならば公開だ
征くぞ 諸君

どっさり

「普段使い」のノートだと、こんな感じです。

その他、買ってはみたものの・・・的なノートはたくさんありますが、そこまで足を伸ばす必要はないでしょう。

では、このノート群をいくつかカテゴリーに分けて紹介していきます。

手帳

説明不要の、ほぼ日手帳2012。お気に入りのカバー付きです。行動記録などの「ログ」をメインに書き込んでいます。

手元のノート

手元によく置いてあるノートは3つあります。

まず、ノートカバー+A5キャンパスノート+リーガルパッド+A4コピー用紙のセット。机の上にはだいたいこれが広がっています。
無印のノートカバーを改造して、3つのツールを持ち運べるように


※A5キャンパスノートは、かなりラフな使い方

そして、普段持ち歩いているメモ的ノート。
おや、見たことのあるハードカバーのノートが


※じゃじゃっと思考を書き出す。

最後の一つがNUboard。ホワイトボードノートです。ちゃちゃっと書いて、iPhoneのカメラで撮影→Evernoteの流れがGood。
NUboardゲット

テーマノート

キャンバスノートB5サイズ群。

特定のテーマを勉強するときに使っています。学びのためのノートですね。最近はここに記入するようなことをメルマガの連載で書いているので、使用頻度は落ち込み気味。

育てるノート

モレスキン・ラージについては、シゴタノ!に書く予定なので割愛。

モレスキン・ヴォランは、ある方からの頂き物なんですが(ありがとうございます)、「物書きの心得」みたいなものを集めています。本を読んだりして、「これは、自分にインストールしたい」というものを手書きで写している、ということですね。

さいごに

こうしてみると、馬鹿みたいに使っていますね。いいんです、ノートが好きだから。それが私の「選択」です。

ちなみにiPadの手書きノートアプリもあるんですが、今回は省略しておきました。

さてさて、みなさんは普段どんなノートを、どんな感じに使っておられるのでしょうか。

▼一応参考リンク:
単語記事: よろしいならば戦争だ

▼こんな一冊も:

シゴタノ!手帳術
シゴタノ!手帳術 倉下 忠憲 北 真也 大橋 悦夫

東洋経済新報社 2012-03-30
売り上げランキング : 16039

Amazonで詳しく見る by G-Tools

クラウド時代のハイブリッド手帳術
クラウド時代のハイブリッド手帳術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-09-23
売り上げランキング : 31024

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術) 倉下 忠憲

技術評論社 2012-06-30
売り上げランキング : 16453

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Send to Kindle

おや、見たことのあるハードカバーのノートが

毎度お馴染みモレスキン。

ではありません。

この写真をみるとピンとくるでしょうか。

私が普段使っている、エトランジュ・ディ・コスタリカの「re-colleciton」シリーズのハードカバー版です。

いやいや、そっくりですね。えっ、何に?

並べてみました。

左から、ダイソーで購入できるダイスキン、re-collectionハードカバー、モレスキン・ポケット、です。

ちなみに(平均的な)価格は、105円、945円、1,890円、となっております。

なんかもうよく分からなくなってくる価格差ですね。といっても、見た目が似ているからといって、スペックまで同じというわけではありませんので、あしからずです。

今回、私が買ったのが、「ポケットノート(罫線)208ページ」(RCP-H2-02)。その他のノートと同様に本体をとめておくゴムバンドも健在です。

ノートを開けてみると、普段使っているre-collecitonそのままです。使い勝手に関する違和感みたなのはまるでありません。

ノートの最終ページにはポケットが付いて、いません。

それにしおり紐もなしです。ダイスキンですら紐が付いているのに・・・。

いや違うな、ダイスキンが明らかに価格対機能でオーバースペックなノートなんだ。そうだ、そうにちがいない。

などと考えながら、どうやってDIYしてやろうかと考え中です。しおり紐は紐とテープがあれば簡単に自作できるとして、ポケットが問題ですね。5×3の情報カードを挟んでおけるポケットが付いていると個人的にはむっちゃ便利なのです。

その辺はまたおいおい100円ショップでも漁りながら考えるとしましょう。

▼こんな一冊も:

[整理・勉強・手帳・ノート]の100円ショップ文具術
[整理・勉強・手帳・ノート]の100円ショップ文具術 文房具朝食会 多田 健次

ダイヤモンド社 2012-07-27
売り上げランキング : 2437

Amazonで詳しく見る by G-Tools

クラウド時代のハイブリッド手帳術
クラウド時代のハイブリッド手帳術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-09-23
売り上げランキング : 188444

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Send to Kindle

無印のノートカバーを改造して、3つのツールを持ち運べるように

去年から愛用している無印のノートカバー。
無印のノートカバーを購入したので、リーガルパッドとノートを差し込んでみた

試行錯誤を経て、使い勝手の良い形に落ち着きつつあります。施したのは、ちょっとしたカスタマイズだけ。それでも自分のニーズとピタリ適合していれば、ググンと使い勝手はあがるものです。

ノートカバーを開くと、こんな感じ。

右手に、KOKUYOのキャンパスノート。A5(40枚)。旧デザインですね。実はデザインが変わる前に少し買いだめしておいたのです。もう在庫がないので、次からは新デザインにチャレンジしなければいけません。

左手には、リーガルパッド。一日分のタスクを書き出したり、簡単な構成案をリストにしたり、プロジェクトの「次の行動」が曖昧になってきたときなど、頭の中を整理するときにも使えます。

ここまでは、以前のバージョンと同じ。

写真をよく見てもらうとわかりますが、この二つの間に白いものが見えます。インキュベーターではなく、A4のコピー用紙ですね。

私はアイデア出しなどを行う場合、その辺の紙(つまりコピー用紙)をよく使うのですが、これを持ち運ぶのが少し面倒です。そのままカバンに突っ込んだら悲劇が待っていますし、クリアファイルに入れるのも少しだけ大げさな気持ちがしてきます。

その点、こうしてカバーノートにセットしておけば、「ちょっと持って行こう」などと決意しなくても、コピー用紙がいつでもあなたのそばにいてくれます。すたんとばいみーですね。

そのままの状態でも、コピー用紙を挟み込むことはできますが、出し入れが少し面倒なので、左側のカバーの上部をペリペリと切断しました。ここを切っておくと、小細工なしでリーガルパッドが挟み込めるのもメリットです。

これで、「綴じノート」「リーガルパッド」「A4コピー用紙」の3つの文房具を気軽に持ち運ぶことができるようになりました。

先日紹介したブレスト七つ道具と合わせれば、悠々ブレストライフを送れますね。
「ブレスト用七つ道具ボックス」

▼こんな一冊も:

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術) 倉下 忠憲

技術評論社 2012-06-30
売り上げランキング : 33614

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Send to Kindle

KING JIMの「スキャンノート」をゲット

新しいノートを買いました。

キングジムさんの「スキャンノート」です。

一見すると普通のノートですが、中身も大体は普通のノートです。

特徴は、全ページにミシン目が入っている点。

つまり、切り取って使うことが前提のノートで、商品名が示すようにその行き先はスキャナです。ようはスキャンスナップで読み取ることが簡単にできますよ、というのが売りのノート。

詳細は、メーカーさんのウェブサイトでもどうぞ。

キングジム:スキャンノート

ちなみに今回購入したのはA5サイズの方眼。方眼が線ではなく点で構成されているので、主張が強くなく、スキャンに向いている用紙だな、とは感じました。こういう点は地味に大切です。

簡単な中身紹介

各ページには、このような切り取り用のミシン目が付いています。

これを使えば、ペリペリペリ〜と心地よくページを切り離すことが可能です。


※切り取り終えた図

これをスキャナに放り込めば完了、というわけです。断裁機が必要ない点はありがたいかもしれません。

でもまあ、普通のノートでもページをちぎるのが不可能、というわけではないので、「おぉ!すげぇ〜!」というほどの魅力はないかも。

ちなみに、ちぎり取った紙は、A5よりも少し小さくなるので、

こんな感じで、別のA5のノートに貼り付けることもできます。

スキャンして保存しておいたけども、普段持ち歩くノートにもセッティングしておきたい、といった使い方ができるかもしれません。

さいごに

以前からあるKOKUYOさんのフィラーノートもコンセプト的には似たような商品です。ただし、あちらはリング式であるのにたいして、こちらは綴じ。そのあたりが少しだけ違います。

ただ、切り取り線の位置的に、A5ノートの特徴である、「見開きで使えばA4」という運用は少しやりにくい印象。

全体的に面白いコンセプトで、細かい点にまで気配りがきいているノートだと思います。常用するかといわれると、まだちょっと判断がつかない感じですが。

▼こんなノートも:

Send to Kindle

ダイスキンラージをゲット

以下のブログで紹介されているのを見て、早速ダイソーへ。購入してきました。

ダイスキンの新ラインナップ:B6サイズ(tadachi-net 出張所)

モレスキンっぽいダイソーのノート。通称ダイスキンのラージサイズです。

なかみ

商品名は「B6サイズノート 72枚(レザー風バンド付き)」。ほぼ、これで全てを表現していると言ってよいでしょう。もちろんハードカバーです。

ページ数72枚というのは、少々心許ない気がしますが、105円なんで文句は言えません。

むしろ、このスペックで105円なのか、という驚きの方が強いです。紙質も「あぁ、いかにも105円のノートだな」といった感覚はありません。わりと安心して使える印象。

ただ、上のブログでも書かれているように、最初と最後のページの根本がくっついていて、若干(というか、かなり)使いづらいです。まあ、この辺は仕方がないですね。

さいごに

これで無地か方眼が出たら、かなり好感触なノートシリーズになるのではないかと個人的には思います。

安くてしっかりしたノートが欲しい、という方はダイソーにGo!してみてください。

Send to Kindle

ミドリのMDノート(方眼罫)をゲット

しばらく前にミドリのMDノートをゲットしていたんですが、iPadを買ったりなんかしていたら、すっかりレビューが遅くなりました。

MD系アイテムはこちらを参照のこと。

しっかり系ノートとしては定番的アイテムです。

概要

サイズは文庫本サイズ。価格は630円。種類は「無罫」「横罫」「方眼罫」の三種類あるんですが、私は「方眼罫」をチョイス。

ページ数は176ページ。モレスキンには劣りますが、ノートとしては十分なページ数でしょう。標準で糸しおりが1つ付いています。

カバー代わりに透明のセロファン紙が付いています。取って使うも良し、マスキングテープなんかで固定させてそのまま使うも良しです。
セロファンカバー

あと、インデックスシールが三枚付いていました。「IDEA」「DIARY」が印字されたものと、まったく無地のものが1つ。私はシールを組み合わせて「IDEA DIARY」としておきました。「アイデアマラソン」的な感じですね。

無地のシールには開始日付を。ノート術の基本です。

ちなみにカバー無しの状態だと、やや頼りない感じがあるので何かしらのカバーを付けた方がよいでしょう。
カバー無し

中身

さて、ノートの中身です。

第1ページ。ノートの中身についての要約や、ここに日付を書くのもありでしょう。
第1ページ

用紙はクリーム色っぽい印象。目に優しい感じです。罫の色は薄めの青という印象。
用紙

その他の「方眼」と少し違っていて、凵(うけばこ)が並んでいるような感じです。マス目とマス目の距離が若干空いているので、普通の方眼に比べると圧迫感が小さい印象があります。なかなか独特ですね。

書き心地

ノートに関しての重要な要素である書き心地ですが、これは「さすが」といったところ。「書く事にこだわった」と銘打っているMD用紙だけあって、しっかりとした書き心地があります。走り書きでメモをとるというよりも、じっくりと腰を据えてノートに向かい合う、そういう使い方に合った用紙だと思います。

JetStream、Dr.Grip、preppy、カラーサインペン、などで書いてみましたが、違和感を感じることはまったく無かったです。
ボールペン

サインペン
個人的にはノートの角が尖っているというのが多少気になる点です。モレスキンとかリコレクションは角が丸まっているんですよね。別にたいしたことじゃないんですが、そういう細かいところに「好み」というのはいろいろ出てきます。
モレスキンとMDノート

さいごに

ノートの質、値段対ページ数、などは個人的評価が高いアイテムです。

ただ、ノートの表紙がそのままだと弱々しい印象があるのが若干気になるというぐらいです。使い捨てのノートではない分、そのまま本棚に置いても「しっくり」くるようなものであれば良いかなと思います。

▼こんな一冊も:

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス) 美崎 栄一郎

ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2009-09-11
売り上げランキング : 4918

Amazonで詳しく見る by G-Tools

モレスキン 「伝説のノート」活用術~記録・発想・個性を刺激する75の使い方
モレスキン 「伝説のノート」活用術~記録・発想・個性を刺激する75の使い方 堀 正岳 中牟田 洋子

ダイヤモンド社 2010-09-10
売り上げランキング : 8636

Amazonで詳しく見る by G-Tools

MOLESKINE モレスキン スクエアードノートブック・方眼・ラージ
MOLESKINE モレスキン スクエアードノートブック・方眼・ラージ MOLESKINE

カファ 2008-09-01
売り上げランキング : 17085

Amazonで詳しく見る by G-Tools

MDノート 横罫
MDノート<A5> 横罫” /></a></td>
<td valign=
ミドリ
売り上げランキング : 21431

Amazonで詳しく見る by G-Tools

MDノート 無罫
MDノート<A5> 無罫” /></a></td>
<td valign=
ミドリ
売り上げランキング : 37219

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Send to Kindle

手帳やノートと合わせて使う、付箋・マスキングテープの活用

前回は「クリアフォルダ」でしたが、今回は付箋とマスキングテープについて。
これも、使い勝手のある文房具です。今回は両方合わせて紹介。

手帳に合わせて

手帳と「付箋・マスキングテープ」の組み合わせです。

ダイレクトリンク

まずは、「付箋を使ってのダイレクトリンク」。

特定のページへのダイレクトリンク

特定のページへのダイレクトリンク

これはありがちですね。よく使うページをすぐに開けるようにするための方法です。手帳にはしおり紐も付いているんですが、それは「その週」や「その日」のページ管理に使うのがほとんどです。それ以外のレファレンス的ページへのアクセスとか、進行中プロジェクトについて書いてあるページへのアクセス手段が確立できます。

ポイントは紙の付箋ではなく、フィルムタイプのものを使った方が良いという点です。ハードで長期な使用に耐えられるものをセレクトしましょう。

クレド管理

手帳第一ページにクレドを貼っておく

手帳第一ページにクレドを貼っておく

手帳を開いた第一ページ。付箋に「クレド」を書いて、ここに貼っておきます。
もちろん、直接書き込むことも可能ですが、「クレド」は修正・進化していくものなので、張り替え可能な付箋を使います。全面粘着タイプが良いでしょう。
この方法だと、手帳を「持ち越せ」ます。

特定のページを週間ページにする

週間ページ

週間ページ


これは、フォーマットが書き込まれている手帳ではなくて、「モレスキン」などを手帳として使っているときの方法です。

手帳の頭の方のページを「週間ページ」として設定しておきます。

まず、マスキングテープで週の設定をします。1月3日〜1月9日などと書き込みます。

そのあと付箋で、その週の大まかなタスクを書きます。タスクといっても細かい作業ではなく、私の場合は「その週に書くべき連載」です。それについてのアイデアをちょこっと書き付ける。という使い方。

週が切り替わったら、マスキングテープを張り替えて新しい週の日付を記入。そして、付箋も新品のものを貼り付ける。このときA4ぐらいのシートに張り替えて、その週のまとめを記入して、Evernoteにスキャンしておけばその週のログが残せます。

日常的に持ち歩く手帳なので、時間のあるときにこのページを開いて、「んっと何書こうかな・・・」と思いを巡らせることができます。特定のページを使う事で
そこを見ることが習慣になるというのが、メリットと言えるでしょう。

ノートとの組み合わせ

続いてノートとの組み合わせ。

簡易集合場所

ルーズリーフにリーガルパッドを貼る

ルーズリーフにリーガルパッドを貼る


リーガルパッドをよく使うのですが、それをノートに仮止めするのにマスキングテープを使います。同じテーマで何枚か書き出したものも一カ所にまとめて管理することができます。マスキングテープでざっくり貼っておけば、後で移動も簡単です。

変幻自在なヘッダー

タイトルを仮押さえ

タイトルを仮押さえ


マスキングテープと付箋の大きな違いだと思うのですが、長さを自由に選べることはかなり便利です。

これは、あるコンテンツのタイトルをマスキングテープで管理しています。カラフルはマスキングテープは白地のノートの上ではかなり目立つので「見出し効果」は抜群です。加えて後から変更可能というのもポイント。タイトルなんでいつでも変わりうる可能性があります。(写真やつも何枚か重ねてます)

長いタイトルになれば、それに合わせてマスキングテープも長く切ればよいだけです。

修正可能なコンセプト案

複合系

複合系


別の方眼用紙に書き出したプロットを、マスキングテープでノートに貼り付けてあります。そして、もっともコアになる部分は付箋で管理。

留めてあるのがマスキングテープなので、書き出したプロットが何か違うな、ということになれば、また新しい方眼用紙に別の切り口で書き出して貼り付ければよいだけです。その際、コアになる部分は付箋で書かれているので、これをペタッと張り替えるだけでOKです。

このやり方だと、綴じてるあるタイプのノートを使っていても内容の「編集」が可能になります。例えばノートに「第一章」「第二章」「第三章」「第四章」・・・という枠組みだけ作っておいて、内容は別の紙に書いたものを貼り付けるというやり方をすれば、後でいくらでも修正が可能です。もちろん、章の数が増えてしまう事には対応できないので、ある程度バッファーを持った枠組みを作った方がよいかもしれません。

さいごに

今回は、付箋とマスキングテープをどう使うのか紹介してみました。どちらも「一時的」な存在を作れるので(そういえばクリアフォルダも一時的な保存ですね)、アナログツールに柔軟性を持たせることができます。

もちろん、はじめからデジタルツールを使っていれば、編集可能なんて当たり前の事なんですけども、アナログツールだって工夫すればいろいろできる、という事はちょっと知っておいてもらいたいな、と思います。

▼こんな一冊も:

[書類・手帳・ノート・ノマド]の文具術 楽しんで仕事の効率をあげる!
[書類・手帳・ノート・ノマド]の文具術 楽しんで仕事の効率をあげる! 美崎 栄一郎

ダイヤモンド社 2011-01-28
売り上げランキング : 155

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Send to Kindle

クレールフォンテーヌ<Tricotage(トリコタージュ)>を購入

使っていたB5のリングノートが終了したので、以前から気になっていたクレールフォンテーヌのノートを購入。名前自体は「文房具を楽しく使う」で知っていたのですが、あまりネットでノート類を買わないので、しばらく距離を置いていました。

現状は日本バージョンをコクヨさんが発売されています。さすがに「コクヨ」さんだけあって、いろいろな文具店でみかけます。

ファーストインプレッション

ファーストインプレッション

サイズはA5。定価は294円。カバーはご覧のように青をチョイス。角がまるいのが特徴的ですね。
※写真ではわかりませんが。

いろいろなペンで書いてみた

いろいろなペンで書いてみた

一通り書いてみた印象だと、「かなりなめらか」な書き心地。ベラム紙という特別な紙を使っているとのことです。詳しいことはコクヨさんのサイトをチェックしてみてください。
※「インクに恋する紙」という謳い文句が良いですね。

かなり明るい白の紙なんですが、それほどキツイ印象はありません。罫線は7mmで色は薄い紫色。

印象を書き出した

印象を書き出した

黒のインクの字が見やすいですね。赤はかなり目立ちます。個人的好みのブルーブラックは罫線の色に近いのでページ番号を書いたりするのには良いかも知れません。
※写真の取り方が悪すぎますね、すいません。

カズンのカバーにin

カズンのカバーにin

厚み的にぎりぎりカズンのカバーに差し込むことができます。ページ数は40枚。この辺は普通のノートと大差ありません。

システミックセット

システミックセット

現状は、システミック+レポートパッド+トリコタージュの組み合わせ。ちなみに、システミックにはマルマンの「ルーズリーフ2」というB6サイズの情報カードも何枚かセットしてあります。これだと、「方眼」、「罫線」、「無地」がこのセットに集結するという形になります。状況に応じて使い分けが可能ですね。
※ルーズリーフ2については「最近購入した文具:カーネル式ルーズリーフとルーズリーフ2」のエントリー参照

とりあえず、しばらくは「ちょっとした書き込み」から「アイデアを拡げる」ためのノートとして使ってみます。

▼こんな一冊orアイテムも:

コクヨS&T カバーノート(システミック) 2冊収容タイプ A5 黒 A罫 40枚 ノ-655A-1
コクヨS&T カバーノート<SYSTEMIC>(システミック) 2冊収容タイプ A5 黒 A罫 40枚 ノ-655A-1″ /></a></td>
<td valign=
コクヨ 2008-11-04
売り上げランキング : 40

おすすめ平均 star
star使いやすい
star安くて実用的。
star理想的な手帳です。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

文房具を楽しく使う ノート・手帳篇 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
文房具を楽しく使う ノート・手帳篇 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 和田 哲哉

早川書房 2010-01-30
売り上げランキング : 58559

おすすめ平均 star
star文房具が好きやーっ!
star手帳・ノートに関する名著が文庫化されてパワーアップ

Amazonで詳しく見る by G-Tools

モレスキン 「伝説のノート」活用術~記録・発想・個性を刺激する75の使い方
モレスキン 「伝説のノート」活用術~記録・発想・個性を刺激する75の使い方 堀 正岳 中牟田 洋子

ダイヤモンド社 2010-09-10
売り上げランキング : 138

おすすめ平均 star
starモレスキンだけに縛られない手帳術の本
starモレスキンを本にするのだから
star残念

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ほぼ日手帳 公式ガイドブック 2011 いっしょにいて、たのしい手帳と。
ほぼ日手帳 公式ガイドブック 2011 いっしょにいて、たのしい手帳と。 ほぼ日刊イトイ新聞

マガジンハウス 2010-08-19
売り上げランキング : 505

おすすめ平均 star
star手帳を楽しむ。
starガイドブックとして秀逸の一冊。
star来年の手帳もやっぱりほぼ日手帳かな。これを読んだら、そう思ってしまう

Amazonで詳しく見る by G-Tools

9S(ナインエス)〈10〉true side (電撃文庫)
9S(ナインエス)〈10〉true side (電撃文庫) 葉山 透 増田 メグミ

アスキーメディアワークス 2009-09-10
売り上げランキング : 93842

おすすめ平均 star
star絵を評価しないでおくと
star感想
star人類の危機

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Send to Kindle

WordPress Themes