2010年7月参院選雑感

2010年7月11日に、第22回参議院選挙の投票が行われました。民主党苦戦の前評判がちらほらと流れていましたが、苦戦どころの騒ぎではありません。 【参院選】民主44、自民51 参院選で全当選議席が確定(産経新聞)  第2...

新しい物々交換社会

現在の音楽業界の状況や、これからやってくる電子書籍がもたらす物が、社会にどのような変化を与えるのか、ということをぽつぽつと考えている。 それは、もしかしたらドラスティックな変化ではないのかも知れない。経済学者やマーケティ...

「激震 マスメディア ~テレビ・新聞の未来~」の雑感

2010年3月22日午後10時から放送された NHKの放送記念日特集「激震 マスメディア ~テレビ・新聞の未来~」は非常に興味深い内容であった。 有識者を集めた討論を行う、ということでテーマは以下のようなものだ。 今後、...

日本経済新聞電子版についての雑感

2010年3月23日、「NIKKEI NET」が「日本経済新聞電子版」に移行した。それに伴ってドメインもドットコムに移行している。 以前の「NIKKEI NET」はネットで利用に重きは置いていない、というスタイルだった。...

09年総選挙、終わり。

2009年8月30日の衆院選挙が終わった。 大きなテーマとして打ち出されていた「政権選択」は民主党が勝ち取った形となった。 民主党は308という圧倒的な議席を確保した。これにより衆参のねじれ関係も解消し、国会の運営スピー...

民主党修正版マニフェストを発表

民主党の政権公約の修正版が出たようだ。以前のものは修正されると明言されていたので、「ブレ」たような感じは受けない。 そしてこれが時期的に見て「正式版」ということで問題ないだろう。 読売新聞の記事より修正点を見る。 民主マ...

若者を政治の場に引き込みたい

明確な結論があるわけではないが、一応覚え書きということで書いておくことにする。 まずキッカケになった記事を紹介する。 大学生、マニフェスト「読まない」理由は…(読売新聞) 選挙に関心はあるが、積極的に政権公約(マニフェス...

これからの日本で生きる個人と企業

最近読んだ3冊の本が微妙にリンクして、私の頭の中でミックスジュースになっている。 ちょっと整理する意味でも短めにまとめてみたい。 モノづくり幻想が日本経済をダメにする―変わる世界、変わらない日本 ダイヤモンド社 発売日:...

自民党の政策提言を見て雑感

自民党のマニフェスト(のようなもの)が発表された。本物のマニフェストは選挙告示日以降ということなのだが、大体の方向性はこれで示されていると思って良いだろう。 いくつかの分野について政策が提示されているが、いくつか見ていく...

民主党の政策集の要旨をチェックしてみた

さて、衆院選を控え、各党がマニフェストがどのような物になるのか、というのは一応期待感はある。 選挙自体は当然「政権交代おあのっと」という形で進められるのだろうが、仮に民主党が政権を取ったときにどんなことを実行しようとして...