検討課題(agenda)リストという着想の扱い方

意識というのは流れている。あるいは、流れている何かを意識と呼ぶ。 発想は連想的に広がっていくものだった。が、やっかいなのは意識の方はリニアなのである。この齟齬にはもっと注目した方がいいが、とりあえずメモとノートに限って話...

簡易な月次レビューのやり方

月の切り替わりに行う「月次レビュー」を紹介しましょう。 まず、WorkFlowyに月次レビュー用のトピックを立てます。その下に、二つの項目をセッティング。 この二つの項目(問いかけ)が、レビューの軸となります。 先月(今...

GTDとタスクシュート

メルマガの「BizArts」という連載で、新しいGTD本を取り上げました。 そこで、GTDとタスクシュートの関係について少し触れたのですが、あまり込み入ったことを書くと脱線になると判断して大半は割愛しました。 本エントリ...

GTDの高度について

デビッド・アレンの『ストレスフリーの整理術 実践編』では、将来への見通しを得るための考え方として「高度」という概念が用いられている。 ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編 仕事というゲームと人生というビジネス...

週次レビューの数年前の姿

少し前、「週次レビューオフ」イベントに参加しました。 その際、「週次レビューは最初からうまくいきましたか?」      という質問を受けました。 そんなわけはありません。      少し回想してみましょう。 数年前のお話...

「信頼できるシステム」にするために気をつけること

先週の「GTDにおける「信頼できるシステム」とは何を意味するのか」からの続きのエントリー。 ある種のツールと信頼関係を結ぶために気をつけることとは何かを考えてみます。 inbox 頭の中の「気になること」の入り口であるi...

GTDは何のために行うのか?

私はかなり天の邪鬼な性格をしている。流行しているものがあれば疑いのまなざしを向けるし、誰かが大声で正論を述べればたとえ私自身がそれに同意していても何かしらの反論を組み立てたくなる。その天邪鬼の対象は自分自身にも及ぶ。 さ...