チャーチルいわく、「本を書く作業には……」

ウィンストン・チャーチルによれば、本を書く作業には五つの段階がある。第一段階では、それはおまけやおもちゃである。第五段階になると、暴君と化して生活を支配するようになる。そして、奴隷の身分に甘んじるようになるその瞬間に、この怪物を殺し、大衆のなかに投げ込むのだという。

ビジョナリーカンパニーより。

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則 ジム・コリンズ ジェリー・I. ポラス 山岡 洋一

日経BP社 1995-09-29
売り上げランキング : 840

Amazonで詳しく見る by G-Tools

まさにそんな感じ。最終段階は執筆・構成のために時間をひたすら費やすことになる。それを前提としたスケジューリングが大切なのだろう。

しかし、2~4の段階が気になる。

コメントを残す