それは、悪魔の呼び声。早川文庫【最大50%OFF】海外SFセール (9/25まで)

最近タイトルで遊ぶのが好きです。 さて、先日科学本のセールでどかどか早川さんの本を買っちゃったわけですが、 まるでコンボのように次のセールが始まってしまいました。 【最大50%OFF】海外SFセール なんと恐ろしい響きな…

NovelJam 2018秋の陣

今年二回目となるNovelJamが開催されるようです。期間は2018年11月23日~25日の2泊3日。その短い期間で作品を一冊仕上げて、販売まで持っていく、というスタイルはこれまでと同様です。 要項などは以下のページをど…

僕の家には本棚がなかった

家には本棚がありませんでした。誰も本なんて読まなかったのです。 何冊か、西村京太郎さんの作品はあったかと思いますが、それもどこかの棚にこっそり置いてあっただけで、家の中での存在感は皆無でした。 一方、今の私の部屋には大き…

“これは記事ではありません”

もちろん、この文章は記事です。 でも、「倉下忠憲の発想工房」に書いているものは、記事ではありません。少なくとも、私の中にはそのような認識があります。 「記事」でないから、 ・途中で公開してもいい ・中途半端でいい ・オチ…

情報カードをScrapboxに転記して加工する

カードボックスに情報カードが入っている。≪断片からの創造≫についてかきとめたものだ。サイズは京大型。 そこからがさごそと適当に一枚取り出す。がさごそ。 Scpapboxを開いて、新規ページにカードの中身を転記していく。 …

電子書籍は細かくキビキビ買う

本の購入と読了にはタイムラグがあります。 で、本によってはそのタイムラグがすごく長いことがあります。完全放置しているわけではないのだけれども、高級なウィスキーのようにちびちび読み進めている本。そういうのがあるわけです。 …

すでに情報整理ツールがあるときに、Scrapboxに何を保存するのか

どちらかと言えば。 あくまでどちらかと言えば、Scrapboxの競合は、EvernoteではなくWorkFlowyやDynalistです。 もちろん情報ツールの使い方は人それぞれなので簡単に一般化はできませんが、それでも…

♪リンクをつけましょ、おページに〜

昨日紹介したScrapboxのプロジェクトなんですが、私も「リンクをつけて回るだけの係」として参加させてもらっています。 で、やはり1000ページを越えるプロジェクトだからこそ、見えてくるものって結構あります。具体的に言…

読書猿マシュマロ全質問回答プロジェクトがすごい

語彙、って感じのタイトルですが、ご覧頂ければ納得されるでしょう。 marshmallow-rm すでに1100ページ以上が存在している巨大プロジェクトです。 で、このプロジェクトは、『アイデア大全』『問題解決大全』でお馴…

「あなたにとってブログとは?」

いろいろあった。特に今年はいろいろあった。 だから改めて「自分にとってブログとは何か?」について考えたい気持ちになっているし、そうすべきタイミングなのではないかとも感じる。 「ブログとは何か?」ではない。「自分にとってブ…

個性的な文章に関する断章

「個性的な文章」ってなんだろう?作文は「通念化」との戦いだ – ぐるりみち。 「個性的な文章」とは何か? なかなか魅力的な問いではありませんか。あるいは、「文章が個性的であるとはどういうことか?」とも問い換え…

機能てんこ盛り、二郎系ノートアプリ「Notion」

Why We Built Notion – A Story of Tools and the Future of Work Notes,Docs Knowledge Base Tasks,Projects S…

R-styleらしさの檻の中

できることなら、私は歌うように記事を書きたい。そんな風に考えています。 ブログを10年続けて、僕が考えたこと posted with amazlet at 18.09.05 倉下忠憲 (2015-05-28)売り上げラン…

good-bye ダッシュボード

Scrapboxの公開プロジェクトを作り始めたときは、結構アクセス数を気にしていた。 Most Popularでソートし、 一番トップのview数なんかを確認して、「おぉ、ちょっと読まれている」などと感情を動かしていた。…

知識をリンクでたぐり寄せる〜Scrapboxにおけるメモのリファクタリング実践例2〜

ページを記述した。 記述中に追加したいものが頭に思い浮かんだのだが、『ファスト&スロー』に書いてあった、としか思い出せず、具体的なページタイトルが出てこなかった。なので、とりあえず、その段階でわかる範囲のことを書いて、先…