作者別: Rashita

『Scrapbox情報整理術』の構成の苦労点

『Scrapbox情報整理術』制作秘話(rashita) – scrapbox-drinkup で話したことを、記事にも起こしておきます。 ■ Scrapboxを最初に触ってみて、最初に驚いたのが「操作が簡単…

Evernoteのブランドロゴが新しくなったようです

Evernoteのブランドロゴがリニューアルされました。 緑地が抑えられて、全体的にシンプルな印象になりました。 CEOも記事を書いています。 CEO ノートブック: Evernote ブランドが新しくなりました | B…

箇条書きと知的トレーニング

WorkFlowyやScrapboxについて考えていると、自然と箇条書きについて考えることになります。 「箇条書き」ばかりしていると「頭が悪くなっちゃう」のはなぜか? | 立教大学 経営学部 中原淳研究室 –…

『Scrapbox情報整理術』出版記念セミナーに参加される前に

8月26日に開催される「『Scrapbox情報整理術』出版記念セミナー」ですが、すでに満員御礼なようです。ありがとうございます。 で、『Scrapbox情報整理術』の出版記念セミナーなので、何かしらScrapboxについ…

8/6 〜 8/11 今週のまとめ

今週のまとめエントリーです。 本日オープンの『StudyWalker』に寄稿しております 一打を決める情報整理 うまくまとまらないものを、何度も考えたい ScrapboxとWorkFlowy Scrapboxのリアルタイ…

Scrapbox Drinkup「Scrapbox情報整理術」出版記念スペシャルで登壇してきました

8月10日に行われたScrapbox Drinkup「Scrapbox情報整理術」出版記念スペシャルに参加してきました。 ご参加くださった皆様、ありがとうございます。 おそらく、詳しいレポートなどはまたアップされるでしょ…

Scrapboxのリアルタイム同時編集はすごいんだよ、という話

このツイートを見て、ちょっと笑ってしまった。 これまでの情報共有(左)とscrapbox(右) https://t.co/Q8uWhZWTpV — Sho Hashimoto (@shokai) 2018年8…

ScrapboxとWorkFlowy

かなり違うツールだが、あえて並べてみよう。 ■Scrapbox ■WorkFlowy WorkFlowyを使うときに、上位の大分類などを設けず、ダイレクトに項目を並べていけば、Scrapboxと似た感じになる。第一階層の…

うまくまとまらないものを、何度も考えたい

毎週火曜日に配信される結城メルマガを購読している。 最近は、Scrapboxを使っているので、そこでメモを取りながら拝読させてもらうことが多い。やはり物を考える上で、書くことはとても大切だ。 そうして書き留めたもののうち…

一打を決める情報整理

朝一番に行うタスクの並び替えは麻雀の理牌(リーパイ)に似ている。ここで整理しておけば、見通しが立ち、残すべき・切るべき牌(タスク)がわかり、(定時に)アガりやすくなる。参考 → https://t.co/BZppXNNN…

本日オープンの『StudyWalker』に寄稿しております

プレスリリースが出ていました。 社会人のためのスキルアップ応援サイト『StudyWalker』が、8月6日(月)グランドオープン!|株式会社KADOKAWAのプレスリリース StudyWalkerは、20~30代の社会人…

7/30 〜 8/4 今週のまとめ

今週のまとめエントリーです。 Over the territory Evernoteに大量のノート。さてScrapboxは? 8月の二つのイベントをご紹介 「考えて、生み出す技術」プロジェクトのページ例 発見とScrap…

光る言葉をリンク化する 〜メモのリファクタリング実践例〜

最近少しずつ、紙の情報カードに書いたものをScrapboxに転記する作業を進めている。 断片は言葉がイメージか文章か – 倉下忠憲の発想工房 単に入力し終えた状態だが、並んでいる言葉には強弱がある。陰影と言い…

発見とScrapboxと

以前、こんな記事を書いた。 発見の価値 – R-style 流れを説明しよう。私がとある記事を読んだ。その記事には、昔の自分が書いた文章が引用してあった。それを読んだ私は頭に引っかかりを感じた。 そうだ、たしかにそんな「…

「考えて、生み出す技術」プロジェクトのページ例

「知的生産の技術を皆で集めてみませんか」という記事で紹介した以下のプロジェクト。 考えて、生み出す技術(TAC) メンバーは20人以上になったものの、それほど書き込みが増えていないので(まあ、そんなに書くこともないのかも…