やる気の波と日課のボリューム

ある日、思い立ちます。「そうだ、運動しよう」、と。 ジョギングでも腹筋でもラジオ体操でも何でもいいのですが、健康(ないし体重)のために運動をしようと決意したとしましょう。当然、思い描いているのは、一日限りの行動ではなく、...

4/5の悪評な目標

目標と実行のお話。 理想と現実のお話。 タイトさと遊びのお話。 習慣と目標と 今のところ、私は毎日このR-styleを更新している。一日一記事。2000字ほどの、そこそこ長文で、読み物として成立する記事を書いている。 な...

読書目標からみる目標の浸蝕

「今年はもっと本を読む!」 そう決意することは、おそらくは良いことでしょう。そこで、一年で100冊読了するという目標を立てたとします。なにせ100という数字はキリがいいですからね。 すると、100を12ヶ月で割り算して、...

「やることを減らす」というやること

前回:R-style » プロジェクトを1つ1つ1つ終わらせていく 「やることがいっぱいありすぎて、どうしようもなくなってますね。そんなときは、やることを減らしましょう!」 さて、どんなイメージが頭に浮かんだでしょうか。...

目標に水を差す

前回:着手を限定する3プロジェクト・マネジメント その2 前回は、プロジェクトの3つのステージについて書きました。「やりたいこと」は捨てずに貯めておきながらも、行動に近ければ近いほど、それを限定してしまう。そういうやり方...

目標達成力なんかよりも

目標達成力は、結構注目されるんですよ。クラスで言うところの人気者。Amazonでも、このタイトルを含む本はいっぱいあります。 まあ、わかりやすい力(パワー)ですし、あたかもそれさえあれば大丈夫、な雰囲気もあります。 でも...

目標、思考矯正、書斎

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 目下、原稿がいろいろ滞っているので、今年のテーマを「着々、進捗」にしようかと模索中です。なんならTwitterで一日一回「着々、進捗」とつぶやいてみましょうか...

“あなたの目標”設定の4ステップ

さて、元旦といえば「今年の目標」ですね。 今年一年はこれをやる!と決めるのは心躍るものです。まあ、三ヶ月も経てば、からっと忘れてしまうのもよくある風景なんですが。 今回は、目標の設定法について少し考えてみましょう。以下の...

タスクとの心理的距離感を「5分だけやる」ことで維持する

いつのまにか疎遠になったプロジェクトはありますか。 高ぶるモチベーションと共に目標を立て、ブレイクダウンして、タスクリストに書き込んでいったプロジェクトたち。 はじめのうちは勢いよく進んでいたものの、はっと気がつけば、ま...

目標のトリセツ

目標には、人を引っ張る力があります。 これを逆からみてみましょう。すると、人は目標に引っ張り回される可能性がある、ということが浮かび上がってきます。 薬と毒のように、人に作用を与えるものは益にも害にもなえりえるのです。目...